たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

TPPってなんの略だっけ?

今日は、珍しく日本の国益なぞ、マジメなネタに取り組んでみたいと思います。

僕はこれからずっと日本で生きていくわけだし、
仕事面でも、日本株、日本のIRに思いっきりインパクトを受ける分野で起業した以上、
日本の国益は、自分のHappinessに直結します。



---



農家の人たちが、TPPに反対だって。

d0237270_0371968.jpg


まさにSo what?な、ごく当たり前のニュースですが、今日はこれに注目。



なんでこの人たちはTPPに反対なのか。



農家だからですかね。
TPPで、安くて美味しい外国産の農作物が日本に入ってくると、自分達が作っている高額の農作物が売れなくなるから?
高いプライス、プロテクト(TPP)したいから?



我らが日本の農家なら、、、
おいしいものを作っているという自負があるなら、、、
TPPに賛成し、アジア諸国の関税を撤廃させ、TPPの後ろ盾でもって、
日本のおいしい農作物を世界に売り込みまくってやる!
ぐらいの心意気がほしいものですが、今日はその話をしたいのではないので、割愛します。

また、TPPの是非を論じたいのでもありません。
TPPについてではなく、この農家の人たちについて考えたいんです。



---



TPPで、安くて美味しい外国産の農作物が日本に入ってくると、自分達が作っている高額の農作物が売れなくなるから、TPPに反対する。

この人たちは、
1.安くて美味しい農作物が日本に入ってくると、(農家である自分は確かに困ってしまうかもしれないが、)その他大多数の日本人はとっても喜ぶこと、
(ちなみに、その「喜び」の度合いは、農家の困り具合に比例)および
2.農業以外の、例えば製造業とかは、TPPによって多大な恩恵を被る、

という点について、果たしてどう考えて、、いや、そもそも考えているんだろうか。

農家である自分達は、確かに困る。
で、「農家の人たちが困る」ことは、同じ日本人である「農家以外の我々」にとっても困りもの。その分を△10として、
日本人全体(農家含む!)が安い輸入品の恩恵を受けるのが例えば+50ぐらい。
で、製造業がTPPによって受けるメリットが例えば+60ぐらい。
ってことは、△10+50+60=+100だ!
って、そういうふうに考えないのかなあ。

あるいはアレかな、農家の損が△10、日本全体の恩恵が+4、製造業が受けるメリットが+5だから、トータルで△1 → 反対、ってことなのかなあ。

まさか、自分達農家の△10のところだけを見て、
日本人全体のこととか、製造業のこととかを無視して反対とか言ってるのかなあ。。。
そうでないことを心から願います。



---



もう1つ農家話で申し訳ないけど、今からほんの数年前、今とは逆方向に政権交代が起きようとしていた頃。
TVで、どこかの地方の農家をレポーターが直撃。

レポーター 「**党について、どう思われますか?」
農家のおじさん 「**党は、農業への補助金を減らして財政再建したいって言ってるから、ダメだっぺ。やっぱ○○党だっぺ」



これを見て、
1.財政再建そっちのけなその気っ風の良さ(?)が動物的でいい、と思ったのと、
2.自分の損得だけで支持する政党・政治家を選ぶ人がいることにやや愕然としたのと、
それよりも驚きだったのが、
3.そういう自分の私利私欲を、TVのような公な場で恥ずかしげもなく披露する
その感覚にビックリでした。



---



しょうもない例で恐縮だけど、僕が日本の英語教育改善に反対!するようなものでしょ?

通訳会社の経営者としては、日本人がみんな英語ペラペラになっちゃうと、すっごく困っちゃうわけです。
だから、自分のことだけを考えたら、英語教育がよくなっちゃうことには大反対
デモでもなんでもします。"家族を守る"ためだからね。
通訳会社以外にも、英語教室や英会話本の出版社のみなさんも行進に参加してくれるでしょう。

でも、日本人全体にとっては、みんなが英語しゃべれるようになることは絶大なプラスだし、ぜひやるべきですよね。



---



冒頭の、元気に「TPP反対!」と叫ぶ農家の人たちを見ていると、上記TVに出てた農家のおじさん、そして「英語教育改善反対」の垂れ幕を持って国会周辺を練り歩く自分を連想し、恥ずかしくなります。



今回の選挙含め、自分がこの先何回選挙に参加するか分かりませんが、
絶対に自分にとっての私利私欲だけでなく、日本にとってベストな政党、政治家を選ぶ国民でありたい、としみじみ思います。



---



なーーーんて書いてきたけどね、、、、、、
冒頭の
僕はこれからずっと日本で生きていくわけだし、
仕事面でも、日本株、日本のIRに思いっきりインパクトを受ける分野で起業した以上、
日本の国益は、自分のHappinessに直結します。


それも、結局、私利私欲じゃねえか、という気がするわけです。
ああ、確かにそうだよ。



じゃあ、 TPP反対の農家の人たち VS 僕 の違いは何か。



私利私欲のレンジが、単に自分、および自分の家族(すなわち自分)だけを含むのか、
自分が属する業界とか、住んでいる村、市、県を含むのか、
あるいは日本全体までカバーされているのか、
はたまた世界全体のことを考えているのか。

d0237270_12818100.jpg


そのレンジ、カバーされる幅が人それぞれ異なるだけで、根底でやってることは要は同じような気も。
ってことは、自分の損得だけを考えてTPPに反対する農家の人たちと、
英語がどうした、って垂れ幕掲げるオレと、
(一応)日本の国益を考えてTPPを評価しようとするオレと、
みんな所詮同じなのかな。いや、違う!などと自問自答しています。



あと、TPPに賛成という農家の人もいるだろうから、
そういう人と会って、話を聞いてみたい。
きっと、話が合いそうな気がするから。
by dantanno | 2012-12-05 00:58 | 提言・発明 | Comments(0)