たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

男なら、一度はバイクに乗れ

今年の、オレの夏休み。

今日(9/9)にスタートして、終わりはいつか、決めていません。

バイクの後ろに奥さん乗せて、四国を一周します。



---



こんだけたくさんの記事を書いてきたのに、
未だにバイクに関する記事が無かったのが、我ながら不思議。。。



高校時代から、ずっとバイクに乗ってきました。



最初に買ったのが、ヤマハのXT250という、ポンコツオフロードバイク。

バイク雑誌の後ろの売買コーナーで見つけて、
永福町に住んでるおじさんから3万円で買いました。
まだ免許持ってなかったときに。

ほんとにいいバイクでした。



2台目は、ホンダのCB400 Super Four。
17年乗りました。



今は3台目、いや、3代目

BMWのR1200 GS Adventure.
d0237270_1255144.jpg




---



今から4年前。
ちょっと人生しんどかった時期に、思い切って買いました。

コイツ(@高額)を買ったせいで、ちょっとしんどかった人生がさらにしんどくなるとは、そのとき夢にも思わなかったわけで。。。
d0237270_1302261.jpg




このバイクの広告の、
「世界の、どこにでも行ける」
的なキャッチフレーズにやられたんです072.gif

実際には、でかすぎて+重すぎて、
近所のスーパーに買い物に行くのも難渋するのは、これまた買ってから気付いたわけで。。。
d0237270_136370.jpg




僕がこの世で最も敬愛するライターの一人。
清水草一大先生。
d0237270_1394725.jpg


この本の中で、大先生が
「フェラーリに乗るなら、なるべく若くて、感受性が強い時期の方がいい」

とおっしゃっているんですが、バイクもほんとそうだと思う。



男どもよ(よく考えると、女性も)。

なるべく若いウチに、ぜひ一度はバイクに乗ってみてほしい。



---



僕は、高校生の時、生まれて初めてバイク(正確には原チャリ)というものに乗ってみて、


あまりの衝撃で、頭が真っ白になりました




こんなにすばらしいものが、この世にあったなんて。。。

と、文字通り人生観がひっくり返るぐらいの衝撃を受けました。

免許持ってなかったのに、3日間朝から晩まで乗り続けました。



---



人によって、バイクというモノに求めるものは異なります。



「何も求めていない(笑)」という人もいれば、
純粋に「走ること」が楽しい人もいるだろうし、
「機械/マシンとして」おもしろい、という人もいるでしょう。
コレクションとして重宝する人もいれば、
旅の道具として活用している人もいるでしょう。



僕にとって、バイクは
自由の象徴



バイクに乗って、風を切りながら走っていると、
D (オレは、このまま世界のどこまででも走って行ける・・・)

という錯覚に陥ります。



そして、自分にとって、
自由であること
がいかに大事か、を再認識させられます。



昔、オヤジと二人っきりで話してたとき、オヤジが言った一言をまだ覚えています。

"Always leave your options open.
Secure your freedom.
Don't let anyone control you."



この先何があろうとも、どんなに落ちぶれようとも(爆)、
ずっとバイクは手元に置いておくと思います。



置いてあるからどう、ってことはないんです。
あんま乗りません。

ただ、
もし行こうと思えば、今からどこにでも行ける

と思えることは、変人である僕にとっては精神衛生上とても重要なことであって、
家の玄関を出たところに、常にバイクが停まっていてくれる、というだけでずいぶん救われているんです、きっと。



---



前置きが超絶長くなったけど、
今年の夏休みは、ずっとたのしみにしていた
四国ツーリング
d0237270_1513594.jpg

随時レポさせていただきます!
by dantanno | 2012-09-10 01:59 | プライベート | Comments(3)
Commented by Shira at 2012-09-12 20:26 x
お。空油冷2気筒ですね。日本の夏・東京でもだいじょぶでしたか?

四国、うらやましいです。

私の1代目はヤマハ MR50、次がスズキ GT250。三代目 CB125T以後24年の中断。

四代目はスクーターですが、これがなかなか良いです。
>純粋に「走ること」が楽しい
私はこのタイプだと思います。家の周囲が渋滞だらけですので、開けた道があるだけでうれしくなります。
Commented by dantanno at 2012-10-09 07:21
あ、そうですか、GS1200って空油冷なんですか、知りませんでした(爆)。
っていうか、Shiraさん相当マニアックな名車を乗り継いでますね。
ヤマハMR50辺り、渋いですね。。。見た目的には、ちょっと「XT250の弟分」的な感じでしょうか。
今日、バイクが修理から戻ってきたので(笑)、今度ツーリング行きましょう。秩父辺りでも。
Commented by Shira at 2012-10-13 22:17 x
MR50はメジャーでしたよ!!(断固)

私が乗っていたのは 1975年発売の初期型でしたので、後発のXT250が弟分ですYO!
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Pit/6333/Catalogue.htm
(リンクは山本さんのサイト「welcome to Club MOTO PL
ANNING」です)

はい、秩父ぜひ行きましょう。飯能からR299を少し走って途中から奥武蔵グリーンラインで顔振峠・狩場坂峠、その後秩父に下りてR140の旧道なんかいいなあ、と一人で勝手にアタマの中で走っております。排気量約 1/5 につきおてやわらかに…。