たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

IRIS通訳者たちへ

さきほど、深夜12時を回り、IRISが開業しました。

いや、なんか違うな。
のっけから、言葉を間違えた。



さきほど、深夜12時をもって、IRISを開業しました。



今日の、この一発目のブログは何書こうかなあー、って、大分前から考えていました。

今の、この晴れやかな(まだ夜だからあまり晴れやかじゃないけど)気持ちに乗って文章を綴っていくと、
どこまでも飛んで行ってしまいそうなので(笑)、
努めて冷静に、事務的に書くことを試みます。



やっぱり今日は、IRIS通訳者たちへのメッセージにしますかね。
この人たちが主役なんで。





みなさんは、僕が苦心惨憺(笑)して選んだメンバーです。

僕は、通訳者としても、経営者としてもまだまだこれからだけど、
IR通訳において、僕の目はごまかせないと思う。
その僕が、自信を持ってみなさんを選びました。



IRISでは、入り口を徹底的に狭めた代わりに、
入った後は基本的に全て自由にします。

みなさんは、自分の思った通りの、自由でのびのびとした通訳をしてください。



ハイ・クオリティのIR通訳会社のくせに逆説的ですが、
クレームを恐れなくていいです。

クライアント/会議参加者のためによかれと思ってやったこと、よかれと思ってした通訳が、
結果的に逆効果となり、クレームにつながってしまったとしたら、、、
ちゃんとクライアントに説明し、今後の対策を一緒に考えましょう。

そういう、「いいIR通訳」に向かっていった結果のクレームであれば、
指名と同じくPositiveに扱い、その10倍、さらなるチャンスを提供します。



みんなにお願いしたいことは、ただ一つ。

「いいIR通訳」をする。

それだけでOKです。
あとは全部ついてくるはず。

いいIR通訳をすれば、結果として指名を取れ、
その結果として、日本の通訳界、そして日本のIRがよくなるはず。

これが、IRISで立てた仮説です。



「いいIR通訳」は、既にこの世に存在します。何も、新しい概念ではない。でも、それは
部分的・例外的に、あるいは
小規模に、そして
個人ベースでしか存在していない。

僕たちは、日本で初めて、「いいIR通訳」を
仕組みとして、一定の規模で、チームとして
実現させます。





みんなが、これから周りに言われるであろう、
そして時には自分でも感じるであろうことについて、
先回りして、代表である僕の考え方を説明しておきます。



いいIR通訳で、日本の通訳界をよくするなんて、難しいんじゃないですか?
いいIR通訳で、日本のIRをよくするなんて、ほんとに出来るんですか?


難しいんじゃないですか? → 超難しいです。 → だからやるんです。
ほんとに出来るんですか? → 分かりません → だからやるんです。

IRISの一員となってしまったからには、
せいぜい、世間とのMentalityのズレを楽しんでほしいです(笑)。



あ、そうそう、もう一つ周りから言われるであろうこと。それは、

日本のIR(およびIR通訳)市場って、今後縮小傾向にあるんじゃないの?



そうなのかな。そうかもしれませんね。どうなんでしょう。
そう考えると、ポテンシャルが無いようにも思えてくる。

ちなみに、、、
日本のIRに勢いがないということは、日本株に勢いがないのと同義。
仮にそうだとしたら、その責任の一端は、これまでの我々のIR通訳にもある。
それはさておき、、、




ポテンシャルが無いように思える一方で、無限のポテンシャルがあるとも言える。



投資家の多くは、まだ「通訳の重要性」を知らない。
企業(発行体)の多くは、まだ「通訳に感動」した経験が無い。

世は、まだ「いいIR通訳」を知らない。

僕は、このことを考えると、鳥肌が立つほど興奮します。
(インフルでないことを願う。)




簡単で、絶対に成功することが分かっていれば、それはただの移動
難しいし、うまく行くのかどうか分からないけど、無限のポテンシャルが広がっているから、これは航海

世に、「いいIR通訳」の持つ力を知らしめよう!
IRIS号、いよいよ出航です。
d0237270_313922.jpg

by dantanno | 2012-02-01 00:28 | IRIS | Comments(4)
Commented by 菅龍夫 at 2012-02-01 00:39 x
だんさん、毎回、本当に僕のやっていることと畑は違うけどだんさんは燃えているなぁ、と勝手に燃えているのは同じだ思いながらブログを読ませて貰っています。僕は11歳で日本に来て、それまで中国で優等生と呼ばれる部類だっただけに日本に来て、言葉という壁で言葉に対する劣等感が生じました(今も)。その分、言葉に対する拘りは人一倍強いです。だんさんがそのフィールドで頑張っていることが他人事ならぬ嬉しい。意味はないけどコメントしたくなりました。。
Commented by dantanno at 2012-02-01 01:57
菅さん、メッセージありがとうございます。経営者の先輩として、ぜひいろいろと相談に乗ってください。来週とか、だいぶ自由に時間を取れるので、もしご都合がつけば、一杯行きませんか?後はメールでご相談しましょう。
Commented by azaz at 2012-02-01 13:53 x
ぶっちょ改めしゃっちょ、おめでとう!!! ダンさんらしい通訳会社になりそうで、私も密かに楽しみにしていました。

今はまだ現在の仕事やら子育てやらでその時ではないけれど、私もいつかIRISの狭き門をくぐり抜けられるような通訳者になれたらいいなぁと思っています。
それまでは、遠くからIRISの進化を見守っているので、がんばってね!

本当におめでとう!!!

(決起大会、呼ばれなかったけど…?)
Commented by dantanno at 2012-02-03 11:21
azaz、メッセージありがとう!
「部長」とかいって、昔が懐かしいね。3人でよくミーティングしてたね(笑)。
今はそっちの仕事と子育てに集中して、もしよければ将来、IRISのワークショップに遊びに来てよ。
決起大会、そう言えばazazに声かけてなかった。。。っていうか、IRISのウェブページで告知しただけだったんだよね、実は。次回はもっとちゃんと告知します!!

T様、潮、もとい磯様にもよろしく!