たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ハーレーダビッドソンに乗ってみました!

とてもひさしぶりに、用事が何一つ無い日。
バイクで出掛けることにしました。



今日の行き先は道志の湯。
山中湖の方です。

バイクでちょっと行くにはちょうどいい距離(ウチから2時間ぐらい)だし、お風呂もあるし、山登りも出来ます。



準備万端整え、荷物をバイクに積み、キーを回してエンジンを、、、、、

あれれ?
全然エンジンがかかりません。

ずっと乗ってなかったため、バッテリーが上がっちゃったようです。

「剣山は遠かった。。」の悪夢(笑)が思い出されます。

d0237270_19452395.jpg


仕方ないから、クルマで出掛けよっかな。
でも、それじゃ意味無いんだよな。。
やっぱり「バイクで行く」ってとこに意味が、、、なんてことをグダグダ考えていたら、ふと思い出しました。

そう言えば、ウチのすぐ近くにレンタルバイク屋なるものがあったことを。


さっそく電話し、昔から一度乗ってみたかったハーレーダビッドソンをチョイスしました。

車種は、XL883L。
d0237270_19574208.jpeg



とことこレンタルバイク屋まで歩いて行き、実物を目にすると、、、

d0237270_20020585.jpg


いい感じ!


前にくっついてるセントバーナードみたいなやつも気に入りました。

d0237270_20025950.jpg


いざ出発!!!

ETCカードを忘れたので、一度家へ。

d0237270_20034831.jpg

うーん、ハーレーが小さく見える。。。
やっぱり大きすぎるんだよな、俺のバイク。
大きいとカッコイイかな、的な安易な期待もあった気がするけど、実際に手にしてみると、小さい方がいいです。
今日だって、出発しようと思ったらバッテリーが上がってることに気付き、そこから定位置まで押して戻すのがほんと一苦労でした。
エンジンがかからないと、本当に大変です。



ーーー



レンタルバイク、ってのはなかなかいいシステムですね。

「異性に興味はあるけど、結婚はしたくない」という人にとって、いろんなバイクを好きなときに借りて楽しめるのはすばらしい。
また、結婚願望がある人にとっても、いきなり結婚しちゃうんじゃなくて、いろんなバイクを試してから本当に自分に合った一台を買える、という意味でもすばらしい。



ーーー



興味無い人は本当に興味無いだろうけど、

BMW R1200 GS Adventure 対 Harley Davidson XL883Lのいいところ対決!!!

両方乗ってみた上での感想です。
まず、愛車GSアドベンチャーから。



○ 暖かい

今日借りたハーレーは、当たり前だけどモロに風を受けます。
冬はきついですね−、ほんとに。
はな垂らして高速を走りながら、(家でビール飲んでればよかったかな。。。)とちょっと後悔しました。

その点、GSアドベンチャーは大きいカウルが風をかなり遮ってくれるし、なんといっても強みに感じたのが電動ハンドウォーマー
スイッチを入れるとジワーッとハンドルがあったかくなる機能です。

もちろん車種によるんだろうけど、ハーレーはあったかいカリフォルニアとかをTシャツでかっ飛ばすのに向いてるのかな、って思いました。

○ 航続距離が600km以上と半端ない

バイクで何がネックかって、寒いのもそうだけど、すぐに燃料が無くなること。
クルマと比べ燃費はいいんだけど、燃料タンクが小さいから。

特に僕みたいに山奥とか林道とかをフラフラ走りたい場合、常にガス欠の恐怖と戦うことになります。
まあ、こまめに給油すればいいんですけど、なんだかすごく時間がもったいない。

その点、GSアドベンチャーは600km以上無給油で走れるので、ほんっっっっっっっっっっっとにありがたい。

ガソリンスタンドに立ち寄ると、給油してくれるおじさんがしばらく給油した後、(え、まだガソリン入るの?)的な反応を示します。
なんと30リットル以上入るので。

○ 荷物がたくさん載る

ハーレーはセントバーナードだけなのに対し、

d0237270_20025950.jpg



アドベンチャーはいくらでも荷物が載ります。

d0237270_19452395.jpg


以前、奥さんを後ろに乗せて2週間キャンプツーリングしたけど、そのときの荷物もどうにか載りました。
夜逃げみたいだったけど。



ーーー



では次に、ハーレーのよかった点:



○ トルクが太い

行きはまだ慣れなくてあまり楽しめなかったけど、帰りの道志道はとても楽しかった。

1速や2速でも回転上げれば十分走れちゃうんだけど、それだとワンワンうるさい。
一番いいのは3速か4速ぐらいで、結構低めの回転でドドドドド、という走り方。
これこそがハーレーの真骨頂なのかな、と思いました。

GSアドベンチャーの場合、3速や4速の低回転からコーナーを曲がり切り加速しようにも、ブボボボボみたいなこもった雰囲気で、心細く感じることがあります。

ハーレーのトルクが太いからかどうか分かりませんが、例えば3速で緩いコーナーを抜ける際、思ったよりもまっすぐ伸びる感じがあるので、緩いコーナーなのに結構大回りになってしまいちょっと焦る、ということが何度かありました。
まあ、僕が慣れていないからでしょう。

僕は高校からずっとバイク乗ってる割にはライディング・スクールとか行ったことないし、ちゃんと教わったことないので、あまり上手じゃありません。
そんな僕でも(俺、なんだかうまくなったかな?)という錯覚を感じられる楽しいバイクでした。

○ 小さい

やっぱりいいですね、小さいのって。
余計な自己主張してる場合じゃないです。

○ エンジンがかかる

ま、結局これに尽きますね。
愛車GSアドベンチャーは、フューエルポンプコントローラーの不調(結局リコールに・・・)とか、原因不明のエンジン停止とか、(ユーザー側の怠慢による)バッテリー上がりとか、動かない理由が多すぎる。
「出来ません」じゃなくて、どうすれば出来るかを考えてほしいんですよね。



ーーー



今回ちょっと別のバイクに乗ってみてちょっと楽しかったけど、やっぱり僕はGSアドベンチャーが好きだと思いました。
こういう発見が出来るのもお見合いパーティーならではですね。

早く治してあげて、どこかに旅に出ようと思います。

by dantanno | 2014-12-15 20:31 | プライベート | Comments(2)
Commented by Shira at 2014-12-15 23:02 x
こんにちは。
道志みちにはスリムな883(パパさん)が似合いそうですね。そろそろ山伏峠が凍結する季節ですね。

ハーレーのもうひとつのやっかいさは…
インチねじ!
ではないでしょうか。
Commented by dantanno at 2014-12-31 05:56
Shiraさん、ありがとうございます。
そうそう、確かにスリムでした。
ハーレーだから、きっととても大きいんだろう、と思っていましたが、先入観に囚われないことが大事ですねー。
次はCBR600に乗ってみようと目論んでいます。