たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

都のことを考えてくれる人希望

今からほんの1年半前。
東国原氏、ワタミの渡辺氏らを破って都知事に再選された石原さんが、「新党結成へ」とのこと。

記事の中に
「石原氏はこれまで党首と知事の両立を否定しており、任期を約2年半残し、辞意を表明する可能性がある」
とあります。

いずれにせよ、新党を結成したり、尖閣諸島を買うとか買わないとか、
東京都の運営とはおよそかけ離れた活動が多い。再選後、本も複数出しています。
(実際には都関連の仕事がメインで、たまたまそれ以外の活動が派手に伝わっているだけかもしれないけど。)



もし、石原さんを当選させた人たちが、「都をより良くしてほしい」と期待していたのであれば。。。
もし、石原さんに破れた東国原氏や渡辺氏らが、本気で都をより良くしたいと思って出馬したのであれば。。。

その人たちは、その後の石原さんを見て、今一体何を思うんだろう。
そしてそもそも、石原さんはなんのために都知事を再度やりたかったんだろう。



石原さんがそうであったか、なかったかは置いておいて、
次に知事になる人は、ぜひ東京都をより良くするために活動する人であってほしい。

<オマケ>あと、記者会見でちゃんと敬語を使え、記者に対して恐くしない人だといいなあ。
今、知事の定例記者会見が恐すぎて、見ていてハラハラします(笑)。
by dantanno | 2012-10-25 15:06 | 提言・発明 | Comments(0)