たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ロンドンで起業しました

日本でIRISを起業して6年目となる今年、ロンドンでも起業しました。
https://www.iris-japan.jp/
日本は日本で、引き続き業務を行っていきます。

2012年に起業して以来、日系、外資系問わずあらゆる証券会社から「ロンドン/欧州のIR通訳をなんとかしてくれ」と言われ続けて来ました。最初はなんとなく受け流していたんですが、あまりにも言われ続けるので、今年重い腰を上げて起業。

一度それを経験した結果思うのは、起業というのは「起業ありき」ではいけない、ということ。Entrepreneurship for entrepreneurship's sakeであってはいけない、ということ。自分の最初の起業は「起業ありき」な側面が多々あって、そのために、登録してくれた通訳者たちを無駄に振り回してしまった側面があったと反省しています。今はもう振り回していないつもりですが。

そうではなく、何かやりたいこと、実現したいことがあって、そのためのやむにやまれずの起業であるべきだし、その方がうまく行く、と感じています。あるいは、別に自分が起業したいわけでもないのに、お客さんから強く求められてなんとなく起業してしまう、そういったズルズルとした起業も非常に健全だと思います。そういう意味では、今回の起業は全く「起業ありき」ではなく、周りがあまりにも言い続けるのでやむにやまれず起業、という感じで、個人的には結構しっくり来ています。

通訳エージェントにとって一番重要となる「通訳者」については、日本での起業時同様、最高のメンバーが集まったと思います。ロンドン、そして欧州在住の方々です。世に通訳者は数多くいますが、実力と人柄を両立させた通訳者は本当に、本当に、ほとんどいない。なんでこんなにいないんだ、とびっくりするぐらいいない。通訳は上手だけど性格が怖すぎたり、人柄サイコーなんだけどウデがいまいち、という通訳者ばかりの中、希有なメンバーが集まりました。

日本で起業した際は、こちらから熱心に、なるべく多くの通訳者たちに働きかけ、1年間毎月勉強会をやって、IRISに興味を持ってくださった方の中から選考を行い、初期メンバーを選びました。
今回、ロンドンでは完全に受け身に徹しました。IRISのウェブサイトを見て、「(日本への一時帰国時に)ワークショップに参加したい」というように、向こうからアプローチしてきてくれた物好き(?)な通訳者の方々と一人一人向き合い、実力と人柄、そして向上心を兼ね備えた人たちを厳選し、小さなチームを組みました。

こういうプロセスはワイン作りに似ています。作ったことないけど。ものすごい手間と時間とコストをかけないといいものに仕上がらないわけですが、言い換えると、それだけの手間と時間とコストをかければ、かけだだけの、かなりいいものに仕上がる。絶対に急いではいけないし、妥協してはいけない。今回、それが出来た気がしています。

日本でそうしているのと同様、IRISロンドンの通訳者たちに対しては、クライアント支払額を全て透明に開示しています。その上で、クライアント支払額の70%を取ってもらっています。指名案件の場合は80%。

元々IRISを立ち上げる際、「指名の好循環」ということをしきりに言っていました。
1.通訳者がいい通訳をする
2.クライアントが喜ぶ → 通訳者に指名が入る
3.通訳者が喜ぶ。さらにウデを上げるインセンティブになる → さらにウデが上がる → より良い状態で1.に戻る

最初は「エージェントが通訳者に案件を紹介する」でいいけれど、いつまでもそれではいけない。いずれは「通訳者が仕事を獲得し、それをエージェントに流してやる」ぐらいの流れに持っていかないと、プロフィタブル かつ サステーナブルなエージェント業は成り立たないと思っています。

商流上、そしてマーケットの特性上、日本でその流れを創り上げるのはなかなか難しいですが(まだ挑戦中だし、部分的には実現出来ています))、欧州ではその流れを比較的創りやすいのではないか、と思っています。だからこそ、通常案件と指名案件で報酬比率を多少なりとも分けるのはとても大事なことだと思っています。

細々と船出したIRISロンドンですが、今週、なんと「登録通訳者全員稼働」を実現しました。日本のIRISでそれを達成した日のことも昨日のことのようによく覚えています。丹精を込め、厳選して作ったワインがお客さんに喜ばれている感じ。実にうれしいマイルストーンです。

コーディネーターもとてもがんばってくれています。
事業立ち上げ時には混乱やゴタゴタがつきものですが、その中で一生懸命案件を仕切り、通訳者たちに対するケアをしてくれています。Yさんありがとう。
そして今月からは業務拡大に伴いコーディネーターを一人増員する予定。事業の伸びに伴う健全な拡大だと思っています。

「いいIR通訳で、日本のIRと通訳業界を共により良くしていく」が創業の理念。その目標を掲げ続けながら、今年からは日本に加えて欧州でもがんばっていきます。
どうかご支援の程、よろしくお願いします!

by dantanno | 2018-07-03 05:56 | IRIS | Comments(0)