たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

日本通訳フォーラム2015で、IPO/POの通訳について講演します

今月29日(土)、日本会議通訳者協会主催のイベント「日本通訳フォーラム2015」で講演します。

イベントの詳細はこちら

講演の内容は、最近自分が一番熱心に行っているIPO/POロードショー(ディール・ロードショー)における通訳についてです。



---



通訳者になりたての頃、自分は非常に無力だと感じました。

ウデはまだこれからだし、実績は無いし、エージェントからは知られていないし、気に入ってくれているクライアント企業はこの世に1社も無い。
(オレはここにいるんだーーー)と、心の中で叫んでいました(笑)。
そして、どうすれば通訳者としてもっと「強く」なれるんだろう、、、と、そればかり考えていました。

僕にとって、その答えの一つがディール・ロードショーです。



---



IRの形態を大別すると、

1. 海外投資家が日本に来て、日本企業を訪問する(企業訪問)
2. 日本企業が海外に行って、海外投資家を訪問する(「ロードショー」、あるいは「海外IR」)


があります。



2.の「ロードショー」は、さらに2つのタイプに分けられます。

例えば年2回、半期の決算が締まったら行くような定常的なロードショー、これをノン・ディール・ロードショー(NDR)と言います。
それに対し、企業が新たに上場する際(IPO)、あるいは公募増資をする際(PO)のロードショーのことをディール・ロードショーと言います。

NDRにおいても、もちろん関係者はみな一生懸命ですが、ディール・ロードショーにおいては、その真剣さはさらに一段上に行きます。

悲願の上場。
30年ぶりの巨額公募増資。

その企業の社長、そして全役職員にとって、また、幹事証券会社の方々にとって、なんとしても成功させないといけない案件です。



---



通訳者はあくまでも脇役であり、それはディール・ロードショーにおいてもそうです。

でも、ディール・ロードショーで通訳者が果たす役割は非常に大きく、いい働きをすればとても大きな効果を生み出すことが出来るし、関係者からとても喜ばれます。
正直、通訳者がとてもよかった場合と全くダメだった場合とでは、ディールの成功度合い(ディマンドがどの程度積み上がるかとか、どの程度株価のディスカウントをおさえられるかとか)に影響があると思います。



「通訳は大事!」というのは、ディール・ロードショー以外のどの通訳案件にもあてはまる事実です。
でも、その事実を一番強く実感出来るのが、僕にとってはディール・ロードショーである、ということです。



ディール・ロードショーから帰国し、しばらく経ったある日の朝刊。
その会社が無事上場、あるいは増資出来たことを知ると、通訳者になりたての頃に感じていた無力感から解放され、自分が世の役に立っていると実感出来るんです。




---



まだIR通訳をしたことが無い通訳者からすれば、「ディール・ロードショーなんて、自分とは無縁のこと」と思って当然だと思います。

でも、ベースとなる通訳力さえあれば、かなり短い期間でこうしたロードショー案件が出来るようになります。
そして、一番大事なのは、通訳の技量ではなく、企業や証券会社の方々と一緒にチームを組んで、「どうすればこのディールを成功させられるか?」を、知恵を振り絞って考える姿勢だと思います。

祭りが好きな人、すぐ熱くなる人、スポーツが好きな人、飽きっぽいところがある人、旅が好きな人におすすめです。

d0237270_1102060.jpg


8月29日(土)、よければぜひ遊びに来てください!
あなたもディール・ロードショーをやってみましょう。
by dantanno | 2015-08-13 11:06 | IR通訳 | Comments(4)
Commented at 2015-08-14 03:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dantanno at 2015-08-14 09:35
NIRVANA TRANSさん、うれしいコメント誠にありがとうございます。このようなブログでも、どなたかが喜んでくださっているかと思うと、とても励みになります。もう少し更新頻度を上げた方がいいですね(笑)。これからもぜひどうぞよろしくお願いします。
Commented at 2015-08-20 04:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dantanno at 2015-08-21 15:35
efendiさん、うれしいメッセージありがとうございます。
そうですか、新たなキャリアのスタートですね!すばらしいと思います。
フリーとインハウスはそれぞれ一長一短で、自分の性格や人生におけるタイミングに応じ、うまく使い分けることが大事だなあ、、、と思います。

前回の長時間同通に関する記事を投稿したことで、2年越しの喉のつかえが取れたような感じがして、すっかり脱力してしまっていました(笑)。
これからはまた投稿を再開していこうと思っているので、ぜひときどき覗きにいらしてください。