たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

スニーカーと海水魚

今朝観たSteve Jobsの番組に触発され、珍しくスニーカーを履いてみた。

d0237270_1471935.jpg


特に、仕事の能率は上がりませんでした。



番組はおもしろかったし、観ててやる気が出たけど、ちょっとだけ気が滅入った。
Steve Jobsに限らずだけど、「大きいこと」を成し遂げる人とくらべると、
自分がやってることのなんとスケールの小さいことよ。

d0237270_1465032.jpg


IRISという小さな事業の、さらにまたほんの小さな一部の点について、あれこれ思い悩む毎日。





でも、いいの。



思うんだけど、、、
経営だろうがなんだろうが、何かを成し遂げるためには、この
「スケールの小ささ」の呪縛
を乗り越える必要があるんじゃないか。



「オレは、なんてスケールの小さいことをやってるんだ・・・」
「こんなはずじゃなかった。ワタシは、人生でもっと大きなことを成し遂げるはずだった・・・」


って、多分男も女もみんな、人生のどこかで一度は思うんじゃないか。



そのときに、
スケール小さい → しょんぼり → やっぱダメだ、オレ・・・

って思わなくていいんだと思う。

そうじゃなくて、
スケール小さい → ハ?So what? → スケール小さくて上等!Yoyoyo!
って開き直るといいんだ、きっと。

d0237270_1485716.jpg



例え、スケールが小さくてもいいから、それを「自分のこと」として認めて、それを楽しむ。それをがんばる。



---



話がガラッと変わって、オレの大好きな海水魚たち。



伊豆あたりでシュノーケリングしてると、
小っちゃいイワシの赤ちゃんみたいなのもいれば、

d0237270_154756.jpg



カンパチ?みたいなデカイのも泳いでます。

d0237270_15596.jpg



大きい魚は、えてして小さい魚を食べちゃったりするので、
小さい魚(イワシ)は大きい魚(カンパチ?)を警戒しています。



でも、警戒はしても、
うらやんでるようには見えない。




みな、自分のサイズをわきまえ、それを楽しみ、そのサイズでがんばってる。
みんながみんなジンベエザメとかシロナガスクジラだったら、すぐに水槽、、、いや、海でさえも混雑しちゃうでしょう。

d0237270_1575768.jpg



海水魚をみならって、
単にサイズが大きいからといって他者をうらやまず、焦らず、マイペースを守れるようになりたい。



---



と言って自分をなぐさめてみたものの、、、
やはり今のIRISのサイズの小ささ、スピードの遅さ、そして世に与えるインパクトの無さは問題だと思う。

いたずらに規模を追及することはないけど、
元々なんのためにIRISを興したのかを常に忘れず、
それに向かってアクセルを踏み込んで行こうと思いました。
by dantanno | 2012-10-27 02:02 | 経営 | Comments(0)