たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

欧州鉄道紀行

今、パリに来ています。
これから1ヶ月ぐらいかけて、電車でヨーロッパを回ろうと思います。

d0237270_1813467.jpg



行き先は、なんとなくイメージはあるんだけど、具体的にはまだ決めていません。

クリスマスにベルリン、New Year's Eve周りはウィーンにいることは決めていて、
そこでの宿は取ってあるんだけど、間が空白です。

スイスの山岳鉄道もいいし、北欧まで行ってみるかもしれません。
Eurailの21日フリーパスってのを買いました。
こういう勝手気ままを後押しする制度は大好きですね、僕は。

d0237270_1885299.jpg




1ヶ月ほど海外に出かけるというのに、我々夫婦の「旅の準備」は恐ろしいほどテキトー。
月曜日の朝出発なのに、土日ちょっと買い物をしただけで、特に準備はせず、日曜はそのままご就寝。
当日の朝になり、共に必死の形相で荷物を詰め込みまくる。

奥さん 「ねえ、羽田でしょ?」
D 「いや、成田だと思う」

D 「っていうか、オレのパスポート知ってる?」
奥さん 「わたしのならあるよ。見る?」

僕ら二人を知ってくれている友人なら、
「らしいな・・」とニヤリとしたかもしれません。


(機内で読んだ本)
d0237270_1893724.jpg



今回の旅の目的はいくつかあるんだけど、
大きいのは考えること

僕は、日常の中にいると、ものを考えることが出来ません。
考えようとしてるし、実際全く考えていなくはないんだけど、
物事のほんと表面だけをかすめているだけ、という罪悪感があります。
そのテーマについて「考えよう」ってとこで思考が止まっています。
そして、深く考えないうちに時間だけが流れ、息苦しさというか、焦燥感を感じます。

日常の中でものを考えることが出来る人がうらやましいし、
もしかしたら自分も、特に経営者となった今ではそうなれるようがんばらないといけないのかもしれないけど、
今はまだ出来ないので、こうして旅に来ました。



IRISのことを考えようと思います。
一年やってきて、土台は出来たと思うので、後は来年どうやって飛躍させるか。
目先の戦略を小さく考えるのではなく、
「そもそも、IRISってなんだっけ?」
ってとこを再度思いだし、そこから → 戦略 → 施策
に落とし込む作業。
僕は、これは絶対に日常の中では出来ません(エッヘン)。



旅の、もう一つの目的は、将来の家探し

d0237270_18103930.jpg



去年、IRで何度か外国に行かせてもらい、つくづく「グローバルにものを考えられる人になろう」と思いました。
僕は、外国人なのは見た目だけで、考え方は非常に日本的です。(相当変わった日本人だけどね)
そういう自分が好きだし、大きく変える必要は感じないけど、でも、
とっても日本に縛られている気がしました。

日本って、なんかうまく説明できないけど、世間ってのがとても大きいですよね。
このブログにも何度か登場しています。
そして、「世間」って本当にあるのかどうかというと、まああるんだろうけど、それがどこにあるのかというと、案外自分の中だったりすると思う。

自分の中で、「世間」っていうのがとても大きい気がする。
で、僕はこの「世間」ってやつに、そこまで大きなポジションを与えたくない。
死ぬとき後悔しそうだから。

(会社を辞めるとき、「なんであんなに有給取っといたんだろ・・・」って悔やむ気持ちに似てるかな。似てないかな。これまで、何度か後悔した経験あり。)

なので、なるべくグローバルに、日本以外の視点も取り入れて生きていこう、と今年つくづく思いました。
そして、そうした視点を得るために一番いいのは、外国に住むこと。

何も、世界各地に豪邸や別荘を持つ必要はありません。
毎年、好きな時期を1,2,3ヶ月、海外で過ごせばいい。

そうした「短期生活」をしたいと思えるような都市・国を求めて
ヨーロッパをさまよいます。

d0237270_1811233.jpg



またご報告します!
by dantanno | 2012-12-18 18:12 | グローバルに生きる | Comments(0)