たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

通訳にとってのお笑いの重要性

いくつかの点で、お笑いが通訳の参考になると思っている。

1. ボケとツッコミ

お笑いの基本形はボケとツッコミだ。
簡単に言えば、何かアホなことを言い(←ボケ)、それに対して相方が「なんでやねん(笑)」とか言ってツッコむ。

これがどうして通訳と関係するのか。

まず、ボケ。
ボケは、拡散系のプロセスだと思う。いろんなおもしろいアイデアを出し、それを(「これっていいアイデアなのかな、どうなのかな」)なんて考えずに出してみる。もちろん、実際にはお笑い芸人は練りに練ったボケを、練りに練った結果であることを分からないように(一見テキトーに)出し、笑いを取るわけだが。

ボケは、ブレインストーミングで言えば、とにかくいろいろなアイデアを出すプロセスに似ている。そのプロセスをやっているときは、「そんなの無理に決まってるじゃん」とか、「予算どうすんの」とか、そういった現実的かつネガティブな、ある意味、そう、ツッコミだ、そんなツッコミをせず、まずはとにかくアイデアを出すのが大事らしい、ブレストをするときは。

話を戻すと、なぜボケが通訳と関係あるか。
それは、話し手が言ったことを「こういう意味かな?いや、ああいう意味かな?他にどんな解釈がありうるだろう・・・」と考えるプロセスに似ている気がする。また、いろいろな問題により、話し手の発言がよく聞こえないときもある。そういう場合に、「Aって言ったのかな、あるいはBって言ったのかな、他に何か候補は無いか」と考える拡散系のプロセス、これがボケと似ている気がする。

それに対してツッコミは、収束系のプロセス。いろいろ出たアイデアを「なんでやねん」とか「ちゃうやろ」とか言ってバッサバッサ斬っていって、最後に残った一番いいアイデアを「こちらです、どうぞ」という形で、通訳の結果として通訳者が口に出し、会場にいる観客に届ける。

結局、通訳というのは拡散と収束の繰り返しなのだが、その波のようなうねりが、お笑いにおけるボケとツッコミによく似てるなあ、と思う。

2. 「分かりやすく説明する」能力

通訳者にとってすごく大事なのは、分かりやすく説明する能力だ。

分かりやすく説明するためには、自分の発言の1行1行を頭の中のどこかで客観的に(会場にいる人の身になって)聴き、(今のなら分かる)とか(これじゃ分からない)とか、そういった判定を常に、冷酷に下し続ける必要がある。

その力を磨くには、松本人志(いや、人志松本か)の「すべらない話」などのお笑いを研究するといい。
ロジック、滑舌、事前説明、声の出し方、途中の軌道修正、、、
おもしろくあるためには、まず分かりやすくないといけない。この人たちの話はなぜ「分かりやすい」のか。いろいろと参考になる。

3.「健全な逆ギレ」をする能力

これもツッコミ系の話だ。

話し手の話が分かりにくいときに、(今の話が分かりにくいのは、自分(通訳者)のせいではない)という健全な開き直りをする能力、これが通訳においてとても大事だ。健全な逆ギレが出来ないと、いつまでたっても自分の通訳に自信を持ちにくく、モジモジした通訳を続けることになる。

そうした開き直りが出来るようにするには、お笑いの「なんでやねん、何の話やねん、何言うてんねん、ワケ分からんわ、もうええわ」を、頭の中で日々繰り返すといい。文字通り繰り返すのだ。

その日自分が通訳している相手が大統領であれCEOであれ、心の中での(ワケ分からんわ・・・)という冷たいツッコミと、(任しとき!よう分かるよう、ワイがうまいこと説明したるわ(ニセ関西弁注意)という暖かさが求められる。通訳は「言語変換業」ではなく、「代理説明業」だ。

ーーー

ということで、通訳力を上げるためには、人情の機微に満ちた「お笑い」がとても参考になる。
特に日・英間の通訳においては、お笑いの各種テクニックが超有効なツールではないかと思っている。

by dantanno | 2018-09-19 10:48 | プレミアム通訳者への道 | Comments(2)
Commented by Tomoko at 2018-10-13 11:39 x
この「健全な逆ギレ」の部分、すごく言い得て妙だと感心いたしました。
そしてこれがきちんとできないと、いつまでもモジモジした通訳を続けることになる・・・なんかストンと落ちた感じがします。
今日たまたまこちらのブログに行き着き、読ませてもらい、とても良い振り返りになりました。改めて通訳トレ頑張ります!
Commented by dantanno at 2018-10-13 18:13
> Tomokoさん
どうもありがとうございます!ブログ読んでくれてありがとうございます。これからも通訳ネタをときどき書いていきますので、よければぜひ読んでください。