たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

集中と緊張とリラックス

村上龍氏の「無趣味のすすめ -拡大決定版」を読みました。
d0237270_21404594.jpg

エッセー集です。


表題作の「無趣味のすすめ」は、わずか2ページの短い作品。
でも、タイトルに選ばれるだけあって、とってもPowerful。

読む人によっていろいろな解釈が出来ると思った。
僕がポイントと感じたのは、以下のくだり。

--
「趣味」は  <中略>  考え方や生き方をリアルに考え直し、ときには変えてしまうというようなものではない。
だから趣味の世界には、自分を脅かすものがない代わりに、人生を揺るがすような出会いも発見もない。
心を震わせ、精神をエクスパンドするような、失望も歓喜も興奮もない。
真の達成感や充実感は、多大なコストとリスクと危機感を伴った作業の中にあり、常に失意や絶望と隣り合わせに存在している。

つまり、それらはわたしたちの「仕事」の中にしかない。
--



ほんと好きだわー。
僕は、この人の本(小説以外)や、考え方が大好きです。

文体は、いたってシンプル。
難しい表現でごまかさず、「思ったこと」それ自体で勝負している潔さが心地いい。
あと、とっても男らしい文章のような気がするんです。そういうところも好きです。

僕は、物書きとしては、まだそれこそ「趣味」でブログを書いている程度ですが、
姿勢はこの人を真似ようと思います。まず形から入らないとね。
d0237270_2157539.jpg





この本に収録されている別のエッセーで、「集中と緊張とリラックス」という作品があります。
その冒頭で、氏はこう言っています。

--
集中と緊張はまったく別のものだ。
わたしたちは、緊張しているときには何かに集中できない。
それはフィジカルな緊張でも、メンタルな緊張でも同様  <略>。
リラックスしているからこそ、 <中略> 集中できる。
--

これを読んで、日頃通訳において意識していることを思い出しました。
それは、「緊張しない」ということ。


通訳案件の直前って、緊張しますよね?

大事な案件
失敗しちゃいけない案件
自分の能力をフルに出し切らないといけない案件
ほど、緊張しますよね、皮肉なことに。

その緊張が、通訳Performanceに与える影響は、果たしてPositiveか、negativeか。
d0237270_21471053.jpg


「適度な緊張」は、「適度」というぐらいだから、Positiveなんでしょう。
d0237270_21465462.jpg

でも、氏が言うような「集中力を欠くほどの緊張」はどうか。Negativeでしょうね。

本番前の、通訳者の緊張は、
手術前の、医者の緊張や、
離陸前の、パイロットの緊張と同じぐらい、
観客を緊張させる。

観客の緊張は、もちろん観客のためにならないし、しかも、通訳者をさらに緊張させる。



この緊張というやっかいな問題を、
「仕方がないこと」としてあきらめない。


なぜ緊張するのか、を徹底的に科学し、取り除く努力をしたら、緊張しなくなりました。
「努力」と言っても、毎日何時間かけて修行した、とかそういう話ではなく、単に意識を変えてみただけ。

今でも、緊張をゼロには出来ません。
手は汗ばんだりします。
でも、脳の緊張はほとんど無いと思います。


緊張しなくなったら、通訳Performanceが改善しました。

みなさんもぜひどうぞ♪

<IRIS通訳者のみなさん、前回の勉強会でShareしたやつです。みんなもやってみてね。>
by dantanno | 2011-09-29 21:51 | 通訳 | Comments(0)

明日に向かってお引越

今日、仕事を終えてから、引越の契約をしてきました。
今度引っ越します。

今回の引越、テーマがいくつかあるんですが、
メインテーマは、ズバリ「家賃を下げる」こと。
d0237270_032598.jpg


って書くと、なんだか後ろ向きですが、幸い気に入った物件を見つけることが出来ました。


IRIS起業に向け、月々のランニングコストを下げたい。
それは、「仕事を断れるようにするため」。

詳しく話すと長くなってウザいので、簡単に書きます。

要は、、、
月々の生活のランニングコストが高いと、
「喉から手が出るほど引き受けたいけど、引き受けるべきではない仕事」

を、引き受けてしまう誘惑に負けるのが、目に見えるからです。
d0237270_0324676.jpg


例えば、、、
自信を持って送り出せるIRIS通訳者がみんな出払っているときに来た仕事の依頼

とか。


<書き足し>
あと、「やりたくない仕事」も断れるようにしておきたい。




僕は、引越が大好きです。
d0237270_0331554.jpg

「大掃除するなら引っ越したい」
と思うぐらい。

それに対し奥さんは、別に引越キライではないけれど、僕よりは
「ひとところでゆっくりしたい」
と思う人。

今住んでいるマンションに越してきてから、まだそれほど経っておらず、
奥さんに引越のインセンティブはありません。

しかも、今回の引越で、彼女の通勤時の乗り換えが増え、通勤時間が結構のびてしまいます。

それなのに、僕の考えを理解してくれ、イヤな顔ひとつしませんでした。



この前、新しい家を初めて見に行ったとき、
一生懸命、家のいいところを見つけてくれていました。

ありがとうね。
将来、ラクさせます!
d0237270_0252079.jpg

by dantanno | 2011-09-28 00:34 | プライベート | Comments(0)

IR通訳、百花繚乱! その3: 「心ここにあらず」型

続きです。


1. 初めまして 型
2. Update 型


3. 心ここにあらず 型

投資家がある会社(A社としましょう)について知りたいとき。
まずは、A社を訪問し、IRミーティングをします。

もっと知りたい場合は、例えば証券会社のアナリストと会って、
A社、およびA社が属する業界について、話を聞きます。

もっと知りたい場合。
多面的な理解を得たい場合。

もし、みなさんが投資家だったらどうしますか?

一つの手は、A社の
・競合
・顧客
・仕入れ先(Supplier)
等、A社の関係者に会うことです。

こういうの、なんて言うんでしたっけ。
「周辺取材」でしたっけ、「間接取材」でしたっけ。

これをやると、A社について、非常に多面的な理解を得ることが出来ます。

例えば、A社が
A 「今、ウチの業界は絶好調ですよ!」

と言っていても、同業のB社が
B 「いやあ、全然あきまへんわ~」
と言っていたら、アレ?ってなりますよね。

あるいは、A社が
A 「今期は、顧客であるC社向けに1000億円売り上げる!」

と息巻いていても、そのC社が
C 「今期はコスト削減で、A社からは500億円分しか買えません」

と言っていたら、A社はほんとに目標達成できるのかな?となります。

とても有効な取材方法でしょ?



問題は、例えば同業のB社を訪問したときに、

投資家 「御社には全く興味ありません。A社に興味があるんです。だから、A社について教えてください」
とは言えない、ということです。

そんなことを言ったら、B社は気を悪くしてしまいます。

そこで、
1. B社に興味があるフリをしつつ、
2. さりげなく業界全体の話に移行し、
3. 「そう言えば、競合のA社だけど・・・」と、
うまく話を持って行く必要があります。


恋愛と似てますね。
Aちゃんが好きなんだけど、いきなりAちゃんに告白する勇気はないから、
まずはAちゃんの親友のBちゃんと友達になって、
「ねえねえ、Aちゃんってどうなの?」
みたいな感じですかね。
(こう書くと、ちょっとキモい。。。

投資家のKYぶりが試される瞬間です。
訳している方もハラハラします。

(うまいことやってくださいよ・・)


4. ピンポイント 型
5. 企業側から 型
6. やむを得ず 型
7. 見学ツアー 型
8. あら探し 型
9. 話せば分かる 型
10. マクロ 型
11. ケンカしようぜ 型
12. Back-seat driver 型
13. セルフサービス 型

by dantanno | 2011-09-27 07:15 | IR通訳 | Comments(0)

「日本のセキュリティ神話、崩壊す!」 の巻: その3

その1
その2

(前回までのあらすじ)

都内の、厳重警備のオフィスビル。

ビルを退出する際、入館カードに、
・訪問先企業の担当者名・サイン
はちゃんともらったものの、
・自分の会社名・氏名

は書かずに警備員さんに渡した僕。

案の定、警備員さんに呼び止められました。


d0237270_4123795.jpg

ドキドキドキ。。
犯罪を犯して捕まるときって、こういう気持ちなんでしょうね、きっと。
ちょっと、脂汗なぞかいたかもしれません。

D  「は、はい、何ですか(汗)?」
警備員さん 「あのー、こちらに会社名とお名前をお願いできますか?」

やっぱりそう来たか。。。

ここで、

D 「あ、はい、すいませーん♪」


と素直に従っておけば、まだ「世間様のこちら側」にいることが出来たんでしょうね、僕も。
でも、この「曲がってしまった心」が、それを許さない。素直になれなかった自分。。。。。
そんな僕が取った行動とは・・・。

会社名: ABC      様
お名前: DEF      様

・・・・・。
ペンを持つ手が震えていた気がしますね、確か。
日本の安全保障に対する冒涜的挑戦です。


今にして思えば、僕の精一杯の、痛烈な皮肉を込めた、愛のメッセージです。
「こんな無意味なセキュリティ、一度考え直しませんか?」という。。。

1. 「会社名・氏名」なんて、どうせ何を書いても通すのであれば、そもそも書かせる意味が無い
2. もしちゃんとやるなら、身分証明書と照らし合わさないと。だったら、初めから身分証明書を見せろ、の方がマシか?
3. ちなみに、どんな会社・氏名だったら、確認後、退出させないのか
4. ビルに「入りたい」という人を止めるのは分かるけど、ビルから「出たい」と言っている人を止めるのは、はたして有効な「セキュリティ」なのか
オマケ:  そもそも、警察官でもない人が、ビルから「出たい」と言っている人を、「ダメ」と拘束することは、法的に可能なのか?

そんな、むなしい心の叫びがこだまします。


その、偽社名+偽名を書いた入館カードを、恐る恐る警備員さんに手渡しました。

もはや、ビルを出るとか、出ないとか、そんなミクロな問題ではありません。

プライドの問題です。
今晩、ここのロビーに泊まってもいい。
多少の犠牲を払ってでも、主張したい「想い」が、ここにある。
d0237270_4203894.jpg


入館カードを手渡した後、固唾を呑み、警備員さんの表情を伺います。

バレたか?

自首するなら、まだ間に合うのか?
出頭するとしたら、やはり「防災センター」に行くのがベストか?
容疑は?
拘留先は?
刑期は?

そんなことに想いを巡らせている僕に、警備員さんから一言。

「あの、すいません、、、、、、、、」


来た!来た!来た!
これは本当にまずい!怒られる!
会社名「ABC」、お名前「DEF」は、さすがにまずい!
前科?









警備員さん  「一応、フルネームでお願いできますか?」


<続く>
by dantanno | 2011-09-26 03:54 | IR通訳 | Comments(1)

サンマ・パーティー

連休中日は、サンマ・パーティー

奥さんの、大学時代の友達を招きました。
d0237270_2281644.jpg


会場は、
「この家は、これが決め手で選んだ」
といっても過言ではない、屋上のテラス。
d0237270_238894.jpg

(決め手だったわりには、あんま使わないんですよね-。)


準備をして
d0237270_2335634.jpg

主役のサンマを焼き始めます。

僕はPyromaniacなところがあって(辞書で調べてみてね)、
火が超超超超超大好き。053.gif
これまでに二度ほど、家を燃やしかけています。(ひとんちじゃないですよ!燃やしかけたのは自分ちです、あくまでも)


油が乗ってるのはいいけど、もはや燃料と化したサンマ。
d0237270_2285162.jpg

よく燃えるので、実に楽しい♪

今日は珍しく、飲んでも寝ませんでした。
d0237270_2323150.jpg

寒くなってきたので、場所を家の中に移して2次会。

水槽を見て、喜んでくれました。
ちょうど、テナント様(魚)が多い状態でよかった。
d0237270_2383528.jpg


みんなが、大学時代の旅行の写真を見て屈託無く笑う姿を見て、
D (自分も、大学時代の友達をちゃんと作ればよかったなあ・・・)

と、つくづく思いました。


大学入学当初。

附属高校上がりの僕たちからすると、
入学して間もない外部生(大学から入った人ね)は、
自分たち内部生と雰囲気が違うし、
なんだか垢抜けない感じがしたものです。
そりゃそうですよね、さっきまで受験一色だったんだから。
でも、こっちだって、人のことを「垢抜けない」と嗤うほど垢抜けてたわけじゃないんですが、決して。


D (フン、外部生なんかと混じってられるかよ)
d0237270_2274332.jpg
って感じでした、最初は。

しかも、外部生たちがまだ手探り状態で、友達作りをしている間、
内部生たちは既に一大勢力を成していて、
内部生同士で群れているのが、当初は非常に心地よかったんですよね。

おごる平家は久しからず
Pride goes before a fall


徐々にサークルの集団等が形成されていくにつれて、
外部生たちが勢いづいていきます。
オシャレとか、遊びに慣れてきて、
友達も増えてきて、勝手が分かってきます。

高校上がりの内部生の中にも、この時期にうまく移行・同化を行い、
外部生たちと仲良くし始める者も出てきます。

そんな内部生を、「あいつ、外部生と仲良くしてるぜ」と、
羨望も大いに混じった、やっかみのまなざしで眺めていたものです。


気付いたら、特にサークルに属さず、
授業もほとんど出ず、もちろん体育会系などに属さず、
3年生からのゼミもちゃんとやらず。

5年間も大学に通ったにもかかわらず、
「大学時代に出来た友人」というのが、限りなくゼロに近い。
(「昔から仲がよくて、大学時代にさらに友情が深まった友人」はいるけどね)


実にもったいない。

今日の、奥さんとその友人たちの楽しそうな様子が、
とってもまぶしく見えます。
d0237270_2522894.jpg



で、どうするか。
いつまでも嘆いていても、しょうがありません。

1.新しい友達を、どんどん作る。


先日のWeddingのスタッフとか、
この日飲んだ友達とか。
新しい友達をどんどん作ろう。

「友達を作らなかった」ことを嘆くヒマがあったら、
新しい友達を作ればいい。

「昔からの友人」もかけがえが無いけど、
「大人になってからの友人」も、案外悪くないものです。
そして、おじいちゃん・おばあちゃんになっちゃえば、どっちも「昔からの友人」。
d0237270_2473345.jpg


そうそう、、、
IRISの仲間たちについても、新しい友達って言えると思う。
もっとも、IRISのみんなとの距離感については、まだ考え中です。
友達として、仲良くしたいのは山々だけど、
あくまでも「仕事上の関係」と割り切った方がいいのかもしれないし。
そんなこと気にしなくてもいいのかもしれないし。

「お客様」でもあるし、
「会社の創業メンバー」でもあるし、
「友人」でもあるIRIS通訳者たち。

模索中。


2.既存の友達を、もっと大事にする

「大学時代に、もっと友達を作ればよかった・・」と嘆いていながら、
既存の友達の扱いが雑だったりします。
既におもちゃを持っているのに、他のおもちゃがほしいの!と、駄々をこねる子供に似てますね。

明日(日曜日)は、僕の幼なじみ夫妻と、
社会人になってから仲良くなった、青木夫妻をお招きしての、
カレー・パーティー。
みんなに楽しんでもらい、僕も奥さんも楽しもう。


「カレー・パーティー」といっても、僕たちがカレーを作るのではありません。
大好きなカレー屋さんまでバイクで行き、Take outしてきて食べます。

どうせバイクで出かけるなら・・・   釣りですよね。

今はAM3時。
今出発しちゃうか、一眠りするか、迷っています。
寝て、結局寝坊するな、多分。。

今日も楽しかった!
by dantanno | 2011-09-25 02:57 | プライベート | Comments(0)

IR通訳、百花繚乱!

今日は、カナエールに行ってきました。
とってもおもしろかったです。

本当にいろいろなことを考えました。
「忘れないうちに、まとめておこう」
と、スピーチ・コンテスト終了後、便せんを買い、スタバに行きました。
d0237270_22183475.jpg


感じたことをバーッと書き出してみました。
d0237270_22185063.jpg
そう言えば(金)だった。。。

これからの課題も生まれました。
d0237270_2219038.jpg


今日思ったことについては、一度奥さんと話し合ってから、ブログに書いてみようと思います。


さて、今日のブログは、IRミーティングについて。
IRミーティングには、いろいろな種類があります。
どれも個性派揃いです。
d0237270_21593134.jpg


敵を知り、己を知らば、百戦危うからず。 
(IRミーティングは「敵」じゃないけど)
どういった種類のIRミーティングがあるか、をご紹介します。

本当は、「IRミーティング、百花繚乱!」というタイトルにすべきなんですが、
「通訳」という言葉を入れた方が、ブログ村から多くの人が見に来てくれるかな、と思って。。
それにつられちゃったあなた。 よくぞ当ブログへお越しくださいました!!




そもそも、なぜいろいろなタイプのIRミーティングがあるのかというと、
いろいろなタイプの投資家がいるからです。

投資家によって、IRミーティングに期待するものは様々。

長期の投資家は、会社が出している"2020 Vision"の話をしたがるだろうし、
短期の投資家は、前四半期の結果を気にします。

Value investorsは、バランスシートにFocusし、
Growth investorsは、将来のP/L重視。


では、実際にどんな種類のIRミーティングがあるんでしょうか。
ざっと思いつくだけでも、12個ありました。

1. 初めまして 型
2. Update 型
3. 心ここにあらず 型
4. ピンポイント 型
5. 企業側から 型
6. やむを得ず 型
7. 見学ツアー 型
8. あら探し 型
9. 話せば分かる 型
10. マクロ 型
11. ケンカしようぜ 型
12. Back-seat driver 型



・・・・・。多いわー。
とりあえず、気力がもつ分だけ書いて、残りについては記事を改めます。


1. 初めまして 型

投資家が、その企業を初めて訪問する場合、このパターンになることがあります。
出だしはこんな感じ。

投資家
"Thank you for taking the time to meet me today.
Since this is our first meeting, could we start with an overview of the company, the various segments, future strategies, etc.?
Then, we can go into Q&A."


まず、企業側から、会社の概要や、各事業セグメントについておおまかな話をしていただき、
その上でQ&Aに入ります。

この場合、訳は結構簡単というか、ベーシックになることが多い。
ただ、基本的なところ(各セグメントの英語名、等)を押さえていないと、恥をかく可能性あり。


賢明なる読者の中には、こう疑問に思った方もいるかもしれません。
「その会社のことを全然知らないのに、そもそもなんで「この会社と会って話を聞きたい」と思ったんだろう、その投資家は」

鋭いですね。。。

投資家は、その会社のことを全く知らないわけではありません。
ちゃんと、証券会社作成のレポート等を読み、Webpageを見たりと、予習してきています。
でも、
"I want to hear it from the company"

とかいった理由で、あえて基本的なところから、企業側に語っていただくことがあるようです。

あと、なんでその会社に会おうと思ったかというと、多くの場合、財務Screeningの結果です。
つまり、たくさんの会社の財務データを集めてきて、一定の条件でScreeningをかける。
例えば、、、
時価総額 いくら以上
ROE 何%以上
Net cashの状態にあること

とかね。

それらの条件が全てあてはまった会社をリストアップし、その中からおもしろそうなところを訪問する、というわけです。
特に中小型株(Mid to small cap)を対象とした投資家に多いかなあ、このアプローチは。


2. Update 型

投資家が既にその会社のことをよく知っていて、定期的に訪問したり、テレコン(電話会議)をしているケース。
株を持っていることも多いですね。

このパターンでは、その会社の概要はとっくに知っていて、
しかも、ほんの数ヶ月前に話をしていたりするので、
足元の動きに話が終始することが多い。

最近だったら、こんな感じかなあ。

投資家
"It's been ** months since we last talked.
I just want an update about recent order trends, whether you're seeing any reconstruction demand from the earthquake, how much inventory is there in the value chain, etc."

これも結構ラクっちゃあラクですね。
最近の動きの話がメインなんで。
ただ、半導体系の会社とか、製薬系とか、マニアック(失礼)な分野の会社の場合は要注意!

マニアックな会社を、その会社についてよく知っているマニアックな投資家と一緒に訪問し、通訳者が専門知識を持ち合わせていないと、、、
悲惨(disastrous, miserable, tragic)なことになりかねません。

ふー、なんか指が疲れたから、今日はここまで。
まだ2合目までしか登ってない。。。

3. 心ここにあらず 型
4. ピンポイント 型
5. 企業側から 型
6. やむを得ず 型
7. 見学ツアー 型
8. あら探し 型
9. 話せば分かる 型
10. マクロ 型
11. ケンカしようぜ 型
12. Back-seat driver 型
by dantanno | 2011-09-23 22:14 | IR通訳 | Comments(0)

「日本のセキュリティ神話、崩壊す!」 の巻: その2

その1はこちら

都内某所、某会社のオフィスがある某ビル。
(Maximum securityのため、詳細を報告できないのが残念です。)
d0237270_8262465.jpg


このビルには、この日の訪問先の会社のみならず、いろいろな会社が入居しています。

入館方法は、以下の通り:
(読むのめんどうでしょうけど、あとあと関係してくるので、一応読んでくださいませ。特に④とか⑦とか)

①  1階ロビーの集合受付で、自分の会社名・名前を名乗り、訪問先を伝えます。
②  名刺を2枚渡し、本人であることを「証明」します。
③  入館カード(胸ポケットに指すような、細長いやつ)をいただきます。
④  入館カードに、自分の会社名・名前を書きます。
⑤  エレベーターで該当フロアに上がり、今度は訪問先の会社の受付で受付をします。
⑥  面談の際、訪問先の担当者の方に、会社名とサインを書いていただきます。
⑦  1Fに戻り、ゲートを出る際、警備員の方に全て記入済みの入館カードを渡します。


以上です。 面倒は面倒ですが、比較的Straightforwardな、分かりやすい手続きです。
しかし、あのような悲劇が待っていようとは、このときは想像も出来なかったわけで。。。


さて、
無事面談が終わり、投資家も満足しました。
肝心の入館カードですが、ちゃんと先方担当者に「会社名+サイン」をいただきました。
エレベーターで1Fに降り、ゲートを出ようとしたその瞬間!!!
d0237270_831446.jpg


こともあろうか、上記一連の手続きの要、④の入館カードに、自分の会社名・名前を書く」をしていなかったことに気付きました。

ガーン

このときは、まだ後戻りしようと思えば出来たんです。
すぐに、ちゃんと自社名と自分の名前を書けばよかったんです。そうすれば、今でもちゃんと「世間様」のこっち側にいることが出来たんです。
が、しかし、心が曲がってしまっている僕は、

「どうせ、何を書いてもチェック無しで通すなら、自社名と名前をわざわざ書く必要など無い」
などと思ってしまったわけです。

そして、

「ランダムに、例えば「第一産業の田中」って書けば、それはそれで通すんでしょ?
だったら、何も書かなくても同じじゃないですか。
そして、そんなこと言い出したら、訪問先企業の会社名とサインだって、いらないんだけどね、ほんとは。
だって、それも自分でテキトーに書けちゃうし、ブツクサブツクサ・・・」

などと言いながら、「めんどくさいからいいや♪」と、そのまま(訪問先企業の担当者が書いてくれた、会社名とサインだけで)警備員さんに渡し、ゲートを通過しちゃいました。

その後、出口の自動ドアに向けて数歩進みながら、僕は勝ち誇っていました。
「ほーら、どうせ書いても書かなくてもおんなじなんでしょ。
やっぱ、こんなプロセスに意味なんてな・・・ 」


「あのー、すいません・・・」

ドッキッッッッッ

続く・・・
by dantanno | 2011-09-23 08:36 | 通訳 | Comments(2)

がんばれ、気象庁!!!

いやあ、今日は大変でしたね。。。
みなさんは大丈夫でしたか?
ウチは、、、
全然大丈夫じゃありませんでした(笑)。

京王線が止まってしまったため、僕は都心から家に帰れず、結局タクシーのお世話になりました。
すいていれば30分弱のところを、1時間半かかりました。

道すがら、数え切れないほどの帰宅難民の人たちを見ました。
d0237270_22331648.jpg


そして、奥さんも家に帰ることが出来ず、タクシーも全くつかまらないため、
レンタカーを借りて救出に向かいました。
d0237270_22381286.jpg


アクアラインやレインボーブリッジも封鎖。

首都圏全体が大混乱でしたね、今日は。


ふと思ったんですが、、、

1.風速がどのくらいになれば、電車・飛行機が止まったり、高速が不通になったりするのか、というのは、ある程度決まっているわけですよね。

ほんでもって、
2.今朝の時点で、台風(当時はもっと南にいた)がどの程度の風速なのかというのも、大体分かっているわけですよね。

で、
3.今後、台風がおおよそどのような進路を取るのか、
も分かってるわけですよね。


つまり、気象庁では、今朝の時点で
(ああ、今日はかなりの高確率で、首都圏の電車・飛行機・高速が不通になるな → 大変なことになるな
っていうのは、分かっているはずだと思うんです。
逆に、それが全然分かっていないと困る。


もちろん、
「台風に警戒してください」
的なことは、朝から言っていただろうと思います。(知らないけど)

でも、それをもう一歩進めて、
「今日は、かなり高い確率で、交通がマヒして、みんな帰れなくなりますよ」

と、朝からニュース速報等で呼びかけてくれていたら、例えば会社とかも
今日は休み
とか、
今日は午前中で終わり

とか、早めに対応が出来て、これほど多くの帰宅難民が生まれないはずだと思うんですよね。

僕がシロウトだから分かっていないだけで、
実は、予測するのが非常に難しいんでしょうか。。。
d0237270_22322311.jpg

気象庁の人たちは、大量の帰宅難民を見て、何を思うんだろう、と考えます。


気象庁については、もう一つ気になることがあります。
(Japan Timesの記事で知りました。)


3月11日。
地震直後、気象庁は
「津波の高さは、最大で3メートル程度」

と警告したそうです。
d0237270_22282351.jpg


実際は、最大で30メートル以上で、何万人の方が亡くなりました。
気象庁の警告を信じて亡くなった方もたくさんいるはず。

そう言えば、震度についても、一度発表した後に、
「やっぱ違った」
ということで、修正していましたね。


地震・津波の専門家集団である気象庁が、
地震が起きたに、
「それほど高い津波が来るとは思わなかった」のに、

地震・津波ではなく、電気の専門家集団である東電が、
地震が起きるに、
「それほど高い津波が来るとは思わなかった」のは、なんだか当然のような気がします。


推測するに、気象庁は非常に乏しい予算や体制で仕事を回しているのでしょう。
(それ以外に、今日や3月11日の頼りなさを説明できない。)

あるいは、政治が「気象庁」を重視していないのかも。
直接票になる、農業とか、宗教とか、道路とか、医療費とかと違い、
「気象」というのは、重要であるにもかかわらず、票にはなりにくそう。
だから予算がつかないのかなあ。


気象庁の仕事は、実はとっても大事なんだから、予算・人を拡充するか、
あるいは、地震・津波も、台風による交通マヒも、全く予測が出来ないのであれば、
気象庁などやめてしまえばいい、という気がします。
現在、気象庁にかかっている予算は、全て原発の賠償金に充てる。


気象庁のみなさん、お願いだから、もっとがんばってください!!!
by dantanno | 2011-09-21 22:42 | 提言・発明 | Comments(2)

メモ取りの記号をShareします

駆け出しの頃って、メモ取りで結構苦労しますよね。
どうやって取ればいいのか分からなくて。

僕も、通訳学校で
「どうやってメモを取ればいいんですか?」
と聞いてみましたが、
「人それぞれでいいんだよ」
みたいな感じでした。

確かに人それぞれなんだろうけど、最初のとっかかりがほしいんですよね、駆け出しの時は。


ということで、僕がIR通訳で使っている、メモ取り時の記号をShareします。

こんなものは、みなさんオリジナルで作成すればいいので、僕のを公開する意味はあまり無いんだけど、まあ参考までに。


AM/AUM/AUPO
As mentioned / As you mentioned / As you pointed out

企業が「(投資家の)おっしゃる通り」とか言った場合、AUMとメモし、訳出時に必ず含める。
投資家を(ウソをつかずに)いい気分にさせるチャンス!

似たようなので、
AUK、AUMK
As you know, As you may know
もあります。


Logicの流れ。AだからB、とか。超よく使います。
企業側が明確に「AだからB」と言っていなくても、自分でそのLogicのつながりを感じたら、→を使う。

Flatという意味で使う場合も
「売上は、前年比横ばい」   s, yoy → )

→を斜めにしたやつ
上昇/増加・下降/減少傾向
Momentumを表したい場合は、→の角度を変えたり、→の横に
v (very)
j (jakkan)
gr (gradually)
rel (比較的)
LYヒ (去年と比べ)
等を書く

多い・少ない
→を、縦の棒と組み合わせる
「多い」 縦の棒の一番上から横に→を出す
「やや多い」 縦の棒の7~8合目辺りから、横に→を出す
 ・
 ・
 ・
これで、量感を表現出来ます。


~今 =これまで
今~ =今後は
~今~ =常に (「常にコストダウンの努力を続けている」、等)


自信のなさを表す
「Global market shareは、そうですねえ、大体10%ぐらいかなあ」

gl MS, ≓ 10%?


事実やコミットメントではなく、〜だといいなあ、という「希望」を表したり、ポジティブな話であることを表すために使っています。
(ネガティブな話であれば ・・・ を使っています。)

IR通訳では、後日「言った・言わない」のトラブルになるのを絶対に避ける必要がある。
そこで、、、

「来期は売上を10%伸ばす」       NY s 上向き→ 10%
「来期は売上を10%伸ばしたい」        NY s 上向き→ 10% ☆
「来期は売上を10%伸ばせたらいいな、と。。」   NY s 上向き→ 10% ☆?
とか。


リポD。
「ああ、Retention能力弱ってきた・・」
というときに活用
なんか覚えられるようになる気がします。


~と比べて・比較して、の意

LY, KY, NY, NNY
前期、今期、来期、再来期

重、J
重要
「Market shareを追求するよりも、今年は収益性を改善させることが重要」
MS  上向き→  ヒ、  KY  pr% 上向き→  J


Not yet
「まだ買収の効果は数字に表れていない」
の時とか。
Acq eff., 未 fig. 出×

( )
Sub的なLogicを表す
「新興国、特に中国が成長のドライバーになる」

emco (esp. Ch) gr der


済み。
過去の話
「売り上げが上がった」   s↑z

「だから」の記号(うまく変換で出せない)
∵ (なぜならば、の記号)

Logicが大事なIR通訳では、超超必須Itemです。

/ と //
本番では使わないけど、予習資料で単語を区切るときに使う。
/は単語同士、//はフレーズがある場合。
Main products: injection molding machines // molders

カラスの足跡
<の真ん中に棒を加えたやつ
話題を整理するときに愛用
「3つ理由があります」
「アジア、ドイツ、アメリカ」



うまく訳せかなった時は、その箇所のメモに大きく丸をつけ、家でじっくり考える。


よく使うのはこれぐらいでしょうか。どなたかのお役に多少なりとも立てばうれしいです。

<関連記事 (通訳者は、何を考えながらメモを取っているのか) はこちら

by dantanno | 2011-09-21 08:05 | 通訳 | Comments(2)

ヤンキーよ、山を目指せ

駅前のコンビニ。
ときどき、夕方ぐらいに、ヤンキーらしき方々がたむろしています。
高校生かな。
d0237270_22253757.jpg


一方、、、
その同じ時間帯。
塾に行ったあと、家で遅い夕食を食べ、その後受験勉強にいそしんでいる高校生もたくさんいるでしょう。



どっちがかっこいいか。



僕は、ヤンキーたちにかっこよくあってほしい。


ヤンキーたちは、いわばアウトローなわけです。
反逆者です。
革命家です。
d0237270_22173811.jpg

かっこいいはずなんです。

それが、、、
みんなで茶髪・金髪にし、
揃ってダボダボな服を着て、
一緒にタバコを吸い、
同時に唾をはき、
ガのようにコンビニ前に群がる。


僕、こういうヤンキーの子を見ると、
D 「社会に反逆したいなら、コンビニじゃなく、山に行け!」
と思います。

カセットコンロを持ち、テントをしょって、地図を調べ、南アルプスの山を縦走し、どう社会に対抗するかを考え、実現してほしい。
d0237270_22474581.jpg

コンビニ前からは、社会は変えられない。
d0237270_22175694.jpg



暴走族もしかり。
戦いを挑むなら、「族」するのではなく、一人で走れ!と思います。
d0237270_22233818.jpg


あと、音がうるさかったり、スピード出したり、高速料金払わなかったり、反対車線にはみ出したり・・・
人に迷惑をかけるじゃないですか、
自己表現の一環で。
d0237270_2224382.jpg


思うんですが、
「迷惑をかけること」を通じた自己表現って、結構簡単な気がします。
難しいのは、それ以外の方法による自己表現。

人に迷惑をかけない。
あるいは、逆に世の中をより良くしてしまうような自己表現。
これが難しいんじゃないかなあ。

一人で、誰にも迷惑をかけず、がんばってる暴走族ならぬ、バイクヤロウがいたら、僕は応援すると思う。
がんばれー! あれ、よく考えたら、ただのツーリングか。。
by dantanno | 2011-09-19 22:28 | 提言・発明 | Comments(0)