たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「信仰」のもたらす害

パリで、恐ろしい事件が起きました。
こういう事件が起きてしまう背景について、マクロ・ミクロの両面から考えてみました。

マクロ: 「自分が信じる神/宗教/思想が正しく、他の人々が間違っている」という思い。
ミクロ: 「自分が信じる神/宗教のために死ねば(つまり、殉教すれば)、直ちに天国に行くことが出来る」という思い。自爆テロ犯はそう教わって説得されることがあるそうです。

どちらも、実は全くそんなこと無いのに。。。

上記2つの思いは、良く言えば「信仰」、悪く言えばただの思い込みです。

ーーー

信仰(Faith)とは何か。

それは、

科学的・客観的根拠(以下「根拠」)が無いにも関わらず、何かを信じること

とも言えないか。

何かに根拠があれば、それが事実だと信じるのに「信仰心」など必要ありません。
根拠が無いからこそ、信仰する気持ちが必要になります。

ーーー

僕は昔から、宗教系のエライ人が着飾れば着飾るほど、(実はウソなのではないか・・・)と疑ってしまうクセがあります。

d0237270_22332732.jpg


だって、もし「本当」なのであれば、Tシャツに短パンでOKなはず。

本当に力のある人、しっかりとした実績がある人、つまり「根拠のある人」ということですが、そういう人は無理に着飾ったりしない、という例をいくつか見てきたからそう思うのかもしれません。

ーーー

根拠を大事にするアプローチ、それは「科学的なアプローチ」という言い方も出来るかもしれませんが、そういうアプローチでは:

根拠がある → 事実として受け止める。もしその後、何らかの理由で根拠が崩れれば、また考え直す。
根拠が(今はまだ)無い → 「分からない」、あるいは「どちらとも言えない」というスタンスを取る。そして、根拠を見出すべく、研究・努力する。

一方、「信仰」的なアプローチは:

自分の宗教、聖典、頭の中で聞こえる神の声、etc., etc.がそう言っているんだから、それは正しい。信仰を疑うことは悪であり、弱さである。

ーーー

多くの場合、「信仰」はその人の頭の中だけで完結せず、具体的な行動を伴います。

・ 毎週日曜日に教会に行く
・ 画数を気にする
・ 厄払い
・ ブタは「汚れている」から食べない
・ 牛は聖なる生き物だから大事にする
・ 子供に自分の宗教を押しつける
・ テロ行為

上記に共通するのは、いずれも信仰心、すなわち根拠無く何かを信じる気持ち、から生まれた行為だという点です。

「毎週日曜日に教会に行く」と「テロ行為」を同列に並べることの違和感。
それはどこから生じるのか?以下、具体例を挙げて考えてみます。

ーーー

ここに、頭ポカポカ教という宗教があるとしましょう。
教義は、「毎日、自分の頭をポカポカたたき続ければ、聖人として天国に行ける」というものです。

科学的アプローチを取れば、「その教義は本当に正しいのか?」という疑問が生じ、研究が行われ、「実は間違いだった」、あるいは「実は根拠が無かった」ということが分かり、自分の頭をポカポカしなくなるでしょう。

一方、「信仰」的アプローチを取れば、根拠があろうと無かろうとそれは「正しい」わけだから、毎日頭をポカポカたたき続けることになります。痛いです。

ーーー

上記ポカポカ教は、愚かではあるものの、人様に迷惑をかけてはいません。
その観点から行くと、さきほど箇条書きした「信仰に基づく行動」についても、人様に迷惑をかけるかどうか、という線引きが出来るでしょう。

・ 毎週日曜日に教会に行く
・ 画数を気にする
・ 厄払い
・ ブタは「汚れている」から食べない
・ 牛は聖なる生き物だから大事にする
・ 子供に自分の宗教を押しつける
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ テロ行為

いや、正しい線の位置はここでしょうか。

・ 毎週日曜日に教会に行く
・ 画数を気にする
・ 厄払い
・ ブタは「汚れている」から食べない
・ 牛は聖なる生き物だから大事にする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ 子供に自分の宗教を押しつける
・ テロ行為

ーーー

人様に迷惑をかけない信仰を、仮に「自己完結型の信仰」と呼びます。
自己完結型の信仰は、もしそれが正しいのであれば何も問題無いし、仮にそれが間違っているとしても迷惑を蒙るのは本人だけだから、周りがとやかく言うべきではないのか。
いや、僕はそんなことは無いと思います。

自己完結型の信仰にも害はあります。
それは、根拠無く何かを信じ、その信じる心に従って行動することを認め、肯定し、促し助長する、という点です。

毎週礼拝を欠かさない優しいおばあちゃんも、そして一見その対極にあるような自爆テロ犯も、

「自分の神・宗教が正しい。
その神・宗教が求める通りに行動すれば天国に行ける」

と固く、科学的根拠無く信じ、それに従って行動している、という面においては似ています。

ーーー

以下のような教えの宗教はこの世に無いものでしょうか。

・根拠が無いのであれば、「今はまだ分からない」ことを認める。そして、根拠を見つけるよう、研究したり、勉強したり、努力する。
・自分が正しいと決めつけず、人の意見を尊重する。


あればすぐにでも入信したいです。

いや、考えてみれば、我々の多くは上記を既に「信じて」います。
矛盾しているかもしれませんが、宗教を信じている人でも、宗教から離れた日常生活では、上記を信じている人も多いでしょう。

根拠無く何かを信じることはなるべくやめて、謙虚に努力し続ければいいのでしょう。
みんながそう信じ、行動すれば、卑劣なテロ行為は無くなると思います。
by dantanno | 2015-11-16 23:21 | 日々研鑽 | Comments(0)