たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

パソコンよ、お前は経営者になれない

PCのエラーメッセージ。
みなさんも、日々悩まされていることでしょう。




"OK"じゃないのに、"OK"をクリックせざるを得ないときの、屈辱。。。
d0237270_7424754.jpg
(せめてもの抵抗の証として、"OK"ではなく、右上の×を押します、僕は。。)



頼むから印刷してくれ。
d0237270_844975.jpg




もう少し、愛のある説明を願う。
d0237270_87104.jpg




究極の選択。 
まさに五分五分です。
d0237270_7561781.jpg





極めつけがコレ。
「システム管理者に問い合わせてください。」
d0237270_7531751.jpg

我が家にいるのは、奥さんと僕と、サカナたちだけ。
「システム管理者」って、一体誰のことを言ってるんだろう・・・。
消去法で考えると、、、やっぱオレ?オレに聞け、ってか?





こういうエラーメッセージを突きつけられるたびに思うこと。
それは、

D 「おいPC。お前は、絶対に経営者になれないぞ」


PC 「エラーコード001: 偉大な経営者になってから言ってください」

と、これまたエラーメッセージで逆ギレされそうですが、でも、ほんとにそう思います。



結局、、、
「問題が発生しました」とか、
「(印刷)出来ません」とか、
「誰かに確認してください」とか、
そういう情報に、付加価値は一切無いわけです。

難しいとか、問題があるとか、そんなこたあ分かってるわけです、こちとら。
それを解決するのが付加価値であり、付加価値を生み出すことこそが「経営」だと思うんです。




PCはさておき、、、
世の社長たちは、きっと日々憤慨していることでしょう。

社員 「社長、それは出来ません。」
社員 「社長、それは難しいです。」

社員 「お客さんに「いらない」って言われました」
社員 「*さんが、「それはダメ」と言っています」
社員 「部下が言うことを聞いてくれません」


社長 「・・・・・・・・・・・。」

こういうときの社長って、多分、大の大人が泣きたい気分になるだろうな、と思います。



難しい。簡単には出来ない。

そんなことは、とっくのとうに分かってるわけです。
d0237270_812175.jpg


客が買ってくれない。 そんなの、当たり前田のクラッカー、って話です。
お客さんが、モノを売りにいったそばからバンバン買ってくれたら、営業部なんていらない。

部下が動いてくれない。
 そりゃそうだ。
部下が、最初から「ハイ、了解です!」と、熱意をもって動いてくれるわけがない。

そんなことは分かった上で、それをやろうとしているんじゃないの。。。

いや、「分かってる」どころか、
「だからこそ」やってるんだ、とも言えます。

問題無いところにチャンス無し。
困難じゃなきゃ、やる意味無し。

「分かってくれよ」、と、世の社長たちはさぞお嘆きでしょう。



サラリーマン時代の僕は、まさにこういうダメ社員でした。。。。。
何人かの上司たちとめぐり合いましたが、今からみんなにお詫びを入れたいくらい。
そういえば、ある上司からはよく「分かってくれよ~」とボヤかれてたなあー、ごめんなさい。

仕事にOwnershipを持てず、経営者としての視点など、もちろん持ち合わせず、日々言い訳めいたことを繰り返していました。
ああ、道理で伸びないわけだ。。。。。 今だから分かるなあ。
もったいないけど、そんな自分なんだから、しょうがない。これから取り返せばOK!




世の「社員」のみなさん。「部下」のみなさん。
僕のような遠回りはお薦めしません。

社長/上司に
「出来ません。難しいです。分かりません。ダメと言われました。etc. etc. etc.」
と、付加価値ゼロの報告をする前に、
あと一歩、最後の努力、何かちょっとでもいいから、あなたなりの付加価値を付け加えられないか、考えてみるといいと思います。

それが出来ている人はとても少ない。ということは、、、それが出来れば、
「出来るヤツ・・・」 (ニヤリ)
と、評価がグッと上がること間違いなし、ですよ!
by dantanno | 2011-11-05 08:17 | 提言・発明 | Comments(0)