たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

経営者としての「遺書」を書いてみる

もし僕が今日死んだら。
まだ始まったばかりのIRISはどうなるか。

多分、ちょっとの間迷走し、ほどなくして自然解散となるんでしょう。



---



では、ここから妄想を開始します。

d0237270_14562950.jpg



<妄想1>
僕がいなくなったときにもし、「自分の手でIRISを継続したい」という人がいたら。



<妄想2>
しかも、その人がちょっと変わってて、
「自分流ではなく、あくまでもダンがやろうとしていた通りにIRISを経営したい」
という人だったら。


で、
<妄想3>
生前、僕が「今後、IRISはこのように経営していきたい」的なロードマップを作成していたら。

d0237270_14565783.jpg


理論上は(Theoretically speaking,)、僕の死後もIRISが存続しうることになります。
もちろん、実際には日々起こるいろんな問題や、想定外の出来事にどう対応するかが重要になるわけで、そこまではロードマップに記せないわけだけど。
っていうか、そもそもこの話が全部妄想なわけだけど。



---



「企業は、永遠に存続しなければならない」
なんて言ってるのは、えてしてその企業の経営者だけで、世の中は必ずしもそんなこと求めていないと思う。

そう考えると、別にIRISに永遠に存続してほしいと思わないし、
永遠どころか、自分亡き後のIRISについてでさえ、
こうしてビジネスが始まったばかりの今、考えを巡らせる余裕も意思も別にありません。

でも、ロードマップを作るのはおもしろい、っていうか重要かな、と思いました。

d0237270_1457397.jpg




今後、IRISをどうしていくつもりなのか。例えば、
何年後に何をするのか。
何がどうなったら、どうするのか。
最終形はなにか。どんなイメージか。それはいつ頃か。


d0237270_14584269.jpg


そういうことをあまり考えず、日々行き当たりばったりに毎日忙しく過ごすのではなく、
ちゃんとロードマップを作って、それに基づいて日々の運営に当たる。
たまには男の一人合宿を行い、ロードマップを見直してみる。

そんなこと、ちゃんと開業前にやってないのが恥ずかしい。
まあ、ちょっとイメージは作ったけど。でも、ロードマップみたいなのに落とし込む作業をやってない。
だからこそいろんなことが進まない/ブレやすいんだと思う。

今年の年末年始は「今さらのロードマップ作り」にあててみようかな。

d0237270_1531716.jpg


by dantanno | 2012-10-28 15:03 | 経営 | Comments(0)