たんのだんのブログ

irisjapan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

未来のクルマを創ろう(その1) : カーナビはなぜ横長なのか

クルマの「改善の余地」を考えてみようと思います。
第一弾は「カーナビ」。

カーナビの画面は、なぜ横長なのか。



カーナビでの地図の表示方法には、大きく分けて2通りあります。

ヘディングアップ (Heading up。 進行方向が画面の「上」方向に表示される)
d0237270_1093843.jpg


ノースアップ   (North up。 普通の地図と同様、北が上に表示される)
d0237270_1092298.jpg


どちらを選ぶかは、恐らくドライバーの好みの問題かと思います。

みなさんは、紙の地図を見るとき、
1.地図の通り、北を上にして見ますか? (North up)
あるいは、
2.自分が行きたい方向に合わせ、地図をクルクル回転させますか? (Heading up)

僕は、方角が分かりやすいノースアップが好きですが、多くの人はヘディングアップが好きなようです。
タクシーの運転手さん(=プロ)は、99%ヘディングアップを選択しています。
(今度、タクシーに乗ったときに見てみてください)

さて、、、
クルマを運転する際に利用するカーナビについて、ヘディングアップが好きな人が多いのであれば、カーナビの画面は横長ではなく、縦長であるべきではないか、と思うんです。

なぜかというと、
ヘディングアップ = 「これから進む方向」が、画面の上側に表示されます。
d0237270_1093843.jpg

ドライバーは、自分がこれから進む方向に関する情報を求めているのに、
ご覧の通り、画面の大部分が、「上」ではなく「左右」の情報を表示するために割かれているのです。
「これから進む方向」ではなく、「これから進まない方向」に関する情報が豊富なんです。


それにもかかわらず、なぜ横長なのか。
その方が、ダッシュボードへの収まりがいいから?
TVを見る人がいるから?
よく分かりません。
もし深い意味はないのであれば、今からでも縦長の新製品を出したら、案外売れるかも。。。


理想は、スマホみたいに、画面をクルクル回転できるようにすることなんでしょうね。
あるいは、野球のグラウンドみたいに、扇形?な感じ。これがベストなのかなあ、ヘディングアップの人にとっては。 (自車位置をホームベースのところに表示し、これから進む方向を扇形に広く表示)
d0237270_10192637.jpg


それだとコストがかかるのであれば、せめて横長→縦長に変えると、みんな喜ぶと思います。



と思っていたら、なんと、同じようなことを気にしている方々がいらっしゃいました!
(「カーナビ 横長 画面」で検索すると、いくつかブログがヒットします。)

実にうれしい限りです。


<続く>

by dantanno | 2011-10-06 07:30 | 提言・発明 | Comments(0)