たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アカパカーフィください!

脳研究者の池谷裕二氏が書いた本を読みました。

日本人が英語を話す際、例えばニューヨークのカフェでコーヒーを飲みたいとして、どうしても
”A cup of coffee”を
「ア・カップ・オブ・コーヒー」と言ってしまいがちなわけですが、それをね、もういっそのこと
「アカパカーフィ」って言っちゃえばいい、むしろその方が通じる!っていう本です、簡単に言うと。

著者自身が留学時代、大変な想いをした経験が本書の元になっていて、実におもしろい。

ーーー

アカパカーフィ以外にもいくつか例を紹介しますね。

I have to do my best.
× アイ・ハフ・トゥー・ドゥー・マイ・ベスト。
◎ アイハフタドゥマイベスッ。

Can you take our picture?
× キャン・ユー・テイク・アワ・ピクチャー?
◎ ケニュテイカワペクチョ?

I got it!
× アイ・ゴット・イット!
◎ アイガーレッ!

一事が万事、この調子。

ーーー

著者がこの本で言っていることは、別にそんなに「新しい」ことではありません。
昔、What time is it now? → 掘った芋いじるな?が流行った時期があったのを覚えている方もいるかもしれません。あれと同じ考え方ですよね。

でも著者が称賛に値するのは、そこに法則性を見出している、という点です。

単に「よく使う英語のフレーズをいくつか持って来て、それらを著者提唱の「カタカナ読み」つまりアカパカーフィ読みした場合どうなるか」を列挙しているだけでもおもしろいんだけど、それだけじゃないんですよ。その裏にある普遍的な法則をいくつか見出し、まとめている点がすばらしい。やっぱり頭いいんですね。

一見それぞれ個別に存在する現象の、その裏にある共通の法則性を見出す、というプロセスは、我々通訳者が行う「ことばの抽象化・概念化」と似ていて、それが上手に出来る人に憧れを感じます。会議の場で、ある人が話した内容が一見○△×と個別バラバラだとしても、それらに共通する点や、それらが向かっている方向を察知し「要はこういうことですよね」を瞬時に見抜き、それを訳の背骨に位置付けた上で訳の構成を考えられる通訳者がたまにいて、そういう通訳を聞いているとすごく意思を感じるし、会議参加者にとってもありがたい存在だろうなあ、と思います。話が逸れました。

ーーー

この本を読んで、僕の感情は
1.(笑)
2.驚き
3.怒り
と三段階で推移しました。

1.最初のリアクションは爆笑でした。著者提唱のカタカナ英語(すなわちアカパカーフィ)がいちいちおかしくて、笑いっぱなし。

2.次に来たのが「でも、確かにアカパカーフィの方が通じる!」という驚きです。実際、この本に書いてあるいろいろなフレーズを口にし、自分の中のスイッチを「外国人」側にして聞いてみると、確かにそっちの方が分かりやすい、というものばかりなんです。

3.怒り。なんで日本の学校では「ア・カップ・オブ・コーヒー」と発音するように教えるんだ!。
言い方を変えると、なんで"A cup of coffee"という英語を(実際の発音方法とかけ離れた)「ア・カップ・オブ・コーヒー」というカタカナに落とし込もう、と決めたのか!

ーーー

この本が指摘しているのは、ローマ字表記の弊害なんですよね、要するに。

Coffeeという英語をカタカナにする際、2つやり方があって、

1.「カーフィ」: 外国人がCoffeeと言う際、実際にどのような発音をしているかを聞き、それを一番近いカタカナに落とし込む方法

2.「コーヒー」: 本場の外国人がCoffeeをどのように発音しているかなんてどうだっていいから、Coffeeという表記を、ローマ字表記のルールに従ってカタカナに落とし込む方法

どう考えても1.の方がいいのに決まってるのに、なんで2.のやり方でやってるんですかね。100年ぐらい前にどこかの会議室で専門家のおじいちゃんたちが決めたルールなんでしょうが、なんでそんなヘンなルールにしたのかをあれこれ考えていてもしょうがないので、この本に書いてある法則に従い、一刻も早く「カーフィ」的な発音に移行した方がいいと思います、日本の人たちは。

実際、日本企業のマネジメントの方々と一緒にIRで海外に行って、その人たちがレストランでがんばって自分で英語で注文するケースもあるんですよ。いいな、すばらしいな、と思って眺めていると、せっかくちゃんと「コーヒー」とか言ってるのに店員さんが???みたいになることが結構あって、これってやっぱり(英語から)カタカナへの落とし込み方がおかしいんだろうなあ、、、と漠然と感じていたところに本書に行き当たったものですから、非常にうれしかった。

ーーー

本書後半の、
バイリンガルの人の頭の中がどうなっているかとか、
日本人の英語下手は関税以上の効果がある、とか、
ことばは外的やり取りだけでなく「内的思考のツールでもある」、
といったセクションも非常に興味深い。

ことばに興味ある人におすすめです。

d0237270_00235446.jpg

by dantanno | 2016-11-21 01:16 | プレミアム通訳者への道 | Comments(0)

買い物のヒット率

洋服とか、家電とか、本とか。

何かモノを買って、それが「買ってよかった♪」となるか、「買わなきゃよかった・・・」となるか、そのヒット率すなわち打率は何割ぐらいか。その打率は、世間一般では大体何割ぐらいで、自分に限って言うと何割ぐらいか。

あまり考えてみたことが無かったが、いざ考えてみると、打率はそんなに高くはないだろう、と思う。こと自分に限っては、それほど深く考えずにモノを買うことも多いし、ネットで、実際のモノを手に取らずに買うこともある。本などは、その性質上、中身をよく知らずに買うことになる。それらの背景を総合すると、買い物の全部が全部「買ってよかった♪」となるはずがない。打率は結構低いはずだ。


d0237270_15580575.jpg


自分の「買い物打率」を、仮に3割程度とする。一流の野球選手の打率だってそれぐらいなわけで、自分の買い物打率はそれを超えないだろう、というのは妥当な線のような気がする。

では、自分がそうやって買ったいろいろなモノを「捨てる」割合はどれくらいか?
洋服、家電、本を計10個買ったとして、その内どれくらいを比較的早いタイミングで捨てているか。損切りしているか。

ちなみにここで言う「捨てる」は、寿命が来たから捨てるとか、壊れたから捨てるとか、あるいは引っ越しとか年末の大掃除のタイミングで思い切って捨てる、といった捨て方は含めていない。そうではなくて、買い物をした後、比較的早いタイミングで「これは失敗だった」という認識のもと、損切りの気持ちで捨てるという、そういった「捨てる」を指している。

---

買い物の「打率」が仮に3割だとすると、残りの7割は「失敗」ということになる。そして、その買い物が「失敗」だったことに、我々は実は結構早いタイミングで気付いているはずだ(気付こうとしていれば、の話だが)。と考えると、買ったモノの約7割を、買った後比較的早いタイミングで損切りをして捨てていてもおかしくない。でも、実際はそんなに捨てていない。自分の場合、7割どころか3割も、、、いや、1割も損切り的な捨て方をしていない気がする。しかし、冒頭で論じた自分の「買い物の打率の低さ」を考慮すると、買ったモノの内7割とか、かなり高い割合のモノを損切り的に捨てているべきというか、はずであって、それをしていないのはおかしい、ということになる。
なぜ損切り的に捨てていないのか。

<買い物が失敗だった、と認めたくない>
心のどこかで「この買い物は失敗だった」と分かっているのに、それを認めたくない。認めてしまうと、失敗だったという事実に向き合わないといけなくなり、自分を否定することになる(ような気がする)から。実際は買い物の失敗=自分の否定、みたいに結びつける必要なんて全然無いんですけどね。

<考えたことが無い>
自分の買い物の打率が結構低い、という事実に気付いていない。っていうか、今まで考えたことが無い。

<「反・断捨離」的思考>
「捨てるのがもったいない」とか「いつか使うかも」とか「誰かにあげたら喜ばれるかもしれないから一応取っておく」といった、通常の「反・断捨離」的なものの考え方

とりあえず思い付いたのは上記3つだが、いずれも自分にしっかりとあてはまっていると思う。

ーーー

買い物もそうだし、人生もそうだが、「やってみなきゃ分からない」という面がある。買い物の例で言えば、実際にそのモノを買ってみて、手に取ったり、家に置いて眺めてみたり、日常的に使ってみたりして初めて「自分にはこれは要らない」とか「これは自分に合っていない」、そして「自分がほしいのはこれではなく、○○だ!」と気付くこともたくさんある。だから、「やってみる」ことは悪いことではなく、むしろいいこと。そして、挑戦に失敗はつきもの。つきなみな言葉だが、失敗していないということは挑戦していないことの表れでもある。

だからこそ、まずは自分の打率の低さを自覚した上で、その買い物が果たして自分にとって成功だったのか失敗だったのかを冷静に吟味して、失敗だったと判断したなら潔く損切りをし、前に進む、そういうやり方をしていこうと思った。買い物においても、人生においても。

by dantanno | 2016-11-07 16:00 | プライベート | Comments(0)

「どうしても理解出来ない」という気持ちを大事にする(と、たまにいいこともある)

世の中の仕組みとか、もののあり方について、個人的に
「どうしても理解出来ない、納得が行かない」
ことってあるじゃないですか、たまに。
なんでそうなってるのかがどうしても分からない、みたいなとき。

そういうときって、大体の場合、理解出来ない自分の方が悪いというか、いい/悪いの問題ではないのかもしれないけど、要は自分がおかしいわけです。僕が何かを理解出来なかったり納得出来ない場合、ほとんどのケースにおいては何かしら僕の知識・視点・経験が欠けているから「おかしい」と思い込んでいるだけで、実はおかしいのは自分だったりします。



けど、ごくごくたまにその「理解出来ない、納得出来ない」という気持ちが正しかったことが判明することがあります。正しかったっていうほどではないんですけど、完全に間違っていたわけではなかった、と気付くこともある、という感じですね。ささやかな事例をあげて、その話をしたいです、今日は。



ーーー



カーナビの画面。
昔からずっと「なんで横長なの?縦長になればいいのに」と願ってきました。

(2011年10月に書いた記事)


その後、まずTeslaがやってくれて、


d0237270_01463940.jpeg



今日ネットを見ていたら、なんとあのトヨタも!


d0237270_01384251.jpg


サイコーにうれしいです。



何かの事象について、自分の頭でどんなに一生懸命考えても「今、そうなっている理由」が思い付かず、人に尋ねてみてもどこからも納得の行く回答が得られず、その後何年もしっくり来ないという、そういう寂しい状態がずっと続く問題が僕の中で複数存在していて、その内容は実にしょうもない話から結構本質的な話までいろいろあって、横長のカーナビもそんな問題の一つだったわけですが、そういう問題って、その後解決されることもあるんだな、と勇気づけられました。

もう一つ、この話が僕にもたらす効果として「お前は意外とフツーなんだよ」という、僕的にはそれほどありがたくない(でもある意味安心する)メッセージの発信、という面もあります。縦長のカーナビを希望しているのがこの世で僕一人であれば、きっとカーナビはずっと横長のままのはずです。僕以外にも「縦長の方がいいじゃん」と思う人が複数いるからこそ縦長のカーナビが生まれるわけで、そう考えると僕の発想は決してそんなに突飛でエキセントリックではなく、意外とフツーである、ということになります。僕のように、自分が変わった人間であることを誇り(?)に思っている人からすると、実は結構フツーだったというのは正直ガッカリな面もあるんですが、その一方でちょっとうれしいというか、安心するところもあります。



このカーナビ云々の話はとても小さな話です。カーナビの画面については、それが縦長になったとしても、僕はTeslaあるいはプリウスの一ユーザーとしてのメリットを享受するだけです(あと、横長はおかしいとずっと思い続けていた自分が100%間違っていたわけではない、と気付かせてもらえるのがちょっとうれしい。)

でも、人生や仕事のもっと本質的なところで、自分自身の「これは理解出来ない、納得出来ない」という気持ちにずっと固執し続け、考え続ければ、とても大きな花が開くこともありうることを示唆している、そんな出来事のような気がします。


d0237270_01412644.jpeg

by dantanno | 2016-11-03 01:42 | 提言・発明 | Comments(0)