たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ゴビンダさんを牢屋に追い込んだ検察。その検察を、犯罪に追い込んだのは誰か。

先日、日本での15年間の拘留、いや、監禁?を経て、ネパールに帰国したゴビンダ・マイナリさん。
d0237270_071963.jpg

村木さん事件、菅谷さん事件と、検察の不正に徐々に慣れ始めている我々にとっては、
またか
的な事件でしたね。

今回の事件でも、検察が「検察側に不利となる証拠」を隠していました。
具体的には、当日、犯行現場に、別の男がいたことを示す証拠。
それほどの決定的な情報があれば、15年もの月日は流れなかったはず。



15年っていうのは、僕と同じ世代の人が大学を出て、就職した頃から今日まで流れた月日と大体同じぐらい。
それを全部、牢屋で過ごすことを考えると・・・
これまでのキャリアで、ちょっと回り道しちゃったかも
とか言って悩む自分が、いかに恵まれているかが分かります。
ゴビンダさんかわいそう。



大体、ゴビンダ・マイナリっていう、この名前がもう推定無罪(笑)。
ひらがなで書くと、ごびんだ・まいなりですよ。
漢字だと、ご瓶玉稲荷
人の名前で遊んじゃいけませんね。
でも、こんな名前の人が、あんな悪いことするハズがない気がする(笑)。
d0237270_0551294.jpg

まあ、それは冗談として、
結局犯人は捕まっていないわけですから、誰が犯人なのか分かりません。
僕かもしれないし、あなたかもしれないし、マイナリさんなのかもしれない。

今焦点を当てたいのは、マイナリさんが犯人なのかではなく、
検察がやったことは罪ではないのかということ。



検察の証拠隠しについては、もはやあまり驚かなくなっている自分に驚きましたが、
今回、そんな僕でさえも結構ショッキングだったのがコレ:

Roommate says police forced him to sign false statement indicating Mainali's guilt


事件前、ゴビンダさんのルームメートだった男性の証言です。
なんと、ゴビンダさんが金目当てで被害者を殺害したという筋書きをでっち上げるため、
「ゴビンダさんが、事件直後、貸していたカネを返してきた」
との証言を検察に強要されたそうです。

実際には、事件が発生するにお金を返してもらっていたにもかかわらず、
この男性、数ヶ月にわたる朝から晩までの尋問に屈し、「カネを返してもらったのは事件」と、ウソの証言に追い込まれてしまいました。



こんなことが起きてるなんて、どこかよその国みたいですね。



今回、検察がやったことは、れっきとした犯罪だと思う。

もし仮に、それを罰する法律が無いのであれば、それは法律がおかしいんだと思う。
また、結果的に、ゴビンダさんの15年に対し検察側は誰一人、1日たりとも牢屋に入れられなくても、それも関係無い。
罪の重さと、罰の重さが必ずしも比例しないことは、ゴビンダさんが15年かけ、身をもって示してくれた通りです。
これは、れっきとした犯罪だと思う。



検察が犯罪を犯す。
単に、「検察ふざけんな♪」では済まない問題のような気がしたので、
なぜそうなってしまうのか063.gif
という、得意の「なぜシリーズ」を発動させてしまいました。

なぜ、検察はそこまでしてゴビンダさんを犯人に仕立て上げようとしたのか。
村木さんの時は?菅谷さんは?



多分、共通するのは、
ミスをおかしたことを認めるわけにはいかない
という、自分で自分を追い込むメンタリティーだと思います。



ちょっと想像してみました。
仮に、検察が
「この前、東電OL事件の犯人かなあと思って、ネパール人の男性を逮捕したんだけど、実は犯人じゃないっぽいです、ごめんなさい」
的なことになったら・・・。

週刊誌、ワイドショー、そして、僕みたいなブロガーが、あちこちで一斉に
してやったり
と、検察のミスを糾弾し、あざ笑うでしょう。



灘中 → 灘高 → 東大法学部 → 司法試験
と来た検察官が、僕みたいに、大学で麻雀・パチンコをやり過ぎて5年も通うハメになった人間に馬鹿にされるなんて、プライドが許すはずがありません。



だからね、我々も共犯だと思う。
主犯格の検察を追い込んだ共犯。

検察だって人間なんだから、ミスをおかすことだってあります。
それをね、鬼の首を取ったかのようにあげつらうんじゃなくて、
そういうこともありますよね
的な態度を取れる人間になりたい。



そしてもう一つ。我々が検察を支えた共犯だと思う理由。

事件当初。
覚えてないけど、きっと、ニュースではこう言ってたんでしょう:
「東電OL殺人事件に関連し、ゴビンダ・マイナリと名乗る、自称ネパール人の男が逮捕されました。」

呼び捨てです。
男性じゃなくて、「男」です。

それを聞いて、
(まだ犯人と決まったわけじゃないのに、ヘンなの・・・)
思わなかった我々は、検察同様、ゴビンダさんを犯人に仕立て上げていないか。

ゴビンダさんの15年の内、10年ぐらいは主犯格の検察のせいだけど、
少なくとも残りの5年ぐらいは、我々一般人の責任だと思いました。
本当にごめんなさい。



ゴビンダさんは、15年間で、3回しか娘さんに会えなかったそうです。
d0237270_0382267.jpg

「出てきたら、抱きしめてあげたい」と語った奥さん。

今頃、日本から遠く離れて、幸せを、、、いや、人生を取り戻しつつあることを願うばかりです。
by dantanno | 2012-06-29 00:38 | 提言・発明 | Comments(0)