たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

書店たちよ、ビニールカバーを突き破れ!

ときどき、無性にマンガを買って読みたくなります。



「マンガを読みたくなる」のではありません。
「マンガを買って読みたくなる」んです。



---



マンガを何冊か買って、、、

神保町のさぼうるみたいなちょっと薄暗い喫茶店に入り、コーヒーをおかわりしながらモクモクと読みたいんです。

あるいは、夕方早くからやってる飲み屋に行って、入り口近くの腰掛けでオリーブとアンチョビとポテトサラダとビールと白ワインをやりながら、ワシャワシャと心ゆくまで読みたいんです。



---



マンガを買いたいときは、書店に行きます。

マンガたちは、みんなビニールカバーに覆われています。
覆われているので、中の様子をうかがい知ることは出来ません。
出来ないので、マンガの選定は100%ジャケ買いになります。



僕、マンガは好きなんだけど、ストライクゾーンは極めて狭い。

スラムダンクみたいなスポーツものはあまりピンと来ません。
ジョジョの奇妙な冒険とか、ONE PIECEみたいな架空の冒険ものもあまり。

好きなのは、実際の生活・人生をネタにしたもの。

最近読んでおもしろかったのはこのあたり:

d0237270_1204354.jpg


d0237270_1463095.jpg


d0237270_1314617.jpg




ストライクゾーンが極めて狭い人が、ジャケ買いでマンガを選ぶとどうなるか。。。
ほぼ四球です。



マンガって、ストーリーも大事だけど、絵のフィーリングも大事じゃないですか。
絵がピンと来ないと、なかなか読み進める気がしません。



---



夕方早くからやってる飲み屋に行って、入り口近くの腰掛けに陣取り、オリーブとビールが出された頃合いを見計らってビニールカバーを破り、ワクワクしながら取り出したマンガの表紙をめくったら目に飛び込んで来た絵のフィーリングがピンとこなかったときの落胆ぶりといったら。。。



Amazonであれば、ものによってはなか身!検索って機能を使って、中のページを少し見てから買うかどうかを決められたりするのかな。

「モノを手に取って、実際に確認してから購入を決定できる」
というのは、リアル店舗に残された数少ない専売特許のはずが、この逆転現象は興味深い。



---



数冊買ったマンガが全てボール球であることを確認し、アンチョビと白ワインもそこそこに店を飛び出し、夕闇に包まれはじめた街をあてもなく一塁方向にトボトボ歩くオレの目にとまったのは、、、





















d0237270_1353535.jpg



そっか、ブックオフで買えばいいのか。。。



---



ブックオフであれば、、、
ヘンなビニールカバーなんてかかってないから、中身を見た上でマンガを買えます。
しかも安い。100円。



いや、しかし、、、
マンガを買って読みたくなったとき、アタマではブックオフに行くのがベストだと分かっていても、カラダがどうしても足を向けない。

やっぱり、新品を買って読みたい。
でも、新品たちはみんなビニールに覆われている。
だから、例えほぼデッドボールだと分かっていても、書店で新品を買っています。

僕みたいに新品に対するこだわりが無い人は、ブックオフに流れているかもしれません。



---



なんでビニールカバーをかけるのか。

立ち読み出来なくするためです。



昔はビニールカバーなんてかかっていなかった。
そして確かに、僕も子供の頃、書店でたくさん立ち読みをさせていただきました。

実家の近くの四谷三丁目の交差点にあった書店は、すばらしいことに、「床に座り込んで読んでもいい」というおおらかな雰囲気の店で、そこでドラえもん等をむさぼり読みました。

その頃マンガに触れたおかげでマンガが好きになり、当時はもちろん、今でもときどき無性にマンガを買って読みたくなっていることを考えると、立ち読みがマンガ人口を作っていた、とも言えると思います。

その立ち読みが不可能になった今、日本の漫画界は一体どうなってしまうのか。。。



















d0237270_1353535.jpg



そっか、ブックオフ行けばいいのか。。。



---



なにかとブックオフにしてやられたりの書店たち。
そろそろビニールから飛び出してみてはいかがでしょうか。
by dantanno | 2013-11-25 01:51 | 提言・発明 | Comments(0)