たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

トライアスロンで学んだこと: 1.胸元編

無謀にも、トライアスロンの大会に出場したことがあります。


d0237270_183251.jpg



オチを最初に書いちゃうと、、、、


撃沈しました。
ビリから何番目、という無残な結果です。

ご親切にも、今でもちゃんと記録を残しておいてくれてるんですね。
消していただいてOKですが。



撃沈はしたものの、この日とても大切なことをいくつか学んだ気がするので、
それについて書いてみようと思います。



---



一口に「トライアスロン」といっても、いろいろあります。


d0237270_185435.jpg


何kmも泳いで、
スゲー距離チャリンコこいで、
最後フルマラソン、みたいな
ちょっとアホな人たちが出場するようなレースもあれば、
それよりもずっと短いレースもあります。

僕が出場したのは、
スイム600m
バイク30km
ラン5km
という、シロウトにやさしい短かめのレースでした。



---



個人的に、最初の「スイム」が一番の難関です。
これさえクリア出来れば、あとはチャリこいで走るだけ。
タイムを気にせず、「完走できればいい」のであれば、まあなんとかなる。

でも、「600m泳ぐ」ってのが、僕にとっては異次元の世界でした。
フツー、泳ぐって言ったら25mでしょ?



しょうがないので、レースの少し前からプールに通い、
一応500~600mはまあなんとか泳げるようにして、本番に臨みました。



---



自分なりにカラダを整え、迎えた本番の朝。
思わぬハプニングが。



このレースは「ウェットスーツ着用」というルールだったんですが、

d0237270_192817.jpg

ウェットスーツを持っていない僕は、弟(=トライアスリート)のものを借りていました。
それを、事前に一度も試着せずに本番の朝を迎え、ヨユーぶっこいて着ようとしたら、、、



キツイ



キツすぎて、
チャ、チャックが全然閉まらない。



ちゃんと閉めると首のあたりまで来るはずのチャックが、胸の途中ぐらいまでしか行かず。
しかも、そこまで閉めると、、、



息が出来ない・・・



(オレって、こんなに胸板厚かったっけ♪?)
って錯覚するぐらい、パンパンのキツキツです。



苦手なスイムをなんとか克服しようと目論む者にとって、
胸毛チョイ出し、呼吸不可ってのは、あまりにも重いハンデではないでしょうか。

<続く>
by dantanno | 2013-05-31 01:17 | プライベート | Comments(0)