たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:提言・発明( 99 )

「世界の警察」に、一つだけお願い!

9/11から10周年を迎え、アメリカ各地で追悼式典が行われました。
d0237270_7243615.jpg



どの式典も、NYで亡くなった3千名弱を追悼するのが目的のようです。(そりゃそうか)
d0237270_8534719.png




そもそも、なぜ9/11は起きてしまったのか。

いろいろな説があるのかもしれませんが、一つの考え方は、
アメリカが「世界の警察」として、中東にあれこれお節介をし、
それが中東の「テロリスト」たちの怒りを買ったから、という考え方もあるかと思います。
d0237270_23164865.jpg


9/11の原因になったかどうかはともかく、
アメリカが「お節介」好きな国であることは間違いありません。
共産主義との戦い、ベトナム戦争。キューバもそう?よく分からないけど。


もし、アメリカが本当に「世界の警察」であり、世界の「正義の味方」なのであれば。。。
ぜひやってほしかったなあ。
合同追悼式。

NYで亡くなった3千名弱と、
アメリカが中東で殺してきた、何万人?何十万人?の人たちを、
合同で追悼する式典。

別に、皮肉じゃなく、本気で言っています。
実現するのがすっごく難しいのは分かるけど、アメリカなら、そこをなんとか出来ないかなあ。


世界を守る正義の味方なのであれば、
自国民だけでなく、他国民のことも考え、追悼してほしい。

攻撃するときは「我々は世界の警察だ」で、
追悼するときは「NY市民かわいそう・・・」では、
やはり説得力が弱い。


もし、アメリカが合同追悼式のようなイベントをやったら。。。

"Never forget"とはよく言ったもので、
中東の人たちはずっと忘れないでしょう。
アメリカに対する見方が変わると思う。

合同追悼式典をTVで見た、「テロリスト」養成所の子供たちはどう思うでしょう。
(あれ?アメリカはひどい国だって教わったけど、案外違うのかも。。ちょっと調べてみようかな)
とかね。


超大国アメリカには、負の連鎖を断ち切る度量を持ってほしい!
by dantanno | 2011-09-14 07:42 | 提言・発明 | Comments(0)

よりよい世の中へ、の巻

今、名古屋に着いたとこ。

今日から、「四都物語」出張です。

名古屋から入って、大阪・京都・神戸と回ります。


東京→名古屋の移動が、ちょっと大変でした。

こんだけ国内出張行ってるくせに、なぜか、
「新幹線の終電って、23時ぐらいまで余裕であるっしょ」
とか思ってて、
「やっぱ、余裕をもって行動するのがいいよね♪」
とか言いながら21時過ぎに東京駅に着いたら、
あわや終電を逃すところでした。
結構、終わるの早いのね。。。

ちなみに、満員状態の終電(井の頭線とか。新幹線も混んでた)見ると、
D (需要あるんだから、営業終了時間をもうちょっと遅らせればいいのに)
とか、
D (朝4時半の始発はガラガラなんだから、それを廃止して、その分を夜に移せばいいのに)
とか、
余計な提言をしたくなってしまいます。


さて、、、
名古屋で、常宿にCheck-in.
ここで、ちょっとうれしいことがあったので、みなさんとShareしたいと思います。


名古屋に来ると、いっつもこの宿です。

Check-inするとき、

D 「予約している、丹埜です」
H 「はい、、、 丹埜 段様でございますね、いつもありがとうございます。こちらにご記入をお願いします」
と言われ、用紙に

お名前
ご住所
電話番号
e-mail
ご勤務先

等の情報の記入を求められます。


まず、「お名前」のところで
D (わざわざオレの名前をフルネームに言い換えるほど、オレの名前を知ってるのに、なぜオレに再度尋ねる??)
と思います。

で、「ご住所」にたどりつくと、、
D (オレの「ご住所」は、前回宿泊時にお知らせ済み。なぜ、また尋ねる?)
となります。

オレの「ご勤務先」をご存じない??
ご勤務先経由での予約なんですが。。

と、一事が万事、この調子なのです。


普通だったらこんなこと気にしないんですが、
あるとき、同じ週の月曜日と木曜日に、この同じ宿に宿泊することがあって、
月曜日に続き、木曜日に「はい、こちらにご記入ください」となったとき、さすがに聞いてみました。

D 「あのー、月曜日もこちらに泊めていただいて、そのときに全部記入したんですけど、その情報はどこかに行っちゃったんですかね?」
H 「はい、申し訳ありません。個人情報保護の観点で、%#*#?  何かと難しう・厳しうございまして、、」
D (理由になってないなあ。。This is Japanese 慇懃無礼) 「はー、そうですか」 → 記入

あんまうるさく言うとね、クレーマーであることがバレちゃう、じゃなかった、クレーマーっぽくなっちゃうから、あっさり引き下がりました。


こういうとき、すぐに適切なLogicが思い浮かび、バシッと反論できればいいんですけどねー。
例えば、
D 「あ、そうですか。ちなみに、大阪のRitz Carltonでは、いつもこういう情報が記入済みのカードが出てきて、サインするだけでいいからラクなんですけどね。彼らはどうやってそれを実現してるんでしょうね。」
とか。(うざいか。)

頭の回転が遅い自分がうらめしい。


そして今日。
いつも通り、「予約している丹埜です」と告げ、用紙記入に備え、指をポキポキ準備運動していると、、、

H 「こちらにご署名だけお願いします」


なんと、全て記入済みの用紙が出てきて、署名だけでOKだと!
This is Japanese カイゼン。
「この署名に何の意味があるんですか?」なんて、的確?野暮?は言いっこなしにしましょう、この際。


なんか、無性にうれしかったですね。


用紙に名前etc.の情報を記入するぐらい、大したことないじゃないか。
何文句言ってんの。
ゴチャゴチャ言わずに書けばいいじゃん、それぐらい。
我慢しなさい。


いやあ、ほんとそうですよね。
でもね、我々クレーマー、じゃなかった、提言する人って、その「小さな問題点」自体を問題にしていることって少ない気がします。
d0237270_0481626.jpg


確かに、用紙に名前等を書くことぐらい、どうってことない。
問題は、その裏にある「愛の無さ」です。

なぜ、「なぜ、毎回客に名前を書かせるのか」と疑問に思わないのか。
一度でも客の立場に立てば気付くことに、なぜ気付かないのか。

こうしたことを、つきつめて考えずにビジネスを行っているということは、
客のことはもちろん、自分の仕事のことも「どうでもいい」と思っている証拠のように見えてしまうんです。
それでへこむんです、我々クレー、もとい、提言者は。


今日は、その小さな問題点が改善されていた。

フロントスタッフの一人が、勇気を出して言ってみたのかもしれない。
根拠レスな反論を恐れず、愛のある提言をしたのかもしれない。
そのお陰で、今後ずっと、何人X何年も、無駄な記入が不要になった。
そして、この小さなカイゼンをきっかけに、いろんな面を見直す機運が盛り上がったかもしれない。

何も考えずに「はい、コレ、記入してください」なホテルマンよりも、
めんどくさいけど、「なんで客にコレを記入させるんだっけ?」と問い続けるホテルマンの方が、
絶対に長い目で見て伸びるし、絶対にそっちの方が楽しい。
ドラマHotelの、赤川一平のように。。。
d0237270_0381296.jpg


世の中には、様々な問題がある。
問題がなかなか改善されないもどかしさもある。

でも、大きな方向性としては、世の中は必ずいい方向に向かっていると思う。
そういう意味で、僕は徹底した
性善説・世善説
主義者です。

名前の記入を求められなかった、という、ほんの小さな出来事から、
世の中の「より良くなりたい」という、素敵なエネルギーを感じた名古屋の夜でした。
大げさか。まあいいや、うれしかったから♪

by dantanno | 2011-09-08 00:38 | 提言・発明 | Comments(0)

奥さんの上司夫婦とのDinner on Saturday <後編>

<前編>はこちら



ご飯を食べながら、いろんな話をしたんですが、地震関連で印象に残った話題が2つ。


1. 異国の地で天変地異に遭遇すると、帰国したくなるもののようだ (当たり前か)

ちょっと思い返していただきたいんですが、東日本大震災の直後、日本を「脱出」する外国人が結構いましたよね。「家族だけでも」の人もいたし、「家族+自分も」の人もいました。
d0237270_15201486.jpg

当時、僕なんかは、
「そりゃまあ、脱出するでしょうね」
と思いつつも、心のどこかで、かすかに、ほーんのかすかにですよ、
「逃げおったな(ニヤリ)
と感じたのを覚えています。

このアメリカ人上司夫妻もご多分に漏れず、地震直後は一時帰国(to the U.S.)していました。その話をしていたとき、上司が9/11に触れ、

"A lot of Japanese left the U.S. immediately after 9/11"

と言いました。
うーん、確かにそうだろう。

僕も、もし9/11当時にニューヨークに住んでいたら、、、。
現地に踏みとどまるNew Yorkersを横目に、自分の家族だけでも、あるいは自分も、急いで脱出していた可能性大。

地震があったとき、日本の国民でさえもパニック気味なのに、
外国人
+ 言葉が分からない
+ 情報源はNHKではなくCNN
と、3拍子揃えば、そりゃ逃げ出したくもなるなあ、と。

元々、「脱出」した外国人達にNegativeな感情を持っていたわけではなかったけど、さらに理解が深まった気がしました。
やはり、相手の立場に立つ(put yourself in other people's shoes)って大事ですね。



2. 地震を「忘れない」ようにしないと

d0237270_1552129.jpg


なに当たり前のこと言ってんの、って話ですよね、すいません。
でも、ちょっと思ったんですけど、3月11日の、地震の当日とか、その後数日間とかは、
一日中、地震 OR 地震関連のことしか考えられない
時期がありました。

それが今では、
一日の内、一度も、あるいはほとんど、地震のことを考えない

日もあるなあ、と。(愕然)


地震で大切な人を亡くしたり、家を失ったりした人は、今でも
一日中、地震 OR 地震関連のことしか考えられない
状態が続いているだろうに、それに対して自分はどうか、と、なんだかちょっと情けなくなりました。


楽しかった上司夫妻との食事を終え、家に戻ると、奥さん宛に、旧友からメールが。
東日本大震災で被災した日本の子供達の心のケアに関連し、国際NGO組織が文章を翻訳してほしがっているんだけど、誰か手伝ってくれないか、とのこと。

ちょうど、地震関係で「モヤモヤ→何かしたい!」と思っていた矢先だったので、超ナイスタイミング。カネもらわずに引き受けて、夜とかにやれば、副業にもならないし。(本業(通訳)の訓練にもなる。)

さっそく「復興翻訳プロジェクト(仮称)」を立ち上げ、IRISのメンバーに呼びかけたところ、、、
いました、何人か。
「手伝いたい」と言ってくれる人が。
d0237270_15443849.jpg
こういう仲間がいる、というのは本当にうれしいことです。

IRISの社会貢献活動第1号案件が動き出しました!

by dantanno | 2011-08-30 22:52 | 提言・発明 | Comments(0)

奥さんの上司夫婦とのDinner on Saturday <前編>

今週は、一週間丸ごと、なんだかカラダがヘンでした。

自慢じゃありませんが、毎日以下のサイクルを繰り返しました:

1. 夕方、ビールを飲む
2. すぐに超絶眠くなり(まあ、これはいつものことなんですが)、ソファーで寝てしまう
3. AM1時ぐらいに、スッキリと目が覚める
4. 全く眠くないので、「何かしよう」と思うんだけど、なんだかダルく、生産的なことは一切する気にならない
5. しょうがないので、Youtubeを眺めたり、Bookmarkされているリンク先を全てCheckしてみたり、Webの対戦型麻雀(東風荘といいます)をイヤというほどやったりして、気付いたらAM6時ぐらい
6. 寝る
7. 寝坊する


そんなわけで、朝起きなくてもいい土曜日は、なんと午後3時まで爆睡し、溜飲を下げる始末。
d0237270_21121235.jpg

それはともかく、
その土曜日の夕方、奥さんの会社の上司夫妻(from the U.S.)と一緒に、ピザを食べに行きました。
行ったのは、代々木上原のenboca東京というお店。
d0237270_2154715.jpg


おいしかったです。

ピザはもちろん、温野菜とかもおいしかった。
d0237270_2161770.jpg


名物っぽい、「フルーツピザ」は残念ながら品切れでした。(これは食べログの写真を拝借)
d0237270_2165473.jpg


ここなら、きっとグルメなIRISの女性陣たちも、自信を持ってお連れできるかな、と思いました。
飲み会でお邪魔させて頂こうかな。。

そこで出た話題がちょっとおもしろかったので、<後編>でShareさせてくださいませ。
by dantanno | 2011-08-29 21:16 | 提言・発明 | Comments(0)

レンホーは、なでしこジャパンを称える資格があるか

なでしこジャパンが、見事ワールドカップで優勝を果たしたのは、まだ記憶に新しいですね。

そのとき、蓮舫議員(以下「レンホー」)が、なでしこを称えるTweetをしたところ、それに対するバッシングがおきました。

曰く、「お前が言うな」

レンホーといえば、事業仕分けのときの姿が、これまた記憶に新しいわけですが、仕分けの一環で、スポーツ振興の予算も削減されました。
で、スポーツ振興の予算削減につながった事業仕分けを担当したレンホーが、なでしこジャパンを称えるのはおかしい、というわけです。

みなさんは、このニュースを聞いて、どう思いましたか?
文句を言っている人たち(「言うな族」)と命名)に賛成ですか?

僕は、この一件は結構「深いなあ」と思いました。
ビジネスの世界でよく登場する、"Ownership"の問題と捉えました。
そして、僕は「言うな族」に反対です。

確かに、事業仕分け(≓スポーツ振興予算削減)を担当したレンホーがなでしこを称えるというのは、やや皮肉な面があるのは分かります。なので、もし「言うな族」の人たちが、単に「皮肉ですね(笑)」というだけの意味で言っているのであればよく分かります。以下では、言うな族の人たちが「本気で言っている」という前提で論を進めます。

「言うな族」に対し、僕が言いたいことは、以下の通り:

1.事業仕分けは、レンホー始め、一部の政治家が勝手にやったことではなく、あなたを含む「日本全体」がやったことだと思う。

Ownershipの問題です。会社/国の一員である以上、「あれは社長が勝手にやってることだから」、「あれは民主党がやってるだけだから」は通用しない。第一、それじゃ楽しくないでしょう。2ちゃんやTwitterを批判で炎上させているよりも、リアルな世界に、主体的に参加した方がおもしろいですよ。

10人のボーイスカウトがいるとします。
今年の夏のキャンプは、海に行くか、山に行くか,会議をしました。
あなたは「海派」だったけど、残りの9人は「山派」で、結局山に行くことになった。
山での楽しいキャンプ中、ずっと「チェッ、ほんとは海に行きたかったのに。。。」と、すねっぱなしですか?それじゃ楽しくないし、"Grow up! (大人になれよ)"と言われてしまいますよ。

2.事業仕分けはそんなに「悪い」のか。

日本の財政再建について、「言うな族」はどう考えているんだろう。行政の無駄をなくすことに反対なのか。

3.仮に、事業仕分けがそんなに「悪い」ことだったのであれば、あなたにも1億2800万分の1の責任があると思う。

あなた個人の、事業仕分けや民主党への賛否は、実はあまり関係ないと思う。大多数の人が選んだ民主党政権が、「事業仕分けをやる」と決めたわけで、それを上回る、より良い案を提案したり、実現しなかった・出来なかった責任が、あなたにはあると思う。

ボーイスカウトの例でいくと、「なぜ自分は海に行きたいのか、なぜ海の方が山よりもいいと思うのか」をちゃんと説明し、みんなを説得し、考えを変えさせることに成功しましたか?していないのに、文句だけ言うのはおかしい。

4.事業仕分けが「自分とは関係ない」と思っている人は、以下も全て「自分とは関係ない」と思うのかもしれないけど、実は全部関係があると思う。

- 大震災で多くの方が亡くなったこと
- これまで、日本が原発を推進してきたこと
- 日本の景気が悪いこと
- 首相がコロコロ変わること
- etc., etc.

全て「自分とは関係ない、自分には責任が無い」とシャットアウトし、菅さん、東電、津波、レンホー、円高、etc., etc.を恨んでも始まらないし、逃げているだけのように見えます。これは人ごとではなく、自分の問題なんだから、立ち向かって、主体的に変えていきましょう。

5.予算を削減した→称えられない・祝福できない、のか。

あなたが、赤字企業の社長/CFOだとしましょう。
リストラをして、予算を削減しないと、会社が倒産する。そこで、やむなくリストラをしたが、その後、リストラ対象の部門が、予算削減にもかかわらずがんばって、成果を出した。
このとき、社長/CFOは「よくやった!」と言ってはいけないのか?言っていいに決まってますよね。
みなさん、赤字企業(日本)の社員(国民)であるという、自覚を持ちましょう。

6.「事業仕分け」は自分とは関係ないのに、「なでしこ優勝」は「日本人として誇りに思う」は、矛盾していると思う。

むしろ、事業仕分けが「選挙での投票」という意思表示に伴うイベントであることを考えると、なでしこ優勝以上に、あなた自身が関わっていると思います。

事業仕分けも、なでしこ優勝も、震災からの復興も、そして今後日本が歩む道も、その全てに、僕も、「言うな族」も、みんな関わっていると思う。
Ownershipをもって、日本をより良くしていきましょう!

by dantanno | 2011-08-03 18:29 | 提言・発明 | Comments(0)

英語なんてヘタッピでも大丈夫ですよ

と、常々思っています。
d0237270_11125100.jpg


そんな僕の思いに反し、世の中は。。。

本屋に行くと、「あなたの英語、間違ってるかも?? それじゃ恥ずかしいですよ」みたいなノリの本が売られている。(全部じゃないけど)

あるいは、「その表現だとシンプルすぎますよ、もっとかっこいい(難しい)表現を使った方がいいですよ」的な主旨の本もありますね。(もっとも、これは上級者にとっては役立つと思いますが)

電車の中吊りの、英会話学校のポスターもしかり。
ほんのちょっとした文法の間違いをあげつらって、「あなたの英語は、正しく伝わっていないかもしれないですよ」と、不安をあおる。

これほど、英語勉強中の人のやる気を削ぐことって無い気がします。
(その本とか、英会話学校は売れるでしょうが)

そうやって、人の不安をあおって商売につなげるのって、まあ商法として理解は出来ますが、なんだか残念なビジネスですよね-。武器商人みたいで。


d0237270_10434435.jpg

日本にとって、国家的な損失だと思う。

せっかく勇気を出して、英語で発言をしてみた(エライ!)のに、重箱の隅をつつくように、「あ、今の英語は、ココがちょっとおかしいですね♪」なんて、そんなのどうでもいいじゃん!!と思うワケです、僕は。

日本人が、そうやって互いの重箱の隅を仲良くつつき合って、「いやあ、私もまだまだ。やはり語学は難しいですな」なんて言ってる内に、何が起きていると思いますか?
中国とか韓国の人たちは、どんどん「ヘタッピな」英語でコミュニケーションし、"Yes, I can speak English!"と、先に進んで行ってしまっています。

彼らは「背伸びが上手」なんです。
(あのー、あくまでも一般論として言っています。もちろん、個人レベルでは例外もたくさんあると思います)


<ちょっと実験>
英語力は数値化できませんが、仮に出来たとしましょう。
そして、日本人Jさんと、中国人Cさんの英語力が、共に50点だったとしましょう。

日本人Jさんは、「100点満点まで、まだあと50点もある。今の自分は、まだ全然英語を話せない」
d0237270_10534298.jpg

中国人Cさんは、「もう50点まで来た!自分は英語を話せる」
d0237270_1195150.jpg


・・・。
この違い。
とても、同じハリセンボン、じゃなくて、同じ英語力の人たちとは思えないですね。
まさに天と地の違いです。


一瞬、自分の話をすると、、、
僕は、IR通訳者として、日々、いろんな海外投資家たちと接しています。
(IR=Investor Relations=投資家向け広報活動)

投資家達は日本だけではなく、中国・香港・韓国にも投資していて、よく訪問しています。
日本ではよく通訳を使う投資家も、上記アジアの国々では、あまり通訳を使わないそうです。
理由を聞くと、「あまり上手ではないけど、彼らはちゃんと英語でCommunication出来るから」とのこと。
日本はその分遅れてしまっています!



はっきり言います。
英語なんて、ヘタッピでもOK!
(英語がヘタッピな人が言うと、説得力が無いかもしれないけど、英語が上手な僕が言うので、間違いありません(笑)!)

ヘタッピでもいいから、まずはある程度話せる・聞けるようになろう。
細かい文法だの、発音だのを気にし始めるのは、それからでも遅くない!っていうか、後からにしたほうが、最初から気にするよりもBetter!

(よく調べていないので、別にお薦めするわけではありませんが、Globishという考え方もあります。)

笑われたっていいじゃないですか。今、まさに昇り龍のように向上中なんだから。
あと、そうやってあなたを笑う人も、我々通訳者から見たらヘタッピだから、安心してください(?)。



水泳と同じです。

浮き輪とか、ビート板を使ってでもいいから、
かっこわるくてもいいから、
まずは泳いでみて、水を切って進む自由さとか、気持ちよさを感じてみること!
d0237270_10591262.jpg

水の抵抗をおさえる水着とか、最も効率的な呼吸法とか、
そんなの、興味ある人だけが、後から研究すればOK。




英語が出来るメリットは大きい。


日本人以外の友達を作って、理解し合えるすばらしさ。
d0237270_1102155.jpg

母国語以外の言語でものを考えたり、自分を表現出来る気持ちよさ。
(追って、別の記事で書きますが、バイリンガルって、「健全な二重人格」状態を楽しめるんですよ)

海外でも、日本人として堂々と出来ること。(英語が苦手なだけで、ちょっとオドオドするなんてもったいない)

ヘタッピな英語でも、上記全てが手に入ります。
まずは大船に乗ったつもりで、英語を楽しんでください。
d0237270_11233321.jpg

by dantanno | 2011-08-02 21:23 | 提言・発明 | Comments(0)

絶対に傘を忘れない方法

昨日、またやってしまいました。。。
山手線に傘忘れ。。。
d0237270_55767.jpg

特に高価な傘ではなかったんですが、しばらく生活を共にしていて、ちょうど愛着がわきかけていました。傘の取っ手の、あのカピカピのビニール?プラスチック?を少しずつはがし始めるフェーズ入りしていただけに、残念です。。。



くやしいので、二度と傘を忘れない方法を考えました!

名付けて
"Don't forget リボン"

形は、乳がん予防で有名なピンクリボンみたいな感じでしょうか。
d0237270_5581696.jpg

ピンクに限らず、あらゆる色・模様のものを用意します。

これをどうするかというと、
バッグ・カバンとか、傘とか、スーツの上着とか、忘れる可能性があるものに結びつけたり、ポッケに入れておくんです。

このリボンには、Pasmo(≒Suica)と同じ、ICチップが埋め込まれています。
ICチップは、Pasmo同様、その人個人に紐つけられています。

さて、利用方法です。

電車に乗るとき、乗客は電車の扉のところにセットされたセンサーを通過します。
このときセンサーは、その人が身に着けている「リボンの本数」を自動的に読み取ります。
バッグ、上着、傘の3点にリボンをつけていれば、計3本。

で、目的地に着いて、電車を降りるとき、もし傘を忘れていたら、、、

リボンが3つ揃っていないので、扉のところを通過しようとすると、扉の上のスピーカーから
「忘れ物にご注意ください」というアナウンスが流れます。
(その駅で、その扉から降りる乗客が、みんな忘れ物をせずに降りるときは、このアナウンスは流れません。)

どうですか?ダメですかね、これ?

メリットは、 ① 「忘れ物が減る」ということ (これは、乗客はもちろん、忘れ物の回収・管理に多大な費用をかけているJRにもメリット)、 そして

② 「無駄なアナウンスを無くせる」 こと。



毎日、日本中の至る所で、電車が駅に止まるたび、「お忘れ物にご注意ください」 というアナウンスが流れています。
それが、このリボン導入後は、大多数の「忘れ物をしていない人」に呼びかけるのではなく、一部の「忘れ物をした人」にだけ呼びかけるので、だいぶ静かになります。



JRの収入源は、2通り。

① このシステムを、他の事業者に売り込む

他の交通系の会社(バス・タクシー・私鉄 etc.)はもちろん、
映画館/劇場とか、
レストランとか、
オフィスビルとか。。

忘れ物が発生しうるあらゆる場所・事業所に販売できます。
施設・乗り物の出入り口にセンサーをセットするだけで、導入完了です。
初期費用と、その後の計測リボン数で従量課金してもいいかも。夢は膨らみます。



② リボンの販売収入

リボンを、ユーザーに販売します。
上記の例であれば、リボン3本なので、この利用者はリボンを3つJR東日本から購入することになります。

Pasmoは1枚500円と安いですが、このリボンは、1個あたり結構高い値段で売れると思います。
なぜかって?

一度買ったら、なかなか無くさないからです♪

by dantanno | 2011-07-22 06:04 | 提言・発明 | Comments(0)

電力添付メール

ずっと昔から、「いずれは電力をメールに添付できる時代が来る」と、固く信じています。
d0237270_14394976.gif
一時期、それで起業できないか、なんて夢想したほど。2秒ぐらいで夢から覚めましたが。。。
今回の地震と、それに伴う騒動で、昔のDreamを思い出しました。

電力をメール添付できれば・・・
・ 日本のおかしな状況 (東日本と西日本で電圧(?)が異なり、融通できない) とかも改善されるだろうし (送信前に圧縮・解凍し、電圧を合わせればOK)、
・ 送電に伴うロス(送電ロス)も無くなるなあ。
あと、
・ 発電施設が無い後進国でも、通信さえ出来れば、電力を日本からプレゼントできる(もちろん、今の日本はそれどころじゃないっぽいですが)。
・ そうそう、日本の原風景を脅かす、こういうの↓も撤去できる!
d0237270_14373231.jpg

電力添付なんて、そんな馬鹿な、って思いますか?
でも、考えてみると、書類はもちろん、音楽とか、絵や動画までメールに添付できちゃう、これだってかなりUnbelievableなことですよね。
携帯電話同士での会話も、考えてみると、相当Unbelievableなことをやってる気がします。
それと大差ないと思えてしまう僕がおかしいのでしょうか。。



磯遊びで、よく乾電池のお世話になります。
魚やヤドカリに、海から自宅までの道のりを快適に旅していただくため、空気のブクブクを愛用しています。
d0237270_14445868.jpg

このブクブクを動かす乾電池を見ていると、「電力のメール添付まで、あと一歩じゃないか!がんばれ!!!」と、メール、じゃなくてエールを送りたくなります。
だって、乾電池を封筒に入れて郵送したら、ほぼメールで送るのと同じじゃないですか?
後は、電力を電子化するだけですね。どなたか、頭のいい方、どうぞよろしくお願いいたします!
by dantanno | 2011-07-06 20:45 | 提言・発明 | Comments(0)

東電の株主総会に思う

昨日、東電の株主総会が行われました。
そのニュースが今朝流れていました。
本来非公開であるはずの株主総会の模様を携帯で盗撮した映像で、株主達が東電役員陣に罵声を浴びせる様子が延々と流れていました。
それを見ていて、002.gifと思うことがあったので、書いてみようと思います。

1.僕は、IRに携わる人間です。
IRとは、投資家と企業の間で行われるPR活動で、
投資とは、投資家が企業を応援することだと思って、日々IRに参加しています。
株主総会に参加する資格があるということは、東電の株主であるわけです。
その総会の模様を携帯で盗撮し、メディアに売るとは、一体どういう株主か、とまず思ってしまいます。

2.非公開である株主総会の模様を、① 「メディアに売る」ことを目的として盗撮すること、さらには
②それを、盗撮されたものと知りながら、朝のニュースで流してしまうこと、
これは「犯罪」なのではないか、と思うわけです。

(ちなみに、東電は今回の株主総会を公開して行い、謝罪すべきは謝罪し、正々堂々と主張すべきは主張すればよかったと思いますが。普通は、競争上、株主総会は非公開であって然るべきだと思います。)

「東電は悪者。悪者に対しては、何をしてもいいんだ」というロジックなのでしょうか。ダメでしょ、そんなの。

3.いい加減、弱い者いじめはやめませんか、と思います。
東電は、いまや完全な「弱者」です。
その、地に倒れた弱者をさらに踏みにじるような真似は、一部の人にとって、Entertainmentとして、ネタとしてはおもしろいのかもしれませんが、社会を良くする方向には作用しません。
それを視ている我々も我々で、この視聴者にしてこのメディアあり。We only get the media that we deserveな気がします。

4. 3.に関連しますが、メディアは正義の味方であってほしい。
弱者をさらにたたくのではなく、強者をたたき、弱者を助ける、かっこいいジャーナリズムであってほしい。

TVをつければ、東電の株主総会の盗撮映像が流れている。
新聞を開けば、やれ菅さんはダメだ、民主党はダメだ、的な記事で溢れかえっている。
その根底には、「我々は強者をたたいている、正義のジャーナリズム」という意識があるかと思いますが、実際は逆で、今は政治、そして東電は完全な弱者になっています。
それをさらにたたくのではなく、例えば「東電は今こういう面でがんばっている」とか、「今日、菅さんはこういういいことをした/言った」とか、そういうポジティブな記事を書く、勇気あるメディアの出現を熱望します。
by dantanno | 2011-06-29 22:58 | 提言・発明 | Comments(0)