たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

The "entrepreneur" list

A list of:
1. questions I've been asking myself before and after I started my business, combined with
2. things I should be thinking about, but so far haven't bothered to think about, but I'm thinking of thinking about because I think they're important.

(Click here for the list in Japanese)



---



<What is it that you want to do?>
What do you want to do? To sum it up in one word?

Why do you want to do this?

Do you feel passion for that cause? Should you?

What DO you feel passionate about? Shouldn't you be doing that instead?



<"Entrepreneur"-related issues>
Do you HAVE to set up a company? Does it HAVE to be a business? Do you HAVE to be an entrepreneur? Can't you achieve whatever you want to achieve WITHOUT setting up a company?

I hope you aren't just an "entrepreneur wanna-be".

How do you define "entrepreneur"?



<Domain>
What do you want to do? To sum it up in one word?

Is that really what you're going to do, or is it actually something else? (Starbuck's LOOKS like a coffee shop business, but you could also say it's a "Third place provision business", or a real estate business)

How narrow/wide do you want to go? Why?

Which areas will/might you expand into in the future?

What is your vision? Your slogan?



<Market>
Do you want to enter an existing market, or create a new one?

How large is the market? Does it matter?

Is it an attractive market? Is it growing? Is it very lucrative?

What changes/trends do you see?

How will YOU change the market? What will happen to the market if you're successful?

What about overseas markets?



<Clients>
Who are your clients? Who are your "real" clients? Your REAL clients may not be te people you THINK are your clients.

Which clients will you target? Which clients do you not need?

Who are they buying from?

Why will they switch to you? What will make them switch to you?

Is there any way you can secure your clients? How do you make them loyal?



<Problem>
What problems are there in the current market?

Which one do you want to solve?

Do you feel passionate about solving that problem? Are you angry about it?

Are your clients unhappy about it? Should they be?

Do your clients realize that the problem exists?

Why does the problem exist? 

Why hasn't anyone solved/tried to solve it?

What will happen when you solve the problem? Does solving the problem generate profit?



<Competition>
Who are the competitors? Who are the "real" competitors?

Who is similar to you? 
Who do you want to be?

What are your competitors' strategies/strengths?

How will you differentiate? How are you unique?
What is your strength? 

How will your competitors respond to you entering the market?



<Strategy>
What makes your story compelling?

Should you be doing it if it's not compelling?

How can I force clients to use my services?

What hypothesis is behind your business?

After you start the business, how will you determine whether you were right or wrong?

How will I measure whether or not my strategy is working?
Which metrics will I use?

Is there anyone doing something similar:
- in the industry?
- in other industries?
- overseas?

Have they been successful? Why not?

Will you partner with someone? Who?

What will you outsource? Which part of the business do you NOT want to do?

What will you do if you fail? Define "failure".

What will make you give up?

Should you set phases?

What's your schedule? What will you do by when, achieve by when?

Why do you think you will succeed? What gives you the confidence?

Is your business based on expectations of future trends?

(For argument's sake) Do you want to M&A? Who?

Size. Big or small?

How will you use the web?



<People>
Who will you work with?

What skills should they have?

How will you hire them?

How will you attract/retain good people?

How much will you pay them?

Who will be your advisor(s)?



<Pricing>
Who currently determines the prices? What is the pricing mechanism?

What prices will you set?
- High: How will you justify high prices?
- Low: How will you achieve low costs? Which value are you going to cut out?
- Average: If your service has an edge, why settle with average pricing?

What will you do if your competitors respond by lowering their prices?

Will you offer discounts? To who?



<Quality>
High? Low?
Do your clients want high quality, or is it just you? Will they pay for it?

How will you secure/improve quality?

If your service is going to be a brand, how will you create it? How will you protect it?



<Sales & marketing>
How will you advertise/sell/market your service? How much are you willing to spend?

Which channel will you use?

Will you get someone to sell for you?



<Sourcing>
Who will you source from?

How will you ensure quality?

How will you control costs?



<Projection>
Sales, costs → profits

Bullish, base case, conservative

Is it worth it?



<Improvement>
How will you (personally) improve?

How will your team improve?

How will your business improve?



<Management style>
How much time do you want to spend on this?

How/when will your role change? Should it?



<Risks>
What kind of risks are there?

Are there any regulatory/structural issues making it difficult for you to operate, or preventing your clients from buying from you?

How will you mitigate the risks? Which risks can you NOT mitigate?

Which risks are you willing to embrace?



<Preparation>
What do you need to do in order to be able to start the business?

What can you do in preparation to improve your chances of success?

How much money do you need? How will you raise it? How will you repay it?



<Review>
After you start, how often do you want to review your business?

What items do you want to review?

Which KPI's will you track to monitor your performance?

Some items to review:

・What are you spending your time on? Is that OK? What to do?
・Are you progressing according to your initial schedule? If not, what to do?
・Is your strategy working? If not, what to do?
・What was it that you wanted to achieve?
・Do you need more people? Do you need to partner? Do you need to outsource? Both at the personal and company level.



<This list>
What other items should you add to this list?

Which 5 questions on this list are most important to you? Which 3? Which 1?
# by dantanno | 2014-06-30 22:59 | 経営 | Comments(0)

いい通訳は、経済にとっての貨幣のような存在

通訳は、とても付加価値の高い、重要な職業です。

通訳の善し悪しは、ミーティングの成否を左右します。
いい通訳は、コミュニケーションに伴うロスを最小化し、ミーティングを成功に導く。
ときには、質の高い通訳が会議参加者を感動させることさえある。

そして、そのようないい通訳をするのはとても難しい。

通訳者はたくさんいますが、いい通訳者は本当に少ない。
いい通訳者が育つためには、なんらかの素敵なきっかけと、長年に渡る努力・経験、そして運も必要です。



---



通訳は、その価値、その重要性、そしてその難しさの割に、それに見合った十分なリスペクトを得ていない、と感じることがあります。
分かってくれている人も多いが、分かってくれていない人もいる。

なぜ、通訳はそれに見合った十分なリスペクトを得られていない(ことがある)のか。

内部要因: 質の低い通訳が、通訳全体に対する評価を押し下げているから
外部要因: 通訳が誤解されているから

内部要因については業界内でなんとかするとして、ここでは外部要因について考えます。



通訳はどう誤解されているのか。

それは、「通訳は、結構簡単なのではないか」という誤解ではないか。
「バイリンガルであれば、通訳なんて簡単に出来てしまう」という誤解があるのではないか。

人は、なぜそう誤解するのか。



---



確かに、そう誤解する気持ちも分かります。

例えば日英間の通訳であれば、日本語を英語にしたり、英語を日本語にしたりするわけですが、

りんご → Apple
Fish → 魚

日本語と英語が両方出来れば、通訳なんて簡単じゃないか、と思う人がいても不思議ではない。

特に、バイリンガルではない人ほどそう思いやすいのではないか。
バイリンガルではない人が、
「もし自分が英語ペラペラだったら、きっと通訳ぐらい出来るだろう」
と思ったとしても、なんだか無理はない気がする。
一方のバイリンガルたちは、事がそう簡単ではないことを分かっていることが多いかもしれない。



---



「バイリンガルでありさえすれば、通訳は出来る」と誤解する背景に、「実際にそうだったから」というのもあるかもしれない。



部長 「オーイ、田中」

田中 「ハイ、なんでしょう」

部長 「お前、確か英語出来たよな」

田中 「はあ、一応・・・」

部長 「今度、アメリカの取引先とのミーティングがあるんだけど、お前通訳して」

田中 「え?!オレがですか?無理ですよ、通訳なんてそんな・・・」

部長 「英語出来るんだから、通訳ぐらい出来るだろ。頼んだぞ」



という具合です。



その後、ミーティングの日になりました。

ここで田中が撃沈して、ミーティングがしっちゃかめっちゃかになれば、(そっか、やっぱ通訳って難しいのかな・・・)となるかもしれません。

でも、田中が通訳をして、ミーティングが無事終了した場合はどうでしょうか。

田中はプロの通訳者ではない。
通訳になるための専門的な教育も受けていない。

その田中が通訳をし、ミーティングが滞りなく進行し、無事終了した。

関係者が
(なあんだ、バイリンガルでありさえすれば、通訳出来ちゃうんじゃん)
と思ったとしても、無理はありません。



---



なぜ田中は、プロの通訳者ではないのに、ちゃんと通訳出来てしまったのか。
通訳が簡単だから、ではありません。ではなぜか?



まず、「田中がちゃんと通訳出来た」という前提を疑う必要があると思います。



以前、こういう記事を書きました。
通訳のウデを評価するのはとっても難しい。
ミーティングが滞りなく進行したからといって、田中の通訳が上手だったとは限らない。

アメリカの取引先の発言内容は、実は日本側に正確に伝わっていないかもしれない。
日本サイドの言っていることが、ちゃんとアメリカ側に伝わった保証もない。

d0237270_22404620.jpg


---



では仮に、田中が間違いなく上手に通訳出来ていた、と仮定しましょう。

プロの通訳者でもないのに、なぜ上手に通訳出来たのか。
それは、以下の3点を兼ね備えていたからだと思います。



1.高いレベルの語学力・言葉力

2nd languageである英語はもちろん、母国語である日本語についてもある程度のレベルが必要になります。
単に「単語を知っている」というだけでなく、言葉を操る能力(Command of the language)が求められる。
「この人は何を言いたいのか」を理解し、「どう説明すれば、それがうまく伝わるか」を察知するのは、日本語力・英語力を超えた「言葉力」とでも言うべき能力で、それが無いと上手な通訳は出来ないと思います。



2.一定のIntelligence

上手に通訳をするためには、日本語と英語が両方上手であり、高い言葉力を持っている上に、一定のIntelligenceが必要だと思います。
ここでいうIntelligenceは、言葉力とかぶる部分もありますが、頭の回転の速さ、場の雰囲気や流れを読む力などを含む、より広い概念です。



上記1.と2.はつまり、「田中がすごい」ということです。
「ウチの田中でも通訳出来ちゃうんだから、通訳なんて簡単なんだな」
じゃなくて、
「田中がすごい」
ということです。

そして、次の3.が一番本質的な気がするんですが、



3.話されている内容に関する背景知識

これがあれば、話し手の言わんとすることを理解しやすいし、それを説明しやすい。
通訳の力がそれほど高くなくても通訳出来てしまう、という場合、背景知識が一番大きな要因ではないでしょうか。



上記3つの条件が揃えば、プロの通訳者でなくても、ある程度上手に通訳出来ることがあるだろうと思います。



---



では、プロの通訳者と田中の違いは何か。
順に考えていきます。



1.高いレベルの語学力・言葉力

通訳者は毎日毎日通訳をしているわけですから、田中以上のものを持っているでしょう。
でも、これは本質的な違いではありません。



2.一定のIntelligence

当然あると思います。



3.話されている内容に関する背景知識

特定分野の通訳を専門とする通訳者もいれば、様々な分野の通訳を幅広く手がける通訳者もいます。
前者はともかく、後者の場合、何らかの分野の専門家ではないことが多い。
唯一専門分野があるとすれば「通訳」であり、それ以外の分野については広く浅い知識を持っています。

一昨日は政治家のインタビュー、昨日は原発のシンポジウム、今日は医療、明日はIT、来週はIRと飛び回る通訳者の知識の広さには驚かされます。
ただ、日々特定の分野における業務に従事している専門家にかなわないのは当然です。

では、何をもって背景知識の不足を補うのか。
日々の案件に向けた予習はもちろんですが、それとは別の、本質的な要素は何か。



4.通訳の能力

1.で述べた語学力や言葉力も通訳力の一部ですが、ここで言っているのはそれとは別の、狭義の通訳力です。

・ 発言の内容を記憶する力。
・ 後から話を再現・再構成しやすいメモを取る力。
・ 場の雰囲気や聞き手の状況に合わせた訳し方の調整。
・ うまく訳せないときのごまかし方(笑)。
・ etc., etc.

こうした通訳力があるおかげで、自分の専門分野ではないテーマについても上手に訳せるのです。
「自分の専門分野であれば」という条件付きで上手に訳せる田中との一番の違いはここです。



---



この世から通訳者がいなくなると、一体どうなるか。

ある分野の会議で通訳が必要な場合、その分野の専門家であり、かつ語学力・言葉力が高く、一定のIntelligenceを持った人を見つけ、当日かり出さなければいけません。

これは貨幣の無い時代、物々交換の時代、漁師が肉を食べたいと思ったら、「ちょうど魚を食べたいと思っていた!」という狩人を見つけないといけなかった不便・高コストに似ています。

d0237270_22431645.jpg


通訳がいるおかげで、どの分野の会議でも安心して通訳者に任せ、いい結果を得ることが出来るわけです。

そう考えると通訳者は、経済における貨幣に相当する、とても重要な役割を担っている、といえます。



---



腕のいいプロ通訳者であれば、引き受けた仕事をきっと成功させるでしょう。
プロなんだから当然、といえばその通りなんですが、出来れば一言かけてほしい、とも思います。

上手だなあ・・・
すごいなあ・・・


と思ってくれたら、それを通訳者に伝えてほしい。

僕なんかは、たまに褒められるとすっかり舞い上がり、そのクライアントが大好きになってしまいます。
そして、もっとがんばろう、もっと上を目指そう、と強く思います。

「ありがたがられる」ことこそが一番の報酬だと思っている通訳者は多いのではないでしょうか。



(あ、そうそう。プロではないのに上手に通訳が出来た田中を褒めることも忘れずに!)
# by dantanno | 2014-06-08 22:43 | 通訳 | Comments(0)

出先から

我々男性は、「女性はすごいなあ〜、大変だなあ〜、頭が上がらないなあ~」と口で言うだけでなく、時には女性を家・育児から解放するため、仕事量・酒量・ゴルフ量をコントロールしてもっと家にいるようにするなど、具体的に行動すべきだと思う@出張中。

Yahooニュース: 職場、家庭と比べストレス無し

d0237270_10394021.jpg

# by dantanno | 2014-06-05 10:39 | 提言・発明 | Comments(0)

通訳における「事前情報」の是非

先日担当したIRロードショーの通訳のお仕事。
ある会社のマネジメントに同行し、海外で投資家周りをしました。



最初の国に着きました。
着いた翌朝、しょっぱなのミーティング。
10日以上に渡るロードショーの、初日の一番最初のミーティングです。

d0237270_1764061.jpg


ミーティングの直前、現地の担当者の方から

「この投資家は、質問に入る前の前置きが長いんですよ。
ですので、そこはうまくはしょるなり、前置きが長すぎるようであれば止めるなりしてください。」


と耳打ちされました。



大きな仕事の初日、しかも、朝一番のミーティングです。

僕なりに気持ちを高め、
(今回のロードショーを必ず成功させる。よし、行くぞ!!!)
的に盛り上がっていたところにこう言われ、ちょっとヘナヘナとしてしまいました。



また、ミーティング中、通訳をしている際もずっとこのことが気になります。

投資家の質問がちょっとでも長くなりそうな気配があると

(うわ、長くなりそう。どうしよう。。。
訳をはしょるか?
それとも投資家の前置きをさえぎり、Get to the pointさせるか?)


と考えていました。

その分、訳そのものに対する集中力が低下します。



フタを開けてみれば、投資家の前置きがそこまで長くなることはなく、僕もたまに少しはしょったりする程度で、後はフツーに訳しました。



---



現地の関係者の方は、ミーティングを成功させたいがために、僕にあのように言ってくれたわけです。
そういう意味で、目指しているものは僕と全く一緒で、On the same boatです。

また、通訳をする際に役立つアドバイスとして親切で言ってくれた、という側面もあるかもしれません。



でも、僕にとっては、それが大きなノイズになりました。

d0237270_17294626.jpg


「(通訳時の)集中力が低下した」と書きましたが、正確に言うと、脳のキャパの一部を「投資家の前置き」という問題に取られたため、「訳そのもの」に振り向けられるキャパが少し減った、という感じです。

通訳者が現場に行く途中に交通事故に遭遇していたり、その時期に家族と大ケンカ中だったり、「ああ、確定申告今日中にやらなきゃ・・・」と思っていたりすると、通訳に100%集中できないのと同じ理屈です。



もちろん、大元となる脳のキャパを増やしたり、そういったノイズをうまくコントロール・遮断し、どんなにノイズがうるさくても「通訳そのもの」に集中する、というのも大事だし、それは通訳者の能力の一面だと思います。

でも、出来ればノイズは少ない方がいい。



集中力の問題に加え、気勢を削がれたというのも大きい。

うおりゃーーー!!!!と思っていたところに、
「投資家の前置きが・・・」と耳打ちされたことにより、なんだかヘニャっちゃった感じ。



---



今回の経験を受けて、自分が通訳者に案件を紹介する際のやり方を振り返りました。

そのミーティングに参加する投資家を、以前、自分でも担当したことがあったりすると、

「Johnはこういう人です。
こういう質問をします。
こういうクセがあるので、そのときはこう対処するといいと思います。
お寿司が大好きなので、ランチは寿司屋に行きたがります(笑)。」


的な「アドバイス」をついついしたくなります。

d0237270_173083.jpg


そうした「アドバイス」をしたくなる根拠は何か。

そうした情報を知っておくことが通訳者にとって有用だろう、という思い(思い込み?)があります。

情報は、あるにこしたことは無い。
その情報を知ったところで、準備の仕方、あるいは本番での通訳の仕方に変化は無いかもしれないが、知っておくにこしたことは無いだろう、という考え方です。

でも、今回の経験を受けて、それが必ずしも通訳者のため、ひいてはミーティングの成功に役立たないこともある、と知りました。

こうした「アドバイス」が、一通訳者が感じた主観的な内容である、という問題点に加え、それが通訳者にとってノイズになることもあるんだなあ、と。

(寿司が好き、という程度であれば無害だと思いますが(笑)。)



ミーティング参加者がどういう人たちなのか。
通訳者である自分はどう立ち回るべきか。
訳し方をどう調整すべきか。

こういった機微については、一つの正解があるわけではありません。
通訳者一人一人が、その主観に基づき、ミーティング中の僅かな手がかりから判断していくしかないのかもしれません。

d0237270_17302094.jpg


---



実際、IRISの通訳者にも、ミーティング参加者についての事前情報を喜ばれなかったことがあります。



証券会社から「今回の投資家はちょっと気難しい方です・・・」と言われたので、それをそのまま通訳者に伝えたところ、

「そういう情報は伝えないでほしかった。ダンさんの所でフィルターをかけてほしい」

的な反応がありました。

当時は(そういうものなのか・・・)と、あまりよく分かりませんでしたが、今はその気持ちがよく分かります。



これからは、ミーティング参加者についての事前情報は、その情報の内容・主観度、ミーティングの性質、通訳者の性格など、よくよく多面的に考えた上で、通訳者に伝えたり伝えなかったりしようと思いました。



「求められたら言う」のもいいし、
「あくまでも自分はどう感じ、どう対処したか、という参考情報に過ぎない」と十分に前置きをした上で伝える、というのもいい。

あるいは、そもそも伝えないのもいい。
自分が信じた通訳者なんだから、その人自身の感性にすべてをゆだねてみるのもいいな、と思いました。
# by dantanno | 2014-06-04 17:16 | 通訳 | Comments(0)

ごぼうに釣られる

カレーのココイチでの出来事。

d0237270_3264511.jpg


僕の定番メニューである
「クリームコロッケカレー3辛、ライス普通」
と、奥さんの定番である
「チキン煮込みカレー4辛+ほうれん草のトッピング、ライス普通」
を頼みました。



(ついでにサラダも頼もう)
と思い、ごぼうサラダをチョイス。
ごぼうはカラダに良さそうだし。



店員さん 「ごぼうサラダですね、かしこまりました~~。
サラダの方、ドレッシングを3種類からお選びいただけます。

オリジナル
ノンオイル
ごぼう

の3種類になりますが、いかがいたしましょうか。




D (ご、ごぼう?)

d0237270_3265393.jpg


ごぼうは結構好きで、だからこそごぼうサラダなど頼んでいるわけで、ごぼう味のドレッシング、そんなものがあるのであれば、思い切ってそれにしてみようかな。



D 「ご、、、」



いや、ちょっと待てよ。

ごぼうサラダにごぼうドレッシング。
さすがにToo muchか。ゴボゴボしすぎか。



D 「ご・・・ リジナル」



店員さん 「は?
ああ、はい、オリジナルですね」




注文を取り終えた店員さんが厨房に戻ります。



(ふう。。。)と思い、メニューに目を落とすと、



<サラダのドレッシング>

オリジナル
ノンオイル
ごま

# by dantanno | 2014-06-02 03:29 | プライベート | Comments(0)

思い込み

今、羽田→成田の移動中。

d0237270_11373280.jpg


乗り継ぎでしょうか? いいえ。
空港が大好きな人でしょうか? いいえ。



間違えたんです。

出張に行っていたんですが、行きが成田発・帰りが羽田着なのに、行きも帰りも成田と思い込んでしまったんです。

d0237270_11384718.jpg



「どの空港から出発するか」を間違えると大変なことになりますが(恐い・・)、
「どの空港に帰ってくるか」は、それほどシビアな問題ではありません。

ましてや、「帰りは成田だと思っていたのが、実は羽田だった」となれば、本来(ラッキー♪)となってもいい話なんですが、悪いことに、今回成田にクルマで行ってしまっていました。。。

今、クルマを回収しにスゴスゴと羽田→成田、というわけです。



---



なんで間違えちゃったんだろ。。
行きがBA6便、帰りがBA7便で、なんとなく対になってる感があり、使用する空港が違う、という可能性を考えなかったんですね、きっと。



思い込みが激しいんです。

思い込みの平均値が分からない中、断言は出来ないはずなんですが、
「オレは、きっと思い込みが激しいはず」
と強く思い込んでいます。



言った/言わない、で必ず負けます。

相手が「私はAと言った」と主張し、僕が「いや、あなたは「B」と言った」と主張しているケースを考えましょう。

d0237270_11431732.jpg


相手のね、「B」というメールがね、もう、頭の中に見えるんです。
それに基づいて
D 「あなたは「B」と言った」
と主張するわけですが、それが実は「A」だったと判明したときの驚きバツの悪さといったら・・・。

d0237270_11444929.jpg



それと比べ、奥さんは素晴らしいメモリーの持ち主です。
ということで最近では、記憶を奥さんにアウトソースし始めました。



D 「オレ、なんて言ったっけ?」



自分のあやふやな記憶に頼るよりも、プロに任せた方がよっぽど安心です。



---



この前観ていたTV番組で、「作られる記憶」というのをやっていました。
事件の目撃者が「確かに白いクルマだった」と言っているのに、実はブルーだったりすることがあるそうです。

こういう記事もありました。
Why does the human brain create false memories?

(オレもそういうとこあるなあ・・)と、納得してる場合じゃないのについつい納得してしまいます。



---



僕が思い込みやすいタイプなのは生まれつきですが、通訳者をしていることで、それに拍車がかかっている、ということはないだろうか。
つまり、職業病的な側面もあるのか。

多分無いと思いますが、一瞬そんなことが頭をよぎりました。



なぜそんなことを思うのか。
それは、通訳のプロセスと関係しています。



通訳のプロセス(省略版)

1. 話し手が発言する
2. 通訳者がそれを聞き、理解・解釈(Interpret)する
3. 通訳者が訳す
4. 聞き手がそれを聞き、話し手と想いを共有する



上記プロセスの「2.」のところです。

話し手の使った言葉を手がかりに、話し手がどういう想いで発言しているのか(すなわち、発言の意味)を考えるわけですが、ここで多少の思い込みが必要になると思うんです。



話し手の発言には、無限の、、、はちょっと大袈裟かもしれないけど、実にたくさんの意味が存在し得ます。

「ふざけないでくださいよ」は、マジで言っているのかもしれないし、冗談かもしれないし、その中間かもしれない。



個別の単語の意味も様々です。

例えば、話し手が「よろこび」と言った場合。

この場合、果たして「喜び」でしょうか。
あるいは「悦び」でしょうか。
意外と「歓び」?
おめでたい感じの「慶び」?

一番メジャーな「喜び」という意味である、と解釈したとしましょう。
その先でも、意味はさらに枝分かれします:

joy
delight
glee
gladness
happiness
pleasure
rapture
exultation
ecstasy
gratification
etc.

全部「喜び」だけど、全部意味が違います。



(今の発言には、実にいろいろな意味が存在しうるなあ・・・)
と気付くことが重要です。

でも、そうやって感心するばかりでは訳が進みません。



なるべく多くの解釈・可能性が入るよう、網を出来るだけ拡げたら、

d0237270_1211699.jpg


今度は網を引き上げて、

d0237270_121209.jpg


網の中でピチピチうごめいている数々の訳候補の中から、今回の発言内容を表すのにベストな訳を瞬時に選択しないといけません。

d0237270_1215766.jpg



(今の発言を通して、きっとこういうことを言いたいんだろう)
と。



網を拡げる方の作業は「思い込み」と逆行しますが、訳候補の中から選択肢を狭めていく作業は、多少「思い込み」のプロセスとかぶる気がします。
まあ、「思い込み」という表現はちょっと違いますね。
解釈・推察・選択・絞り込み。。。



通訳者による解釈をなるべく排除するため、話し手に
「今の発言はどういう意味ですか?」
と確認を入れることも出来るし、実際、現場でよく行われています。

しかし、そうした通訳者の問いかけに対し、話し手から返ってくるのは結局また言葉なわけで、その言葉の意味を通訳者なりに解釈する必要から逃れることはできません。

毎日毎日、現場に行って発言を訳す度に、こうした手順を繰り返しているわけです。
その結果、思い込みやすさに磨きがかかっている、ということは無いだろうか。
どうなんでしょうね。



---



「思い込み」にはネガティブなイメージが伴う。
「思い込みが激しい」場合は尚更。

確かに、今回の僕の羽田・成田事件のように、
「事実と異なることを「事実」と思い込んでしまう」
のはよくない。

また、「絶対にこうだ」と決めつけ、他の可能性を排除してしまう、そういう「思い込み」もよくないでしょう。



でも、、、
「きっとこうである」と考え、それに基づいて行動を起こすのはいいことだと思います。



通訳において一定の「思い込み」が必要となるように、
人生においても「思い込み」が大事なときがあります。
「思い込み」、あるいは「思い切り」でしょうか。



「いろんな可能性がありうるから、結局よく分からないよね。もうちょっと様子を見てみようか・・・」と言っているうちに、あっという間に人生は終わります。

それならば、分からないなりに仮説を立て、それを検証するために具体的な行動を起こし、勝負をする方がよっぽどいい。

やってみた結果、結局ただの「思い込み」であることが判明したら、またやり直せばいいんです、きっと。
# by dantanno | 2014-05-20 12:03 | Comments(0)

Seat-belts

I seriously think aircraft makers should attach sensors to seat-belts, which will inform cabin crew if any are unfastened, in order to
1. improve passengers' safety, and
2. relieve cabin crew of the need to tell passengers to fasten their seat-belts 20 times on every flight.

If fastening seat-belts is so important (which it is), it shouldn't be left to each passenger's discretion.

Car makers can do it; Fujikyu Highland can do it; so can aircraft makers!
# by dantanno | 2014-05-20 03:27 | 提言・発明 | Comments(0)

蓄電

これ、いいですね。
自動で電気代を節約する蓄電池 シャープが7月に発売
ウチも買おうかしら。



これは、夜間に蓄電した電気を昼間に使いましょう、という製品だと思います。
なぜそういった製品が売り出されるかというと、夜間の電気代 < 昼間の電気代だから。
なぜそうなっているかというと、夜間の電力需要 < 昼間の電力需要だから。

なぜそうなるかというと、多くの人は昼間に活動し、夜は休むから。

こうした人の営みは今後も変わらないだろうから、特に何もしなければ、今後もずっと
夜間の電力需要 < 昼間の電力需要だし、その結果
夜間の電気代 < 昼間の電気代のまま。

それに伴うデメリットは
1. 電力会社は、昼間の電力需要のピーク時に合わせて発電・送電設備を維持しないといけない、
2. (安い電気代を享受しようと)夜間に稼働する工場などが生まれる。そうすると、昼間寝て、夜働く、といういびつな勤務形態の人たちが生まれる
3. 各家庭に蓄電設備を起きましょう、ということになる(蓄電設備があるのと無いのとでは、出来れば無い方がいいに決まっている)



---



多くの家庭がこうした蓄電設備を備えるようになるとどうなるか。

夜間の電力需要が増えます。
また、(夜間に蓄電した電力を昼間に使うので)昼間の電力需要、、、正確に言うと新規発電を要する電力需要が減ります。
そして、一日を通した電力需要の波・ボラティリティーが小さくなり、平準化されます。

そうすれば、上記1.の問題が改善されます。
これは世の中にとってとても大きなプラスだし、電力会社も反原発派の人たちも共に喜ぶでしょう。

また、これに伴って電気代の昼夜間の差が小さくなれば、2.の問題も改善されるかもしれません。

仮に電気代の昼夜間の差がゼロになると、夜間に一生懸命蓄電する意味が無くなり、みな蓄電しなくなってしまうので、元の(今の)状況に後戻りしてしまう、というのもおもしろい。



---


電力の効率を考えたら、
発電 → 使用
の方が
発電 → 蓄電 → 使用
よりもいいはずです。

釣った魚を一晩冷蔵庫に入れておいた上で食べるよりも、漁港で、、、いや、釣り船の上で食べる方がおいしい。

でも、技術革新のおかげで、蓄電に伴うロスがどんどん減ってきたから、こうした製品が生まれることになったのでしょう。
いいことです。

そして、一日を通した電力需要の波・ボラティリティーの縮小・平準化につながる。



---



もっとも、各家庭がそれぞれ個別に蓄電するのがいいのか、あるいは電力会社の方で巨大な蓄電施設(?)を作り、それを使って一括して蓄電し、日中販売することにより、ボラティリティーを縮小させるのがいいのか、どっちなんだろう。

直感的には後者の方が効率的に思えますが、そういった事例を聞いたことがありません。
案外、分散した方が効率がいいのかもしれませんね。
よく分かりません。



将来、電気が音楽や本同様、メールに添付可能になり、通販で買えたり、家族・友人にプレゼント出来るようになる日を楽しみにしている者としては、こういった話題はとても気になります。。。
# by dantanno | 2014-05-09 18:05 | 提言・発明 | Comments(0)

厳戒

オバマ大統領の来日に伴い、すごい厳戒態勢です。

でも、その割には
「いつ、どこの寿司屋に行きまーす」
って事前に開示しちゃうあたりの肩すかし感がすごい。

まあ、厳戒態勢で警備すれば大丈夫でしょう。
# by dantanno | 2014-04-23 19:03 | Comments(0)

虹の女神 "IRIS"

アメリカの大統領にも、三丁目のラーメン屋のオヤジにも、どちらにも平等に24時間が与えられています。

それと同様に、社員が何十万人もいるグローバル企業でも、たった一人でやっている会社でも、「会社名」は一つしかなく、それに込められた想いもまた平等だと思います。



「社名をどうするか」は、会社を興す者が最初に直面する決断の一つではないでしょうか。

余談ですが、起業する際、「いろいろと決める必要がある」ことにまずびっくりしました。

・ 社名をどうするか
・ オフィスをどうするか
・ ロゴをどうするか
・ Webpageをどうするか
・ 宣伝をどうするか
etc., etc.



「こうしたらどうでしょう」
とか、
「Option Aと、Option Bがあります」
とかじゃなくて、

自分が決めないといけない

というのが、なんだか初めての感覚で新鮮でした。
サラリーマン時代、たいした仕事をしていない証拠でもありますが(汗)。



---



名は体を表す (辞書で調べたら、Names and natures often agreeだって)のことば通り、社名をどうするかは結構重要だと思います。

当社の場合、とても大事だったポイントは

・ ハイ・クオリティの、
・ IR通訳で、
・ 日本のIR、日本の通訳界をより良くする


ということで、出来れば会社名でそれを表したかったです。



で、

1. まず、英語でIR Interpreting Services of Japanとし、
2. その頭文字を取って"IRIS"とし、
3. それをカタカナにして「アイリス株式会社」としました。

「日本の」とか「ハイ・クオリティの」がどこかに行っちゃってますが、いいんです、それはで表すので(笑)。



---



"IRIS" → 「アイリス」という社名を決めてからしばらく経ったある日のこと。



通訳をしに出向いたら、企業のIR担当者が実は英語堪能で、僕が通訳しなくてもいいことが判明したミーティング (=ヒマ) の途中、電子辞書で"iris"を調べて遊んでいたら、おもしろい発見をしました。



iris (イリス)は、ギリシャ神話に登場する「虹の女神」の名前だそうです。

d0237270_1755863.jpg


この女神は、神々のことばを人々に伝える使者の役割を担っていて、天空から下界に下りる際、虹を通ったことから「虹の女神」と呼ばれたみたいです。



ステキですよね!ちょっと通訳者みたいですよね!

このことと、開業時にちょうど7人(虹の色の数と同じ)の通訳者が登録してくれたことに、勝手に縁を感じています。



・ ハイ・クオリティの、
・ IR通訳で、
・ 日本のIR、日本の通訳界をより良くする


を目指して、引き続きがんばります。

d0237270_17505585.jpg

# by dantanno | 2014-04-22 17:57 | IRIS | Comments(0)

IR通訳ワークショップでチョコを食べました

仮登録の方々、および社外の方々をお招きし、6人でIR通訳ワークショップをやりました。



オフィスに向かう途中、日比谷を通ったんですが、そこでおいしそうなチョコレート屋さんを見かけました。
通訳者にはレディーが多いし、僕もチョコ大好きなので、ちょっと店を覗いてみると、、、



め、目が飛び出るほど高い!!!




トリュフが10個?15個?ぐらい入った小さな箱が4千円。
オランジット?オランジェット?とかいう、オレンジの皮(?)みたいなのにチョコがコーティング(?)されてるヤツが10本ぐらいで、いくらだったかな、、、3千円ぐらい?
これ、リラ建てですか?って聞きたくなるほど、とにかくビックリするほど高い。



でも、もう店に入っちゃったし、店員さんとも目が合ったりしちゃったから、買わないといけない雰囲気に。

結局、チョコの棒みたいなヤツが一番よさそうだったので、それを買ってみました。

d0237270_18175667.jpg


ワークショップの休憩・雑談タイムの時に冷蔵庫から取り出してみんなで食べてみると・・・

d0237270_18184411.jpg


なにこれマジで超おいしいんですけど




いやあ、さすがに高いだけあって、「こんなうまいチョコがこの世に存在したのか」というぐらいおいしかった。

あっという間に完食。

なんか、箱までおいしそうです。

d0237270_18195360.jpg


あまりにもうますぎて、チョコそのものの写真を撮るのを忘れてしまいました。

また今度もここで買おう。
次はトリュフにチャレンジするかな。。。
# by dantanno | 2014-04-17 18:26 | Comments(0)

サンフランシスコの「ホームレス」: 前編

サンフランシスコには、「ホームレス」がたくさんいます。

ホームレスではなく、あえて「ホームレス」と書いた理由は、その顔ぶれが実に多彩だから。
ホームレスと一口に括ってしまうのに抵抗があります。

「」がうるさいので、以下では外します。



僕がこの街で目にした様々なホームレスは・・・



1. 物乞い派

道ばたに座り、あるいは立ちながら、入れ物にお金を入れることを求めます。
犬や猫などの動物を連れている人も多い。

お金を入れずに通り過ぎると、後ろから"You're a piece of XXXX"と罵声を浴びせるハードなタイプもいれば、「旅行を続けるお金が無くなっちゃったから、カンパお願い♪」と書いた段ボール紙を手に持った若者まで、実に様々。
後者は、どちらかというと物乞いよりもヒッチハイク的なノリでしょうか。あっけらかんとした明るさを感じました。
ここでもまた、物事を一括りにしてしまう危険を感じました。



賢いと思ったのは、スーパーのすぐ外に立っていたおじさん。

"Any change?"
(うっ、、、確かに小銭はある・・・)

さっきレジで受け取った小銭が、まだ手の中に入っています。
いや、なんだったら小銭ではなく、たった今購入したチョコレートをあげたっていいわけです。

実に賢い戦略だと思いました。



2. ウロウロ派

なんだかブツブツ言いながら、街をウロウロ歩き回っています。
酔ってるのか?

お金を入れる入れ物は持っておらず、何かを乞う体制ではありません。



3. 集会派

上記2.ウロウロ派が数人集まり、ウロウロをやめて集会を始めた状態。
会話に耳をこらしますが、何を言っているのか、どうしても分かりません。
多分英語なんだと思いますが。

声は大きいんですが、ケンカしているわけでもなく、和気藹々としています。



4. 自動車派

実際目にすることはありませんでしたが、近年のサンフランシスコ地域の不動産価格+家賃高騰の煽りを受け、クルマでの生活を余儀なくされている人たち。
ホームありといえばあり、レスと言えばレスです。



d0237270_2104397.jpg




なぜ、サンフランシスコにホームレスが多いのか。



1. あったかいから??

今回、シカゴからサンフランシスコに飛んだんですが、(あったかいな・・・)と感じました。
シカゴは寒かった。。

あったかいと、その分ホームレスの人たちにとっては過ごしやすいでしょう。



ちょっと関係無いかもしれませんが、以前訪れたベトナムで、現地を案内してくれた人が
「こっちはあったかいし、果物とかもその辺の木に自然になっちゃうから、あまり働かなくてもいいんですよね(苦笑)」
と言っていたのを思い出しました。

ちなみに、寒いシカゴではホームレスは見かけませんでした。くまなく歩いたわけではないので、正確なところは分かりませんが。



と言いつつ、サンフランシスコも午後以降キリが出てくると結構寒く、ホームレスの人たちの身が案じられました。

キリが立ちこめてくる様子。伝わるでしょうか。
d0237270_292282.jpg


2. 豊かだから?

ホームレスが大井町、じゃなくて多い町は、果たして豊かなのか、貧しいのか、どっちなんだろう。

ホームレスが多い = 貧しい、とも言えるけど、
それだけ多くのホームレスを受け入れ、食わせていくことが出来ている = 豊か、とも言える。



また、豊かだからこそホームレスが生まれる、という面も。

サンフランシスコ地域の平均世帯年収は9万ドル。
全米平均の倍近くだそうです。

その分、不動産価格(分譲も賃貸も)は高い。

その分、ホーム「レス」が増える。

でも、年収が高い人が多いし、みんなきっと結構優しいから、ホームレスにお金をあげる。

ホームレス業が成り立ってしまう。

d0237270_2115722.jpg


ホームレスを一人も見かけなかったシカゴ(くまなく歩いたわけではないので、正確なところは分かりませんが)と、ホームレスだらけのサンフランシスコ。
どっちが豊かで、どっちが貧しいのか、一概には言えないんだなあ、、、と思いました。

<続く>
# by dantanno | 2014-04-14 02:03 | 自戒ネタ | Comments(0)

エイヤ!の世界

直感で考えるのが好きです。

勉強しないのはもったいないけど、勉強して知識・情報が集まることにより判断がゆがめられたり、木を見て森を見ずになることもあるから気をつけないとなあ、と思います。



例によって直感的に
株(equities)と債券(fixed income)の違い
を考えるとどうなるか。

これは、
投資/出資(investment)と融資(loan)の違い
に置き換えてもいいと思います。




株、あるいは出資というのは、0を1にするイメージがあります。

一方、

債券、あるいは融資というのは、100を105にするイメージが。



---



0を1にするのは産みの苦しみで、100を105にするのとは性質が違う。
そういうこともあってか、経営者や証券会社等、株の世界の人たちはどこかエモーショナルで、理屈以外で動く一面があると思うし、そこが魅力的。



---



起業もそういうところがあります。

これまで、自分のおよび周囲の起業に携わって感じるのは、
全てのリスクを潰すことは出来ない
ということ。



例えばカフェをやりたい場合。

d0237270_22274445.jpg


「店が火事で燃えちゃうリスクについてはどうするの?」と言われれば、店の防火・耐火性を高めたり、火の取り扱いを厳重に管理したりすることでリスクをミニマイズ出来るし、火災保険に入ることにより金銭的なリスクをゼロにすることも出来るかもしれない。

でも、
「せっかく開業したのに、お客さんが一人も来なかったらどうするの?」と言われた場合は、「そうならないようにがんばります!」としか言えない。



株や出資も起業も、最後は「エイヤ!」の世界。
直感に頼って勝負するしかない時がある気がします。

d0237270_2223440.jpg

# by dantanno | 2014-04-10 22:23 | Comments(0)

Chance

奥さんが育った街の、公園に遊びに来ました。

d0237270_4193428.jpg


看板を見つけました。

d0237270_4192347.jpg


「公園でやってはいけないこと」ではなく、「公園で行われているさまざまなアクティビティー」が書いてありました。

これが、奥さんが育った街。

d0237270_4192560.jpg


さちがまだ子供のうちに、この街で一定期間を過ごさせ、この視点を身につけるチャンスを与える。

d0237270_4193564.jpg


この視点を気に入るかどうかはさち次第。

気に入れば、きっと手に入るでしょう。

d0237270_4192766.jpg

# by dantanno | 2014-04-06 04:07 | Comments(0)

数字系の概念

必要に迫られて、財務系の用語のおさらいをしています。

NAV
EV/Ebitda
EBIT
Implied value
Time discount
DCF
etc. etc.

d0237270_713063.jpg



こういう用語って、何度勉強してもなんだかよく分からない。
実際にExcelでモデルを作ってみればいいんでしょうね。

不動産の仕事をしていたのに、いまだにImplied cap rateが何をインプライしてるのかがいまいち分からないし、証券会社にいたのに、Tier 1 commonって言われて相変わらずちょっと考える。

単に「頭が悪い」と言えばそれまでですが、それとは別に、どうもこういう見えないものが苦手な気がします。
苦手な上に、なんとなく情熱を感じられないというか。だからこそ苦手なんでしょうか。

いろんな意味でピンと来ません。



一方、、、
特に投資家とかがそうですが、こうした見えないものがとても得意で、それに対して強い情熱を持ち、楽しそうに取り扱う人もいます。



---



自分は「目に見えないコンセプト」が苦手なのだとしたら、
人の想いを訳す通訳という作業は果たして上手に出来るんでしょうか。
謎です。

財務・金融系のコンセプトが苦手なのだとしたら、
それを扱うIRの仕事が出来るんでしょうか。
これも謎です。



---



一つの仮説として、
数字系が得意 VS 言語系が得意
という考え方もあると思います。

d0237270_7112782.jpg


僕は言語系の人間で、だから数字系が苦手なんでしょうか。

実際、その逆に「数字周りがすごく得意な投資家は言語系が苦手」だったりすることがあります。
他言語はもちろん、マイ言語においても自分が言いたいことを分かりやすく表現するのが苦手だったり。

ステレオタイプしてはいけないし、どの国の投資家にもいろんな人がいますが、例えばインドの投資家。

数字周りが超絶得意な上に頭の回転が異常なまでに速く、その一方でコミュニケーション能力がそれほど高くない上に舌足らず、かつなまりがすごいという、通訳者&聞き手、つまり本人以外全員が泣きたくなるケースもあります。



でも、この「数字 VS 言語」という仮説は、あてはまらないこともすごく多い。

自分もそうです。
通訳をしているぐらいだから、言語系はある程度得意なんだとして、その一方で数字系が苦手かというと、必ずしもそうではない。決して得意ではないけど。

確かにNAV discountと言われるとちょっとピンと来ませんが、「全体を100として、そのうちの15」といった考え方はピンと来るし、すごく好きです。
その方が分かりやすいから当たり前か?

思うに、きっと「数字」そのものは苦手ではないんだと思うんです。
また、「見えない」からといって必ずしも苦手なわけでもないと思うんです。

そうじゃなくて、ROICとかNPVといった「数字系の概念」が苦手な気がします。
これについては、引き続き要分析ですね。



---



こうしてブログを書いていると、言葉の世界に戻ってきた心地よさを感じます。
やはり自分はこっちの方が好き。



さて、そろそろ「数字系の概念」の世界に戻ることにします。。。
# by dantanno | 2014-03-31 07:17 | プレミアム通訳者への道 | Comments(0)

通訳用のクリップファイルを新調

買いました!
あこがれのzeitvektor。

こんなステキな箱に入っています。

d0237270_411338.jpg


このもったいぶり。
否が応でも胸が高鳴ります。

d0237270_404127.jpg


ジャーン。

d0237270_405710.jpg


渋い。。

d0237270_411391.jpg


昔、丸善で一目惚れして以来ずっとほしかったんですが、
今度、大きな仕事が入ったので、思い切って買いました。



---



ちなみに、今回はネットで買いました。
ほしかった黒が丸善で品切れだったため。

今回のように、「リアルの店舗でモノを見た上で、ネットで買う」のはあまり好きではありません。
リアルの店舗に申し訳ないし。
この商品の存在を知ったのはリアルの店舗のおかげだし。
みんながそういうことをし出したら、リアルの店舗が無くなっちゃわないか心配だし。

リアルの店舗を応援するためにも、なるべくリアルで見たモノはリアルで買うようにしています。



---



通訳者になってすぐぐらいの時期に買った、プラスチックのクリップファイル。

d0237270_359575.jpg


今までいろんな現場で一緒にがんばってくれました。
# by dantanno | 2014-03-24 04:07 | プレミアム通訳者への道 | Comments(0)

価格戦略

日本の某小売り系企業と、海外投資家との会話。



投資家 「消費税増税の影響は?」
小売り 「3月末までの駆け込み需要と、4月以降の反動減を見込んでいます。」
投資家 「対策は?」
小売り 「3月末までのセールを行い、駆け込み需要を取り込みます。」
投資家 「セールを行うのであれば、4月以降にした方がいいのでは?」

d0237270_5411782.jpg



傍で聞きながら、(ああ、これってランチと似てるな・・・)と思いました。



昔から、ランチが不思議で仕方ありません。

一日の中で最も多くの需要が見込め、お客さんが行列を作るランチ。
あえて、その時間に限って「ランチセット」とか、「ランチタイムは大盛り無料」といった割引をするのはなぜなのか。

エアラインやホテルが、GWだけ割引にするようなものです。



飲食店がなぜランチ割引をするのかを突き詰めて考えると、
「よそがみんなやってるから、ウチもやらざるをえない」
ということになるんでしょうが、果たして本当にそうか。
他の戦略はありあえないのか。

さらに突き詰めれば、いろいろ見えてきそうです。

d0237270_5413456.jpg


価格戦略は、ビジネスの本質を問われるおもしろい分野だと思います。
IRISでも、価格を考え始めると夜も眠れなくなります(笑)。
# by dantanno | 2014-03-22 05:40 | 経営 | Comments(0)

幸不幸

政治家、芸能人、学者、etc. etc.

我々一般人が何年かかっても追いつけなさそうな人が、失言、離婚、何らかのミスをして勝手に転んでくれると、なんだが物事がひっくり返ったような快感を心のどこかで感じる。

でも、実際には何一つひっくり返っていない。
また、自分の幸せは、人の不幸せの中には存在しない。

結局、自分なりの幸せを定義し、それに向かって地道に努力するしかないし、それをすればいい。

その過程で、人の不幸せに同情し、人の幸せを喜ぶことができればなお幸せ、ということなんだろう。
# by dantanno | 2014-03-18 10:42 | Comments(0)

資金調達

知らない番号から携帯に着信が。

「ハイ、丹埜です。」
「丹埜様の携帯のほうでよろしかったでしょうかあ〜♬」
「ハイ、そのほうがよかったです。」
「弊社では、企業様の資金調達のお手伝いをしておりまして、この度ぜひ丹埜様に…」
「多分、今後数年は不要だと思います。」
「分かりました。それでは来月改めてお電話差し上げます。」

4月に再度交渉することになりました。
# by dantanno | 2014-03-17 12:35 | 経営

テーマは?オチは? (後編)

前編はこちら



「テーマは?オチは?」について、元は通訳との絡みで考え始めたわけですが、視点を通訳から拡げてみるとどうなるか。



例えば講演やプレゼンなどの「話」、および本やブログなどの「文章」、その両方について、発信する側は

・テーマ (何について話す/書くのか)
・オチ (要は何を言いたいのか)

事前にもっと明確にしてもいいのではないか。

講演・プレゼンであれば、本番の何日も前に。
本であれば帯で、ブログであればその冒頭で。



---



講演・プレゼン等を聞きに出掛けて行って、(思っていた内容と違った)と、ちょっとガッカリすることってありませんか?
あまり無い気もしますが(汗)、たまにありますよね。

あと、本その他何らかの文章を読んでいて、(要は何が言いたいんだろう。。。)が見えなくなることがあります。

特に英語の文章の場合。
日本語であれば、漢字が「絵」のように目に入ってくるので、文章を読まなくてもある程度意味というか、雰囲気をつかめる気がしますが、英語の文章の場合はそうは行きません。

In a brazen attempt to "bring home the bacon," meat producer Oscar Mayer has come up with an iPhone app that doubles as an alarm clock and gives off the sound and scent of sizzling slices of pig loin and belly.
Yes, that would be your bacon-wakin' wake-up call.
According to news reports, bacon lovers can set the alarm within the app, plug an attachment into the iPhone's headphone jack, then lie back and get a good night's sleep -- until, that is, the sizzling starts and the aroma of bacon wafts from the attachment and across their pillows.



ね?
ちゃんと読まないと、「朝、ベーコンを焼く音と香りでユーザーを起こすアプリが開発されました」という話だって分からないでしょ?

d0237270_974082.jpg



---



「テーマ」については、事前に明確になっていることが多いですね。
講演であれば演題、文章であればそのタイトルで。

でも、「オチ」が事前に明確に示されることはあまり無い。



「オチを事前に・・・」のイメージは、論文等でよくある、冒頭のExecutive Summaryです。

本編に入る前のExecutive Summaryで、
「この論文では、これこれこういう内容のことを論じます」
と要約・宣言してしまう、アレです。

Executive Summaryを見れば、その論文が自分の興味の対象かどうかが事前に分かりますが、それが無いと、論文を一通り読まないと果たして自分がその論文を読むべきか否かが分からない、という矛盾が生じます。



---



講演の前に、あるいは文章の冒頭に
「自分がこれからする話のオチは、要はこういうことです」
と開示してしまうのには、とても勇気がいります。



講演の場合、事前にオチを言ってしまうと出席者が減ってしまうのが心配です。

話を聞きに出掛けて行こうかと迷っていた人の中には、事前にオチを聞いて
(なーんだ、そういう話か。じゃあ、聞きに行かなくていいや)
という人もいるでしょう、きっと。

だからこそ、演題の「これからの日本経済」だけを事前に開示し、他は秘密にしておきたいものです。

僕だって、例えば講演やプレゼンをする際、テーマは明確にしつつも、オチは隠しておきたい、という気持ちがあります。
誰も話を聞きに来てくれないと困るし。



本についても同様。

書店で本を買う場合、
「誰々が、何々について書いた本」
という情報を元に、(一体どんなことが書いてあるんだろう・・・)を楽しみに買うこともあるでしょう。

それが、書店で平積みされている帯に「オチはこうです」と書いてあるのを見て、
(そっか。じゃあ、買わなくていいや)
という人もいるでしょう、きっと。



もちろん、お笑いや「金田一少年の事件簿」のように、最初にオチを開示してしまってはいけないジャンルもありますね。
ここでは、そういったジャンル以外について論じます。



---



聞き手・読み手の立場を考えると、テーマとオチの明確化はいいことです。
期待外れがなくなるから。

話し手・書き手が、当日の出席率や本の売上を上げるために事前情報を出さないのはよくない。
失望を先送りしているだけです。



---



「オチを先に言いたくない」理由は、参加者数/本の売上が落ちるかもしれないから、というだけではないと思います。
発表者としての自分を振り返って考えてみると、、、



自分でも分かっていない

「自分が何を言いたいのか」を自分で分かっていないなんて・・・、そんなことがあるのか?
と思うかもしれませんが、大いにあると思います。

人生においても、「自分は自分の生きたい通りに生きている」ような気がしながら、実は自分が本当に求めている人生はどういうものなのか、深く考えずに生きている人は多いと思います。



認めたくない

(たいしたオチは無い)とか、(自分に出来る話は所詮そのレベル)というのを認めたくない、という気持ちもあると思います。



---



テーマとオチをはっきりさせるメリットは大きい。

1. 振り回される聞き手・読み手を無くせる

2. 話し手・書き手自身のフォーカスを高められる

d0237270_9152762.jpg


僕のブログでも、ときどきテーマとオチを冒頭で明確にする練習をしていこうと思います。
# by dantanno | 2014-03-07 09:15 | 通訳 | Comments(0)

テーマは?オチは? (前編)

<Introduction>

通訳を教える際、学生たちによく聞くこと。

テーマは?
オチは?




テーマ: 何についての発言か。
オチ : 要は何と言っているのか。


を聞いています。

いくつか例を見てみましょう。



<具体例①>

発言: 「カレー大好き!」

テーマ: カレー
オチ: 大好き!


といった感じです。



ほとんどの場合、テーマはいくつか存在し得ます。

カレー

以外にも、

私(発言者)の、カレーに対する思い

でもいいし、

好きな食べ物

もアリだと思います。



テーマ設定は、どこまで詳しく説明するかや、通訳者がその発言をどう解釈したか次第で変わります。



<具体例②>

発言: 日本経済は、長く続いたデフレをようやく脱しようとしている

テーマ: 日本経済
オチ: デフレが終わりつつある

とか。



テーマが複数存在しうるのと同様、オチもいろいろなものがあり得ます。



発言で使われた言葉に忠実に行こうとすると、

オチ: デフレが終わりつつある

とかがいいかもしれませんが、「要は何か」の度合いを高め、発言の本質に迫ると

デフレ→インフレに

とか、

(日本経済は)今後、いい感じ

でもOK。

直訳から意訳に近づく感じでしょうか。
どちらがいい/悪いという話ではなく、単に「いろいろなオチがありうる」ということかと思います。



---



<学生たちの反応>

話し手の発言を聞き終え、(さあ訳そう!)と意気込んでいる学生に対し、

D 「テーマは?オチは?」

と聞くと、学生は一瞬(え?)となることが多い。

そして、「ウーン・・・」と考えた上で答えてくれるわけですが、よくあるのが「オチ」を「テーマ」とする回答。



例えば上記でいくと、

発言: 日本経済は、長く続いたデフレをようやく脱しようとしている

を受けて、

D 「テーマは?」

学生 「デフレが終わろうとしている」

D 「いや、それはオチでしょ。そうじゃなくて、テーマは?」

というやり取りがよく生じます。

単に僕の聞き方、あるいは質問の意味の説明が不十分だからこうなるのかもしれませんが、もしかしたらもっと本質的な意味もあるかもしれません。



---

<なぜ、テーマとオチを考えるのが大事なのか>

その発言が何についてのものなのか

そして、

要は何と言っているのか

を考えた上で訳すのと、それをあまり考えずに訳すのとでは、大きな違いが出ると思います。



通訳者が、発言のテーマとオチを考え、自分なりの仮説をしっかり立てた上で訳すと、訳に背骨がシャンと通る気がします。

d0237270_345331.jpg


一方の、発言者が用いた言葉(の訳)をなんとなくダラダラと羅列しただけのクラゲ的な訳(No offence to jellyfish...)から、

d0237270_351915.jpg


一本筋の通った、聞き手にとって分かりやすい訳に進化する。



なぜそうなるのかというと、テーマとオチを考えるプロセスを経て、通訳者が話し手になり代わり、話し手の気持ちを代弁するようになるからだと思います。

テーマ: 自分は何について話しているのか
オチ: 自分はどう思うのか


ということですから、それをしっかりと考えるプロセスは、通訳者が話し手の心の中に入っていくプロセスに他ならない。

いい通訳は急がば回れで、そういったプロセスを経た訳と、そうでない訳とでは、段違いの差が出ます。



僕の講義期間が終わったら各学生の自由ですが、せめて僕の講義を受けている間は、訳す度にテーマとオチを考えるよう、学生たちに求めています。



(続く)
# by dantanno | 2014-03-03 03:05 | 通訳 | Comments(0)

赤めだか

昔、落語好きの同僚からもらった本。
立川談春の「赤めだか」。

d0237270_2144863.jpg


師匠立川談志との愛憎劇や、前座仲間のドタバタがとてもおもしろい。

おもしろい人生をおもしろく書いた作品だから、おもしろいに決まってる。



ときどきこの本をひもとく度に、自問します。
自分は、

人様に伝えるに値するようなおもしろい人生を生きているか
X
それをおもしろく伝えられるようになるための訓練をしているか




「自分の人生は、人様に伝える価値があるほどおもしろい」
とは、なんともおこがましい気もする。
そして、そういう「おもしろい人生」ではなく、平凡な、ハタから見たらつまらないかもしれないような人生を好んで生きる人もいるだろうし、そういう人たちがおかしいとも全く思わない。



でも、少なくとも自分は「おもしろい人生」を生きたいと心から思っているんだから、そんな自分がそれを目指さないのは、、、いや、これは能力ではなく意志の問題だから、そういう人生を生きていないとしたら、それは人生の無駄だと思う。

今日、おもしろい一日を生きることが出来たか自問しつつ、もし仮に出来ていないようであれば、明日こそ、、、いや、まあせめて来週、いや、来月ぐらいからこそ、おもしろい人生を生きるようにしたいものです。
# by dantanno | 2014-02-28 02:26 | 自戒ネタ | Comments(0)

青木ちゃん

今日は、ひさしぶりに青木ちゃんと飲みに行きました。

上野で集合し、まずは餃子で腹ごしらえ。

その後、伝説の飲み屋「大統領」へ。

d0237270_142980.jpg


ガイジンは多分僕だけ(笑)。

d0237270_153784.jpg


さんざん飲んだあげく、一度行ってみたかった、言問橋近くのバー「ドラス」へ。

d0237270_1111178.jpg


やや辺鄙な(失礼!)場所にあるにもかかわらず、スコッチ、コニャック、そしてシガーの品揃えが超充実の、まさに期待を超えるバーでした。

d0237270_162013.jpg


毎年欧州に遠征に出掛けるマスターの心意気が直に伝わって来て、我々もいい緊張感をもって飲むことが出来ました。

バカ話もし、真面目な仕事話もし、ひさしぶりに心からリラックス出来ました。

次回はKやS-Danなどの悪友も連れて行きたい店です。
# by dantanno | 2014-02-25 01:14 | プライベート | Comments(0)

知るが仏

コカコーラの取り組み
おもしろいと思います。

国と国との対立は、相手のことを「知らない」ことから生まれると思います。



---


・ 韓国人・中国人のことが大嫌いな日本人
・ 日本人のことが大嫌いな韓国人・中国人

は、一体何人、相手国に友人や知り合いがいるのか。



根本的な解決にはならないかもしれませんが、一人でも相手国民の友人・知人を作ることにより、ある国やその国民を心底嫌うことがなんだか無益に感じられるようになるのではないかと思います。

僕はどの国も嫌いではありませんが、韓国・中国の友人・知人がほとんどいないことをもったいなく思うし、これから機会があれば、、、いや、機会を作って(?)ぜひ仲良くなってみたいです。
# by dantanno | 2014-02-13 16:36 | 提言・発明 | Comments(0)

ヒメを迎える準備 その3: 土地

その1: 部屋編はこちら
その2: 育児休暇編はこちら



子供の頃から通っている別荘があります。



いや、それだと語弊が。

「別荘」って言っちゃうと、
♪ 平日の激務から逃れ、軽井沢のログハウスでのんびりリラックスして英気を養う、、、 ♪
的なイメージも伴いますが、我々の「別荘」は千葉県の山。
癒やしではなく、労働の場です。

以下、「自宅ではない場所」という意味で「別荘」という呼称を用います。



---



開墾する親父。
d0237270_1463275.gif


ね?
途端に「別荘感」が失せたでしょう(笑)。



山を一生懸命切り拓いた甲斐あって、スポーツ雑誌Numberで取り上げられました。
隣に写っているのは弟です。
d0237270_151659.jpg

d0237270_1394132.gif


この別荘は、今から何十年も前、親父が日本に来たばかりでまだすごく貧しかった頃に買ったそうです。
子供の頃、オーストラリアの農場で育った親父は、ずっとこういうことをやりたかったみたい。
あと、もしかしたら僕たち兄弟のためという側面もあったのかもしれない。聞いてみたことないけど。



---



最近はあまり行かなくなりましたが、子供の頃はほぼ毎週この別荘に連行されていました。



土曜日の午後、小学校からの下校途中。
(そう、昔は土曜日も学校があったんです、午前中だけ。)

友だちがみんな
「今から誰々の家に集まってファミコンやろうぜ!!」
と楽しそうにはしゃぐのを尻目に、超ボロいワゴン車で労働現場に連れて行かれる僕たち兄弟。。。

(あ、土方ってこんな感じなのかな)と親近感が湧きました。



---



当時はなんじゃこりゃと思うこともありましたが、今となっては親父にとても感謝しています。

この別荘があったこと、そしてここでいつも働いたり遊んだりしたおかげで、いろいろなものを得ました。

d0237270_264283.gif

少しタフになりました。
自然が大好きになりました。
動物を大事にしたいと思うようになりました。

お金持ちではなくても別荘を持てるんだ、と知りました。

山を切り拓き、建物を建てる親父を見て、自分の手でモノを作り上げることを学びました。

ここを「故郷」と思うようになりました。
朝の感じとか、夕暮れ時の感じとか。
ここに来ると安心します。

そして、自分の子供にもこういう場を提供しよう、と決めました。



---



その後、年月を経てIRISを起業し、初年度をがんばりました。
その間奥さんも一生懸命はたらき、倹約してくれて、さちが産まれた日に登記が完了した土地がこちら。

千葉県の太東です。
d0237270_1202636.jpg


夷隅川という、ゆったり流れる川に面しています。
d0237270_119963.jpg


買ったときは草ボウボウだったのを
d0237270_1195850.jpg

開墾しました。
d0237270_119814.jpg


最初、竹藪がすごくて川が全然見えませんでしたが、
d0237270_119731.jpg

ちょっと開墾し、
d0237270_1225925.jpg

もっと開墾し、
d0237270_1231528.jpg

今ではなんとか夷隅川を拝める程度になりました。
d0237270_1323826.jpg


反対側には田んぼが広がり、気持ちいい風が通ります。
d0237270_1191059.jpg


敷地に生える木をいかに残すかや、夏場の蚊(結構すごい)をどう乗り切るか、奥さんとあれこれ考えています。
d0237270_119951.jpg


さち、お礼を言うならおじいちゃんに言いなさい(笑)。

d0237270_305691.jpg

# by dantanno | 2014-02-10 02:14 | 子育て | Comments(0)

仕事と遊びの境を曖昧に

IR通訳の仕事が入りました。
場所は、東京の西の方。

d0237270_91955100.jpg


会議が午後開始なのをこれ幸いに、せっかくだから超早起きしてクルマで出かけて、山登りして、温泉入って、その上で午後から仕事に臨む、という素晴らしいプランを立てました。



---



寝坊。



それでもめげずに西へ。

d0237270_9195066.jpg


ひたすら西へ。

d0237270_9195319.jpg


中央道を上野原インターで下りて、あきる野・檜原方面へ北上。
ちょうど2日前に雪が降ったこともあり、結構雪深い。

d0237270_9203414.jpg


山登りして、温泉入って、、、という予定だったけど、朝家を出るのが遅かったのと、思ったよりも雪深いためにルートを慎重に選び、ゆっくり走ったりしてたのとで、時間が無くなりました。

d0237270_9195394.jpg


しょうがないので、予定変更。
山登りも温泉も無しに。
でも、全く運動しないのもなんなので、クルマで走っていたらたまたま見つけた登山道を、下の川まで下りてみることに。

d0237270_9192150.jpg


これでも一応東京都内です!
都知事の仕事は広範囲に渡るんですね。

d0237270_9191996.jpg


その後、車内で着替え。

d0237270_919234.jpg


大手外国人機関投資家と、日本の一流上場企業の役員間で行われるミーティングに向かう道(笑)。

d0237270_9203037.jpg


午後からの仕事をなんとかこなし、その後ゆっくりドライブしながら家に帰りました。



---



自営業になったら、なるべく仕事と遊びの区別を曖昧にしていきたいなあ、と思っていました。
(その逆を目指した方がいい、という意見の人もいますね。おもしろいテーマです。)



最終的には、自分の行動の大部分を
(これ、遊びでやってるのかな、それとも仕事でやってるのかな・・・)
という感じにしたいです。



そして、それに向けた第一歩、まずは練習として、このように形から入るのもいいと思いました。
一日の中に、仕事と遊びを両方取り入れ、見た目上の境目を曖昧にしてみる。
あるいは、出張に休日をくっつけ、現地で遊んでから帰る。

将来は、仕事をするように真剣に遊び、遊ぶように楽しく仕事をする達人を目指したいです。
# by dantanno | 2014-02-07 09:30 | プライベート | Comments(0)

ダボスとつぼ八

<Executive Summary(当ブログ記事の要旨)>

先月のダボス会議での安倍首相の発言を訳す際、通訳者が使った文言が国際的な波紋を呼んでいます。
日本国内では、通訳者による「誤訳」あるいは「勝手な付け足し」とする批判も起きています。
それに対し、僕が「この通訳者は悪くない」と思う理由を以下で説明します。

目次
1. 本件に関する報道
2. 安倍さんの実際の発言と、その訳は?
3. 通訳に対する批判
4. なぜ僕が「通訳者は悪くない」と思うか
5. 再発防止策

本件の経緯と、その後起きている通訳批判を既にご存じの方は、4.からお読みください。



<1. 本件に関する報道>

Yomiuri Online
ダボス会議報道、安倍首相発言の力点を英紙誤解


Huffington Post
なぜ第一次世界大戦前の英独関係をめぐる安倍首相の発言が、海外メディアの反発を招いているのか


47 News
【ダボス会議の安倍首相発言】 日中のリスク印象付ける  「偶発的衝突」に懸念




<2. 安倍さんの実際の発言と、その訳は?>

Yomiuri Online(読売新聞)の記事によると、安倍さんの実際の発言は:
「日中間で軍事衝突が起きれば、両国にとって大変なダメージになる。
今年は第1次大戦(の勃発)から100年目。
英国とドイツは、戦争前に貿易で相互に関係が深かった。
日本と中国も今、非常に経済的な結びつきが強い。
だからこそ、そうならないよう事態をコントロールすることが大事だ」

だそうです。

一方、Huffington Postの記事によると、菅官房長官曰く、安倍さんの発言は以下の通り:
『今年は第一次世界大戦から100年を迎える年である。当時英独関係は大きな経済関係があったにも関わらず、第一次世界大戦に至ったという歴史的経緯があった。
ご質問のようなことが起こることは、日中双方にとり大きな損失であるのみならず、世界にとり大きな損失になる。このようなことにならないようにしなくてはならない。
中国の経済の発展に伴い、日中の経済関係が拡大している中で、日中間の問題があるときには、相互のコミュニケーションを緊密にすることが必要である。』




どちらが正しいのかよく分かりませんが、いずれにせよ、、、
これを訳す際、通訳者が
"I think we are in the similar situation."
という表現を使ったことが問題になっています。



<3. 通訳に対する批判>

この件に関する日本国内の反応を見ていると、通訳に対する批判が多く見受けられます。
また、通訳を民間委託していた政府(外務省?)に対する批判もなされています。



Blogos
通訳の凡ミスによって波紋広がった安倍首相発言~朝日スクープが事実なら外務省=日本政府の重大なミスだ

産経ニュース
英紙の安倍首相発言報道 通訳の補足説明で誤解!?


同じくBlogos
安倍総理のダボス会議での質疑が誤訳により真意をまげて世界に配信されたが、なんと通訳を民間の会社へ委託したとの事。議員から厳しい批判



「誤訳」、「ミス」と、散々な言われようです。



また、2ちゃんねるのような、一般の人たちが匿名でコメントを書き連ねるようなサイトでも批判が出ています。

上記「誤訳」、「ミス」に加え、多く見受けられたのは

「なんで首相が言っていないことを通訳者が勝手に付け加えているんだ」

といった批判でした。



<4. なぜ僕が「通訳者は悪くない」と思うか>

今回の通訳に対する批判を大きく2グループに分けると、

「誤訳」
「勝手な付け足し」


です。

それに対してまず思うのは、、、



これ、誤訳ですか??
勝手な付け足しですか??




上記2.で引用した「安倍さんが実際に発言した内容」ですが、読売新聞バージョンであれ、Huffington Post(菅官房長官)バージョンであれ、
「第一次世界大戦の頃の英独は、今の日中関係同様、非常に緊密な関係にあった。」
的なことを言っていると思います。

それを訳す際、
"I think we are in the similar situation."
といった表現を用いるのは、「誤訳」でもないし、「勝手な付け足し」でもないと思う。
(なぜ"a"ではなく"the"を用いるのか、というテクニカルな点は置いておいて。)



結果的に、海外のメディアが上記訳を材料に、
「安倍首相、今の日中関係を大戦当時の英独関係になぞらえる!」
と大きく取り上げ、それが国際的な波紋を起こしたのは事実です。

でも、安倍さんの発言がそういった趣旨に基づくものではないことは明らかで、(その訳の全体像が見えないので断言は出来ないのが残念ですが)よほど全体の意味を誤解しない限り、海外メディアが報じたような勘違いは起きないのではないか、と思います。

あくまでも推測ですが、海外メディアは、安倍さんの発言の意図が平和的なものであることは理解したものの、訳の中のワンフレーズに飛びつき、それをセンセーショナルに報道することによってニュースを「作った」のではないか。そんな気がします。

ただ、安倍さんの実際の発言内容と、その訳の全文を見定めないとなんとも言えません。



---



なんとも言えないわけですが、議論を進めるために、仮に、あくまでも仮に、今回通訳者が「誤訳」、あるいは「勝手な付け足し」をしていたとすればどうか、を考えてみます。



まず「誤訳」。

話し手が「1」と言ったのに、「2」と訳してしまう、そういうモロな誤訳は当然よくないので、そういう「誤訳」は置いておいて、ここでは
「話し手の意図はAなのに、通訳者の訳がA'だった」
というようなケースを取り上げます。

A ノットイコール A'
を指して「誤訳」と言うのであれば、まあ確かに誤訳です。

でも、これが通訳です。

通訳は、話し手の発言を機械的に置き換えていく単純作業ではありません。
通訳者によって手法は異なるので一概には言えませんが、おおざっぱに言うと通訳は、話し手の言葉を手がかりに「この人は一体何を言いたいのか、どういう気持ちなのか」を探りに行き、それを別の言語で表現し直す、という遠回りな作業です。

だから、通訳者が人間である以上、通訳者によって話し手の意図をどう解釈し、表現するかが異なるのは当然です。

ある作曲家の作品を弾く際、ピアニストによって解釈や弾き方が異なるのと一緒。



---



一方の「勝手な付け足し」はどうか。

通訳において、通訳者が自身の判断に基づき訳を「付け足す」ことは日常的に行われています。
これは「余計なこと」ではなく、逆に付加価値です。



例えば「つぼ八」。

d0237270_20281266.jpg


日本人が、外国人との会話の中で「つぼ八」と言ったのを訳す場合。
その外国人がよほどの日本通でない限り、"Tsubohachi"と言われても???となるでしょう。

そこで、通訳者が
Tsubohachi, a famous Izakaya chain in Japan
d0237270_20221742.jpg

と「勝手な付け足し」をすることにより、話し手の意図が聞き手に正確に伝わり、コミュニケーションの円滑化に役立ちます。
これは大きな付加価値です。
What's "Izakaya"???という新たな疑問が生まれる可能性も大ですが(笑)。それも付け足して説明すればいいんです(笑)。



ここではあえて単純な例を挙げましたが、もっと高度な通訳になればなるほど、こうした「付け足し」が行われ、それが威力を発揮します。

上記「誤訳」のところで触れた通り、通訳が単純な言葉の置き換えではなく、話し手の想いを別の言語で再表現するプロセスである以上、多少文言を付け加えた方がうまく伝わると判断して付け足したり、「これを訳すとかえって混乱するな・・・」と判断して逆に文言を削ったり、ということが付加価値として行われるわけです。



「そういう編集なんかせず、話し手が言った通りに訳してくれ」
と言われても、そもそもある言語を異言語に変えてしまうほどの大手術をしている中で「言った通りに」訳すなど物理的にあり得ません。

リンゴ → Apple
というレベルであれば確かにあり得ますが、我々通訳者が駆り出されるのはもっともっと高度な発言・会話を訳す必要があるときであり、そういった内容を訳す際、必ず通訳者の解釈を一旦通す必要が出てくるわけです。



---



一つ補足。
批判の中には、「外務省の職員が通訳すべき」というものも多く見受けられました。
これも微妙な問題だと思います。

確かに、首相のこういった内容の発言を訳すのであれば、歴史や外交に詳しい通訳者の方が、そうでない通訳者よりもベターなのは言うまでもありません。

でも、一番適任なのは
「背景知識が豊富な通訳者」
よりも
「通訳が上手な通訳者」
だと思います。

あとは、外務省内で「通訳が上手で、かつ歴史・外交に詳しい通訳者」を抱える必要があるのか無いのか、という話になり、これはいろいろな意見があってしかるべきだと思います。
ただ、民間の通訳会社に外注したことを指して「悪」とするのはやや短絡的な気がします。

皮肉な話ですが、安倍さんがどちらかというとタカ派の政治家であることや、安倍さんが中国という国をどう思っているかを正確に理解している通訳者が訳していたら、その訳は、今回よりもはるかに大きな波紋を国際社会に投げかけていた、そういう可能性だってあるわけです。
結果的にどちらがよかったかは微妙だと思います。



<5. 再発防止策>

・ 元の発言と、その訳の間で齟齬が生じた際のプロトコールを明確にしておく

通訳・翻訳という作業の性質上、どうしても
A ノットイコール A'
ということが発生します。通訳者がどんなに優秀であってもです。

なので、通訳者の訳を聞いて「え?」と思った場合、すぐに大騒ぎを始めてしまうのではなく、まずは元の発言を確認する。
元の発言も「え?」という内容であることが確認できた時点で初めて騒ぎ始めるようにすれば、無駄な騒ぎが無くてすみます。

・ 話し手は、もっとハッキリ意図を説明する

仮に今回誤訳、あるいは通訳者による付け足しに相当するものがあったのであれば、それは
話し手の発言に複数通りの解釈の余地が残っているから
でもあります。

一般的に、政治家の発言は玉虫色のものが多く、通訳者泣かせです。
玉虫色の発言を「ちゃんと」訳そうとすると、通訳者の解釈の出番がいつも以上に増えます。

・ 大事なトピックについて話すのであれば、事前に通訳者とブリーフィングをする

一国の首相が通訳者とブリーフィングなどしていられるか、という向きもあるかもしれませんが、大事な人が大事な話をするからこそ、自分の分身となる通訳者(=大事!)と事前に入念な認識合わせを行う必要があります。
今回、それが十分行われたのかどうか。

・ 火の無いところに煙は立たない

今回これほど大々的に「安倍首相、日中関係を第一次大戦当時の英独関係になぞらえる!」と海外メディアに取り上げられたのは(しかも、実際にはそういうニュアンスのことを言っていないにもかかわらず)、安倍さんがいかにもそういうことを言いそうだと海外メディアが思っているからでもある気が。
で、海外メディアがなぜそう思っているかというと、その背景にはこれまでの安倍さんの言動があるのではないか。

安倍さんのせいにしたいわけではありませんが、誤訳かどうか云々の問題以前に、通訳者一人に責任を押しつけるのはそもそも無理があります。



---



ダボスの通訳者に対する安易な批判は、それが「通訳という作業がいかに高付加価値であるかという事実に対する無知・無関心」に端を発している、という意味で、ダボスの通訳者一人ではなく、我々通訳者全員に対するものと考えるべきです。



そして、後輩として僭越ながら、今回ダボスで通訳を担当した通訳者に対して声を大にして言いたい。

今回、あなたの訳を「ちゃんと」批判するのであれば、以下の条件を全て満たす必要があると思います。
でも、今出ている批判の中で、以下を満たしている批判はきっと1つも無いと思う。

1. 安倍さんの発言と、その訳の正確な全文を手元に用意していること
2. 両者を見比べ、訳の正否を検証する能力を持っていること
3. 通訳、特に高付加価値な通訳が、非常に複雑なプロセスであることを理解していること




だから、今出ているような、こんな浅い批判など気にしなくていいと思います。
ぜひこれからも第一線でがんばってください!!
# by dantanno | 2014-02-03 20:50 | 通訳 | Comments(0)

今日、お客さんを喜ばせる

人様の実力を評価するなんて僭越ですが、通訳エージェントをやっていると、どうしても「通訳者の実力を評価する」必要が出てきます。
ときには、自分よりウデが上の通訳者についても。

では、その際、どういった指標に基づいて判断すればいいのかを考えてみました。


d0237270_9244211.jpg


評価指標1.  通訳が上手かどうか

実際に通訳を聞いてみて、実力を確認する。
これは結構信頼できる方法だと思っています。

一方、この指標の問題点は、

i) 通訳が上手だからといって、優秀な通訳者であるとは限らない
例えば(そんな通訳者はいないと思いますが)必ず案件に遅刻してしまうようであれば、いくら通訳が上手でも「優秀な通訳者」とは言いにくい。

ii) 評価者の主観が入ってしまう
僕を含め通訳者の多くには、自分の好きな通訳スタイルがあると思います。
それに近い訳し方をする通訳者を「優秀」と判断しがちなので、気をつける必要があります。



評価指標2.  過去の経歴

大きな傾向としては、長年やっている通訳者、たくさんの会議で通訳をしてきた通訳者の方が、そうでない通訳者よりも優秀である可能性が高い。
また、例えば「指名客が複数ついている」というのは、長年に渡りいい通訳を続けて来た結果だと思うし、その通訳者は優秀である可能性が高いと思います。

この指標の問題点は、例外もある点。
不思議ですが。

過去の経歴が立派だからといって、通訳が上手とは限らない。
一方、過去の経歴がまっさらなのに、驚くほど通訳が上手な人がいる。こういう人を見つけると、経営者として胸が高鳴ります。



評価指標3.  今日、お客さんを喜ばせられるかどうか

上記1.や2.の問題点を克服する、いい評価指標はないか。
そう悩み続けた結果、最近重視するようになったのがこれです。

今日担当する通訳案件で、お客さんを喜ばせられるかどうか。

ここで言う「お客さん」は、会議参加者およびクライアントを含む広い概念です。



馴染みの指名客でも、初めて会う相手でも構いません。
そのお客さんを、今日、自分の通訳を通して喜ばせることが出来るか。



案件終了後、お客さんから通訳者に対して直接、あるいはエージェントを経由して間接的に、

「あなたが通訳で入ってくれて本当によかった」
「あなたのおかげでミーティングがうまく行った」
「ぜひまたあなたに通訳をお願いしたい」

という声や想いが生まれ、届いているか。



---



IRISでは、登録時は
1. 通訳が上手か
を重視しますが、登録後は
3. 今日、お客さんを喜ばせられるかどうか
を見ています。

そのために昨年、Client Happinessという指標を取り入れました。
お客さんから強いお礼、お褒め、あるいは次の案件での指名が入った数を大事に集計しています。

d0237270_9233169.jpg


今日、自分の通訳を通して、お客さんを喜ばせる。
これこそが通訳の本源的な価値だし、通訳者にとっての本源的な喜びではないかと思っています。
# by dantanno | 2014-01-31 09:23 | プレミアム通訳者への道 | Comments(0)

「アマゾン、消費者の注文前に発送する特許を取得」を翻訳チェックしてみる

すごいですね。。。
アマゾン、消費者の注文前に発送する特許を取得

先日の無人機による配送の話もビックリしましたが。

「なるべく早く届ける」を突き詰めて考えると「注文前に発送する」につながるのか。
通訳で言えば、スピーカーが発言する前に訳しちゃう、といったところでしょうか。



---



記事の内容はすごいですが、訳文は微妙だと感じました。

日本は、こうした情報を
・ ワンテンポ遅れで、
・ 不十分な訳で、
・ 高コストで(翻訳する分)
しか入手できない、というデメリットがあります。
そうしたデメリットをミニマイズするためにも、我々訳者はがんばる必要があると思います。



---



最近、通訳・翻訳に加え、翻訳チェックの仕事もよくやっています。
この記事の訳を直せと言われたら、以下3点を直すと思います。



---


1. You

>アマゾン・ドット・コムは、あなたをあまりにもよく知っているので、次の品物をあなたが注文する前に発送したいと望んでいる――。

youって、訳すとどうしても「あなた」になっちゃうんですね。
別に訳さなくていいし、訳すにしても、他の表現に言い換えてもいいときもいっぱいあると思いますが。



(Smoking) can harm your health
は、
「あなたの健康を害する恐れがあります」
でもいいけど、
「健康を害する恐れがあります」
でもいい。

つまり、youなんて訳さなくていい。



上記
>アマゾン・ドット・コムは、あなたをあまりにもよく知っているので、次の品物をあなたが注文する前に発送したいと望んでいる――。
におけるyouの場合は、まるっきり訳さないのではなく、「あなた」 → 「顧客」 に置き換えて訳すといいと思う。



---



2. 直訳を避ける

>顧客が「購入」をクリックする前でさえ品物を配送し始める手法だ。

even before ~を無理矢理訳そうとすると、「~の前でさえ」になるのか、と納得。
これ、訳さなくていいかも。
顧客が「購入」をクリックする前に品物を配送し始める手法だ。



間違った訳よりも多く見受けられるのが、無駄な訳

原文の無駄を訳すのは無駄な訳につながるし、
even beforeのように、原文では立派にmake senseしているのに、無理矢理日本語に加工しちゃうとワケが分からなくなってしまうものも、無駄(有害?)な訳につながります。



3. キーワード

この記事のキーワードは何か。
つまり、記事の内容を一言で伝えるとしたら、どのフレーズがそれか。

僕は、訳文中に複数回登場する
「予期的な配送」
だと思います。

こういうキーワードの訳は、当然訳のプロセスの中で最も大事で、最も気を遣う必要があります。
この場合であれば、例えば
「見込み配送」
の方がしっくり来ます、僕にとっては。



---



僕がこの訳に対し賛否両論あるように、僕の上記コメントに対しても賛否両論あるでしょう。

翻訳チェックの作業で最も大事になるのは、こうした賛否両論、特に「否」の部分について、
1. 本質的な批判・修正と、
2. 単に翻訳チェックをする者の個人的な趣味に基づく批判・修正
とを見分けることだと思います。

2.については、いくらでも論うことが出来ますが、いずれも非本質的。
1.に絞った本質的な翻訳チェックを行うようにしたいものです。
# by dantanno | 2014-01-21 13:03 | プライベート | Comments(0)

事業を見直す好機

開業から2年がたちました。
事業を見直すいい機会だと思います。



今週いっぱいかけて、以下の作業を行います。

1. 開業前に思っていたこと、言っていたこと、立てていた仮説を確認

2. その内、どれが正しかったのか、どれが間違っていたのかを考える。
   当時、「やってみなきゃ分からないだろ」と思った点もありました。
   それについて、実際にやってみた結果、どう思うのか。

3. 上記を踏まえ、今後どうしていくのかを決める




今日が作業の初日。
d0237270_1414251.jpg


再来週、IRIS通訳者とのマネジメント・ミーティングをセットしたので、それまでに考えをまとめないといけません。
こうして締め切りを設けないとダメみたいです、僕は。



上記1.の
「開業前に思っていたこと、言っていたこと、立てていた仮説を確認」
に関連し、押し入れの奥からゴソゴソ引っ張り出してきたのがこれ。

開業前に考えた内容。

d0237270_1404363.jpg


うんざりします(爆)。

でもとても楽しいです。
がんばります。



今日のさち

d0237270_1402359.jpg

# by dantanno | 2014-01-19 14:06 | 経営 | Comments(0)