たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今日、自社オフィスを持ちました!

これまで、いわゆる「シェアード・オフィス」にお世話になってきました。
そこを出て、IRISとしての、自前のオフィスを持つことになりました。



<ちょっと回想>
子供の頃、僕の将来の夢はスポーツ選手でもなく、ハリウッド・スターでもなく、
「国際ビジネスマン」
でした。

早くから、自分に華々しい才能が無いことに気付いた自分を褒めてあげたいです。



多分、当時描いていたイメージは、サラリーマンではなく、起業家的な感じだったと思います。
ただ、まだ「起業家」という概念を知らなかったから、「ビジネスマン」という表現になったのかも。
(さすがに覚えてません。)



その後、高校・大学ぐらいになると、
「いつか、事業を興す」
と、夢が少し具体的になりました(なってないか)。



そんな男子にとって、自分の会社のオフィスというのは、やはり憧れの的072.gifです。





去年、開業準備していた頃。

IRISを開業したら、いよいよ
D (自社オフィス!)
と、はやる気持ちを抑えきれない僕。

親友と飲みながら、
D 「そうそう。IRISのオフィスをどうしようかな、と思ってさあ~~♪」
と切り出しました。



その親友は、自身も起業しています。
会社の立ち上げ当初、本当に大変な、しんどい思いをした人。
今、それを乗り越えてがんばっています。

友 「気持ちは分かるけど、最初は極力慎重にやった方がいいよ」

D (・・・・・)
やはり、ことばの重みが違います。

D (確かにその通りだな。。。)
と、少し自分にブレーキをかけ、その結果、自前のオフィスではなく、シェアード・オフィスに入居しました。



その選択は正しかったと思っていて、それを薦めてくれた親友にも感謝しています。ありがとね。
「シェアード・オフィス」というのはすばらしい仕組みだと思うし、
僕含め、「それ無くして開業できなかったかも」という人もいっぱいいると思う。

シェアード・オフィスというもののすばらしさ、そして、
「すばらしいのに、なぜそこを出ようと思ったのか」については、
稿を改めて書いてみようと思っています。稿ご期待!





さて、新オフィス。
駅は人形町

僕の超絶ヘタな写真じゃ、うまく伝わらないと思うけど、試みます。




3面が窓に囲まれた、風通しのよさ。
結局、これが決め手になりました。
d0237270_20112447.jpg
(モロ自分が写っちゃってるよ。。。 ちなみに、匿名でインタビューを受けている人ではありません。)




オフィスに来てくれた女性通訳者と二人っきりになってしまうシチュエーションも想定し、
向かいの会社+マンションから丸見えなのもGood!
d0237270_2018656.jpg
(普段は、すだれか何かで日よけしようと思います。)



とりあえずお祝い。
わーいわーい!!
d0237270_20192981.jpg




すぐ隣に、かなりDeepそうな店があります!
d0237270_2021639.jpg
他にも、カフェっぽい店とか、ワインバーとかがてんこ盛り。大好きなシガーバーもあります。
人形町って、こんな素晴らしい場所とは全然知りませんでした。





オフィスの、これまたすぐ隣に、七福神様が。
d0237270_20172752.jpg
IRISの7人の通訳者たちの無事と、さらなる活躍を祈りました。




こんな感じのオフィスです。
どう、よさそう?
よかったら、ぜひ遊びに来てね。エレベーター無しの5階だけど。




こうして、ステキな自社オフィスを借りることが出来たのも、
ウチの通訳者たちに、大事な案件を託してくれるクライアントと、
クライアントからの依頼に真摯に向き合い、案件を成功に導いてくれる通訳者たちがいるから。

入居日となった今日、たまたまですが、IRISの稼働率が過去最高を記録しました。
8人中、6人稼働!



みなさんから与えていただいたオフィス。
決して無駄にしないよう、がんばります!
by dantanno | 2012-06-13 20:40 | IRIS | Comments(2)
Commented by Shira at 2012-06-14 22:18 x
こんにちは。

ますますのご発展を祈念いたします。

人形町には中国語の学習会でずいぶん通いました。人形町駅の近くのネパール料理店など、懐かしいです…。
Commented by dantanno at 2012-06-15 01:48 x
Shiraさん、ありがとうございます。
実に細々とした「発展」ですが、なんとか前に進んでいます。
ネパール料理もあるんですが。今度探してみます。
それにしても、なんでこんなに食文化が豊かなんでしょうね。こうなった背景に興味があります。。。