たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

エスカレーター改革私案: 前編

最近、僕のハートを鷲づかみにして離さないもの、それはエスカレーター。

d0237270_18332125.jpg


最大の魅力は、その二面性でしょうか。

d0237270_18332225.jpg


華やかな舞台で、たくさんの人を乗せて活躍する表側。
そのちょうど下では、全く同じ長さの裏側が、真っ暗闇の中、人知れず稼働しています。

上りのエスカレーターであれば、上まで到達した段は地中に吸い込まれ、夜を迎えます。
夜の間に一番下まで戻り、再び夜明けがやってきます。
陰と陽感、輪廻転生感がハンパありません。

d0237270_1831146.jpg




さて、そんなエスカレーターを今よりもさらに良くする方法はないものか、考えてみました。

着目したのは、朝のラッシュ時のエスカレーター。
その麓(?)にはよく、乗車待ちの列が出来ています。

いや、何も朝のラッシュ時だけに限りません。
昼間の、それほど混んでいない時間帯であっても、電車がホームに到着した直後は、エスカレーター待ちの行列が出来ることがしばしば。

みんな、エスカレーターが大好きなんですね。



出来ることなら、長々と並ばずにエスカレーターに乗りたい。
そして、エスカレーターが本来持つポテンシャルは、必ずや行列を解消出来るはずだと思うんです。

では、一体どうすればいいのか?

以下、私案を4つほど。



1. エスカレーターの速度を遅くする
2. エスカレーターの速度を速くする
3. 幅(奥行き)をいじる
4. 幅(横幅)をいじる




---



1. エスカレーターの速度を遅くする



え?
速くする、じゃなくて?

はい、遅くするといいと思います。



例えば、今のエスカレーターの速度を100としましょう。
どの程度遅くすればいいのか。

90?
80?

そんなんじゃ甘いですね。
多分、それぐらいの速度にすると、かえって行列が長くなっちゃうと思います。



じゃあ、90とか80じゃなくて、10ぐらいに速度を下げたらどう?

現行の10分の1です。
かろうじて動いてる、というレベルの遅さでしょうか。

あるいは、いっそのこと0(止めちゃう)とか。

そうなると、エスカレーターに乗るのが馬鹿らしくなります。
ましてや、行列してまで乗る人はあまりいないでしょう。
階段にシフトする人が続出し、エスカレーターの行列は間違いなく解消される。。。



---



そもそも、なんのためにエスカレーターの行列を解消したいのかというと、人々をハッピーにするためです。世の中をより良くするためです。

① エスカレーターの行列を解消する → 表面的な目標
② 人々をハッピーに。世の中をより良く → 本質的・実質的な目標

そう考えると、「① エスカレーターの行列を解消する」というのは実は目標などではなく、目標(ハッピーetc.)を達成するための手段であることが分かります。

プロジェクトの最初から、あるいはその途中から手段と目的の整理がおろそかになると、当初の意図と反対の結果に至ることがあるんだなあ、と思いました。



2. エスカレーターの速度を上げる



韓国とかに行くと、エスカレーターが超速いです。

d0237270_185545.jpg


日本の1.5倍ぐらいでしょうか。

d0237270_18551623.jpg


韓国のエスカレーター、最初乗ったときは「おっ?」って思うけど、すぐ慣れます。
転ぶ人が続出している様子もありません。



日本も、もっと速くしたらいいと思います。



エスカレーターの速度を上げると、乗り降りに失敗してケガをする人が増えるでしょう。
また、高齢者やカラダの不自由な人にとって、乗りにくくなるでしょう。

それを防ぐためには、「何らかの安全性向上策(後述)とセット」という条件付きで速度を、そうですねえ、、、3割増ぐらいということにして、

現行 100
改善後 130

ぐらいでいかがでしょうか。



次回は
3. エスカレーターの幅(奥行き)をいじる
4. エスカレーターの幅(横幅)をいじる
について考察します。

<続く>
by dantanno | 2013-10-25 22:27 | 提言・発明 | Comments(0)